お酒の種類6つ・初心者におすすめのお酒4選

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2021年02月05日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

世界中で飲まれているお酒には、たくさんの種類があります。この記事ではたくさんの種類の中から有名なお酒の種類を6つ紹介します。また、あまりお酒を飲んだことが無いというお酒初心者の方向けに飲みやすいおすすめのお酒も紹介します。ぜひ参考にして下さい。

お酒の種類6つ・初心者におすすめのお酒4選

お酒にはたくさんの種類がある

「お酒」と言っても多くの種類と楽しみ方があります。

宴会などの席ではビールなどがでてくることもありますが、それだけがお酒の種類ではありません。アルコール度数の高いものから低いものまで、魅力的なお酒は他にもあります。

お酒の種類6つ

ここからは代表的なお酒の種類を6つご紹介します。

ビールや日本酒はもちろん、ワインや蒸留酒から果実酒にリキュールまで、代表的な銘柄や有名な産地を挙げて説明しています。

種類1:ビール

近年では消費量の低下がしばしば話題になりますが、ビールの人気はまだまだ根強いものがあります。

日本では酒税法によりビールの定義は厳密に定められていますが、この項目では一般的に「ビール」とイメージされている3種類のお酒について紹介します。

生ビール

日本においては、製造工程で熱処理を施されていないビールが生ビールと呼ばれています。

代表的な銘柄として、アサヒの「スーパードライ」、キリンの「一番搾り」などが挙げられます。

発泡酒

発泡酒は1990年代の中盤から登場したお酒です。ビールと比べて麦芽の使用比率が少なめで、味が薄いという方やライトな味わいで飲みやすいと言う方など、好みがわかれています。

代表的な銘柄として、キリンの「端麗グリーンラベル」、アサヒの「スタイルフリー」などが挙げられます。

雑種

「第三のビール」とも呼ばれているお酒で、ビールや発泡酒よりも低価格で販売されています。

代表的な銘柄として、サントリーの「金麦」やキリンの「のどごし<生>」などが挙げられます。

種類2:日本酒

日本酒はお米を原料にした日本古来のお酒です。日本酒というとなかなか手が伸びないという人もいますが、最近では女性でも飲みやすい軽い飲み口のもの、フルーティな味わいのものなど種類も豊富になっていまおり、飲みやすい日本酒が多く造られています。

純米

純米酒は、白米、米こうじ、水の3つだけを原料として作られたお酒です。他の日本酒に比べて、濃い味わいに特徴があります。

新潟県の越後桜酒造や福島県の大七酒造の純米酒が有名です。

吟醸

吟醸酒は、「吟醸造り」によって作られたお酒です。「吟醸造り」によって作られたお酒は、吟醸香という独特なフルーティーな香りに特徴があります。

亀の井酒造の「ばくれん」や、八海山が有名です。

種類3:ワイン

ワインは日本でも人気があります。毎年11月の第3木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーボーは、すっかり季節の風物詩になりました。

お肉にあうポリフェノールたっぷりの赤ワインに、シーフードにあうさっぱりとして飲みやすい白ワイン、淡いバラ色のロゼなど、世界中で製造されているだけあって種類も豊富です。

白ワイン

白ワインは、主に白ブドウを原料とした薄い黄色が特徴的なワインです。魚介類に美味しさを引き立てるさっぱりした飲み口です。

フランスのブルゴーニュ地方で作られた白ワインが世界的に有名です。

赤ワイン

赤ワインは、赤ブドウなど色の濃いブドウを原料とした、赤色のワインです。白ワインと比べて濃渋みが強い分、赤身肉やチーズによく合います。

フランスのボルドー地方で作られた赤ワインは、ワインの女王とも呼ばれています。

ロゼワイン

ロゼワインは、赤ワインと白ワインをかけあわせたような淡い色合いが特徴的なワインです。「ロゼ」は「ピンク」という意味を持つ仏語です。

フランスのプロバンス地方は、ロゼワインの一大産地として有名です。

スパークリングワイン

スパークリングワインは泡の出るワインの総称で、発泡性ワインとも呼ばれています。

日本ではシャンパンと混同されがちですが、この2つは同じではありません。スパークリンクワインの内、一定の製法を守ってフランスのシャンパーニュ地方で製造されたスパークリングワインだけが、シャンパンと名乗ることを許されています。

種類4:蒸留酒

蒸留酒は醸造酒を一定の温度に温め、アルコールを抽出したお酒です。一般的にアルコール度数が高くなりますが、アルコールが複雑でないため適度な量であれば悪酔いしにくい種類のお酒でもありまし、単体で飲むだけでなくカクテルのベースとしても用いられ、さまざまな楽しみ方ができます。

ウイスキー

ウイスキーは、蒸留酒の一つで、大麦、ライ麦、トウモロコシなどを麦芽の酵素で糖化し、これを発酵させ蒸留したものです。

いくつかの種類のあるウィスキーですが、世界の五大ウィスキーにも数えられる「ジャパニーズウィスキー」のうち、日本でウィスキーを広めたサントリーウイスキー「トリス《CLASSIC》」は、やさしく甘い香りと、丸みのあるなめらかな味わいが特徴です。

ジン

四大スピリッツ(蒸留酒)の一つの「ジン」は、薬用酒としてオランダで生まれ、その味から一般にも飲まれるようになっていったそうです。

蒸留酒をジュニパーベリーをはじめとした香草と一緒に再度蒸留することによって作られる蒸留酒で、たくさんの種類の香草を用いているため香りのクセが強く、好みがはっきり分かれるお酒でもあります。

ウォッカ

ウォッカも四大スピリッツの一つで、ロシア人のウォッカ好きは有名です。

どこまでもクセの少ないすきりとした味わいが特徴で、カクテルの材料としても好んで使用されます。特に柑橘系との相性が抜群です。

種類5:果実酒

果実酒とは、果実を原料としたワイン(ぶどう)やシードル(りんご)のことと法律で定められていますが、そのほかにも果実を中性スピリッツのようなお酒に浸して作った混成酒も果実酒と呼ばれます。

特に、後者の果実酒は果物の数だけ種類があるとも言えるので、お酒の飲みなれない人や、辛口のお酒、お酒の苦さが苦手な人にもお勧めです。

梅酒

梅酒は、青梅を蒸留酒に漬け込むことで作られる果実酒の一種です。

日本では昔から好んで飲まれているので馴染みの深いお酒ではないでしょうか。梅が収穫される各地方や家庭でも作られており、漬けこむ際につかう砂糖に黒糖を用いたもの、はちみつを用いたもの、梅も青梅でなく完熟したものを使用して作られるものと多くの種類があります。

みかん酒

オレンジ風味のお酒というとキュラソーが有名ですが、温州みかんを使用したお酒もあります。

果肉の食感を楽しめるように作られたお酒が多く、まるでデザートのようにいただけます。はちみつを加えたお湯割りもポピュラーです。

種類6:リキュール

リキュールは、蒸留酒に香味成分や甘みを加えて味付けをしたお酒です。

香りの華やかさや味の多様さから、カクテルの原材料として好んで使われます。ここではリキュールの中でも特に有名な「カシスリキュール」と「カルーアリキュール」を紹介します。

カシスリキュール

カシスリキュールは、カシスを原材料としたリキュールです。

甘さは控えめですが、カシスのとてもフルーティーな香りが楽しめる人気のリキュールです。カシスリキュールを使った、カシスオレンジやカシスソーダなどのカクテルも人気があります。

カルーアリキュール

カルーアリキュールは、主原料にコーヒー豆を使用したコーヒーリキュールの一つです。カルーアリキュールを使ったカクテルと言えば、やはりカルーアミルクが有名です。コーヒー豆が原料だけにミルクとの相性も良く、ついつい飲み過ぎてしまうカクテルの代表格でもありますので、飲みすぎには注意しましょう。

お酒とソフトドリンクを混ぜて作るもの

ここからは、様々なお酒とソフトドリンクをミックスして作られたアルコール飲料を紹介します。

一般的にはサワーや酎ハイ、カクテルと呼ばれて親しまれています。「若者のビール離れ」の傾向と合わせて、若い世代からの人気の高いお酒でもあります。

カクテルとは

カクテルは、お酒とソフトドリンクを混ぜたアルコール飲料の代表格です。

ラムをライムジュースで割った「ダイキリ」、ウォッカをグレープフルーツ時ユースで割った「ソルティ・ドッグ」、ウォッカをオレンジジュースで割った「スクリュードライバー」などが有名です。

サワーとは

サワーの定義は人によって様々ですが、カクテルの1種と解釈できます。

特に日本では、カクテルの中でもソーダなどの炭酸飲料を加えたものがサワーと呼ばれています。もっともチェーン店の居酒屋などでは「サワー」も「酎ハイ」も区別せずに使われることが多々あります。

初心者におすすめの飲みやすいお酒4選

ここからは初心者でも飲みやすいお酒を4つピックアップして紹介します。

お酒の強さには個人差がありますので、特に初心者の方はアルコール度数の低めのものからチャレンジしていくとよいでしょう。

おすすめ1:「リンデマン フランボワーズビール」

「あまりビールにはいいイメージがない」という方には、リンデマンスのフランボワーズをおすすめします。

ラズベリーを意味する仏語の「フランボワーズ」を名前に冠した、ベリー系の果汁感がたっぷり楽しめるビールです。特にワインが好きな方におすすめできます。

アルコール度数も2.5%と低く、初心者の方でも安心して飲むことができます。

おすすめ2:「サントリー こくしぼり 豊潤もも」

こちらの商品は、桃果汁を惜しみなく28%も使ったとても飲みやすいお酒です。

アルコール度数も4%に抑えられており、お酒の味わいと果汁の贅沢感の両方を楽しめる初心者におすすめのお酒です。

安い缶チューハイにありがちなアルコール感がありません。
香りだけでなく、モモネクターの様な果汁感たっぷりの桃が質のいいリキュールで割られとても美味しかったです。
またリピートしたいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1FBHN62VMEH... |

おすすめ3:「キリン ハートランド」

本格的なビールを飲んでみたいという方には、キリンのハートランドをおすすめします。1986年から販売されているロングセラー商品ですが、現在では缶で流通していないことから初心者の方には驚くほど知名度の低いビールです。

すっきりとまろやかさを両立させた、ビール初心者にこそ味わってほしいビールです。

結婚式に出席したときに、父がおいしいと絶賛していたので、購入させていただきました。
価格は少々高いなと感じますが、330ミリリットルはサイズとしては丁度いいです。
父が友人にもおすそ分けしていました。
また購入したいと思います!

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1PY4S5FVQJO... |

おすすめ4:「雲海酒造 木挽BLUE」

雲海酒造の木挽BLUEは、かつて宮崎県限定販売でしたが2017年から全国展開されています。

宮崎のどこまでも青い空と海を想起させる、爽やかで優しい味わいが特徴です。初心者の方には水割りがおすすめです。

宮崎に出張で行ったときこの焼酎を知りました。
関東圏では酒屋では売っておらず、どうにか手に入れられないかと探していたところ、こちらのお店で見つけ、早速注文しました。
一度これを飲んでしまうと、他の焼酎は飲む気になれません。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2K35QFLPJJZ... |

お酒は無理のない飲み方を

この記事では色々な種類のお酒を紹介してきました。

お酒を楽しむ最高の秘訣は、お酒に飲まれないことです。お酒を楽しむことと、アルコールに強いこととはまったく別のことです。決して無理をせず、自分のペースでお酒と付き合っていきましょう。

お酒の種類をもっと知ろう!

RELATED
初心者でもできる簡単なマフラーの編み方・編み方の種類
学校生活
2021年02月05日

初心者でもできる簡単なマフラーの編み方・編み方の種類

初心者へのハーモニカおすすめ10選|選び方・吹き方
学校生活
2021年02月05日

初心者へのハーモニカおすすめ10選|選び方・吹き方

初心者向けのソリティアのコツ・麻雀/ピラミッドなどのコツ
子育て
2021年03月29日

初心者向けのソリティアのコツ・麻雀/ピラミッドなどのコツ

チェス勝つためのコツ|初心者・場面別・将棋
子育て
2021年03月29日

チェス勝つためのコツ|初心者・場面別・将棋