【学年別】小学生の体育の内容16選|体育が苦手な子への保護者の対応4選を紹介

初回公開日:2021年02月05日

更新日:2021年01月05日

記載されている内容は2021年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は小学生の体育の内容について、学年別に解説していきます。低学年、中学年、高学年と分けて体育の授業にはどんな特色や特徴があるのか、何を目的としているのかについてまとめてみました。また、体育が苦手な子どもへの保護者ができる対応についても触れていきます。

【学年別】小学生の体育の内容16選|体育が苦手な子への保護者の対応4選を紹介

今の小学生の体育について

時代の移り変わりとともに、小学生で習う体育の授業の内容は変化していると言われています。そのため、自分が習っていた体育の授業とは違う内容を、子どもが習っているというケースも珍しくありません。

子どもの成長を見守り、時には支えてあげるためにも、今の小学生の体育の授業について知っておいて損はないでしょう。

小学生の体育の授業時数とは

令和2年度の時点で、1単位の時間は45分であり、小学生の体育の授業時数は小学4年生までは102~105単位、小学5年生からは90単位が設けられています。

過去の授業時数と比較すると、ゆとり教育の一環として週5日制に変更された1998年から2002年までの間では、全学年体育の授業は90単位と統一されており、現在と比較すると小学5年生、6年生以外の体育の授業時数は増えていることがわかります。

【学年別】小学生の体育の内容16選

子どもの成長を見守り、サポートしていくためにも小学生の体育の内容を把握しておいて損はありません。

どのような授業をしているのか、学年別に分けて内容を解説していきます。

低学年の体育とは

小学生低学年で行う授業の目的は、楽しく運動を行い、基礎的な動きを身に付けて体力を養うことです。

また授業を通して協調性を育み、健康や安全面も留意していけるような意識を育てることも目的としています。

低学年の体育内容1:体つくり運動

小学生低学年の体育では、体のバランスを取ったり、体をほぐしたりすることを目的とした「体つくり運動」を指導しています。

学校によって授業内容は変わるものの、身体の使い方を覚えられる「体じゃんけん」やペアを組んでバランス感覚を養う「ケンケン相撲」などは、小さい体でまだ運動に慣れていない低学年の児童でも、楽しんで授業に取り組めるでしょう。

低学年の体育内容2:器械・器具を使っての運動遊び

ボールやフラフープ、縄跳びなどを使った運動遊びも、小学校体育の低学年時にはよく行われています。

小学生低学年の間では本格的に機械や器具を使って授業をするというより、ボールの投げ方やフラフープの使い方、簡単な縄跳びの方法などを楽しく学ぶことを主としているようです。

他にもバランス感覚を養うために竹馬や一輪車を使って授業をする学校もあり、器械や器具を通して体力や筋力の基礎を育んでいるのでしょう。

低学年の体育内容3:走・跳の運動遊び

楽しく運動をするために、低学年の体育では遊びを感じさせる内容で走ったり、跳んだりする授業をすることも多くあります。

たとえば障害物競走のように、さまざまな条件をつけたコースを走ったり、歩いたり、ジャンプしたりしてゴールを目指すような内容で授業をする学校もあります。また、うさぎ跳びなど、動物を真似した動きで運動を楽しむ授業もあります。

低学年の体育内容4:水遊び

小学生低学年ではプールを使って水遊びをし、基礎体力や運動の楽しさを育む授業もしています。特に水に恐怖心を抱く子どもも少なくないため、低学年時では安全に水を楽しむ方法を意識した授業に取り組んでいる学校が多いようです。

子どもの能力に応じて、まずは顎だけ水につけてみて徐々に顔全体がつけられるように慣れさせていき、中学年・高学年時には潜れるように練習します。

また、楽しく水遊びができるように動物のマネをした授業を行うことも珍しくありません。カニの動きをしたり、ワニの泳ぎ方をマネしたりして、水に潜る、歩く、泳ぐことに慣れさせていくのです。

低学年の体育内容5:表現リズム遊び

自分の興味や関心があるものを取り入れて運動を楽しめる、表現リズム遊びも小学生低学年の体育の授業で取り入れられています。

たとえば小学生低学年のうちは動物や昆虫に興味を持つことが多いため、動物や昆虫のマネをする表現遊びは運動が苦手な子どもでも取り組みやすい授業のひとつでしょう。

動きをマネする中で表現力やさまざまな体の動かし方を学んだり、体をほぐしたりして、運動の楽しさを学んでいきます。

また、リズムに合わせてダンスを楽しむリズム遊びも、運動を楽しいと思える授業のひとつです。友達のダンスをマネしてみたり、皆の前で発表をして自分や友達のダンスの良いところを見つけたりすることも取り入れられています。

中学年の体育とは

小学生中学年の体育では、低学年よりも本格的な運動の動きや技能を身に付け、体力を養うことを目的としています。

自ら健康や安全について考える力をつけ、最後まで運動をやり遂げるという強い意思を育めるような授業内容が主となっているようです。

中学年の体育内容1:体つくり運動

体つくり運動では、運動の楽しさだけでなく体の基本的な動きと向き合っていけるような授業内容を主としています。自分の体力や体調と向き合い、安全性やルールを考慮した上で運動を楽しめるように工夫することも目的のひとつです。

特に中学年からの体つくり運動は、ペアだけでなく大人数で運動することが増えるのが特徴でしょう。グループやクラスのみんなでバランス感覚を競うゲームをしたり、コミュニケーションを取りながらストレッチをしたりして、体の基礎を築いていきます。

中学年の体育内容2:器械運動

低学年の時に育んだ基礎体力や筋力をもとに、マットなどを使って前転や後転などを、小学生中学年では学んでいきます。

中学年では体育を楽しもうという意識の他に、工夫をしたり安全面を考慮したりすることも目標とされているため、マット運動を通して自分の運動のしやすさを学ぶことになるでしょう。

また、中学年からは、鉄棒や跳び箱を使った運動も本格的に取り入れられます。マット運動同様に鉄棒や跳び箱は個人の目標が芽生えやすいため、運動を最後まで楽しむという意識が育まれやすいと言えるでしょう。

中学年の体育内容3:走・跳の運動

小学生中学年では、仲間と一緒にかけっこをしたり、跳んだりする中で運動の基礎となる動きを身に付けることが目標となっています。

仲間と一緒に走ることの代表的な運動と言えばリレーでしょう。できるだけ早く走れるように試行錯誤したり、仲間との連携を意識したり、競争をすることの楽しさを知ったりして、より運動を楽しむという意識を芽生えさせられます。

また、高跳びや幅跳び、ハードル走などで基本的な動きを身に付け、グループ練習をしたり、競争したりする授業も多いでしょう。特に跳の運動はジャンプ力だけでなく、助走や跳ぶタイミングなどを自ら考える必要が出てくるため、頭を使った運動を楽しめます。

中学年の体育内容4:浮く・泳ぐ運動

小学生中学年のプールの授業では、浮く・泳ぐ感覚をより身に付けることを目標としています。低学年と比べると遊ぶことよりも、水中での動き方を学ぶことを主としており、高学年になった時に泳げるよう基礎を作り上げていくのです。

さまざまな浮き方を試してどの浮き方が浮きやすいのかを考えたり、補助具を使用して泳ぎや息継ぎの練習をしたりして、泳ぐために必要な感覚を養います。

また、中学年からは児童の能力に分かれてグループで学習する学校も多く、無理なく自分のできる範囲で泳ぎを練習できるため、水に慣れていない、泳げないという児童でも取り組みやすいでしょう。

中学年の体育内容5:表現運動

低学年のリズム遊びをもとに、小学生中学年では本格的な表現運動が取り組まれるようになります。速さなどが異なる音楽に身を任せて踊ってみたり、ペアを組んでダンスを楽しんだりして、より深く表現やダンスの楽しさを学ぶのです。

また、自らがダンスの始まりから終わりを考え、みんなの前で発表するという授業も中学年から取り組まれることが多いでしょう。心を落ち着かせ、日常の中でアイディアを拾うことで想像力を高め、ダンスに活かします。

高学年の体育とは

小学生高学年の体育では、体力を向上し、運動を通して体の調子を整え、仲間との交流を楽しむことを狙いとしています。

小学生低学年・中学年と比べると、より複雑な動きや運動が求められるほか、仲間内で本格的に競うようなゲームなども体育の授業で取り入られることが増えていくでしょう。

仲間内で運動をする中でコミュニケーション能力の育成だけでなく、物事の筋書きを考えたり、改善したりする思考能力も育まれていきます。

高学年の体育内容1:体つくり運動

小学生高学年の体つくり運動では、自分の動きだけでなく、仲間の動きを意識して動くことが必要となります。仲間とともにリズムに合わせて体を動かしたり、用具を使ってバランスやタイミングを掴んだりして、運動の中で協調性を育みます。

また、基礎体力向上を目的としているため、「つかまえたら逃げる」、「つかまったら追いかける」のエンドレス鬼ごっこやサッカー、バスケットボールなどをすることも増えていきます。

基本的に誰かとコミュニケーションを取りながら体力向上や運動能力を高めあっていくため、楽しんで体育の授業に取り組めるでしょう。

高学年の体育内容2:器械運動

小学生高学年の器械運動では、中学年よりもダイナミックなマット運動を学んでいくでしょう。

大きな動きを意識した前転や、着地したタイミングで足を広げる開脚後転、またバランス感覚や筋力なども求められる側方倒立回転など、中学年で学んだマット運動の応用になります。

動きが複雑化したのもあり、教科書のイラストや動画などを見て自ら研究したり、仲間の動きを参考にしてみたりすることも授業で取り入れられるでしょう。個人競技の中でも他者とのコミュニケーションを図る意識を育みます。

高学年の体育内容3:陸上運動

陸上競技では主に短距離走、リレー、ハードル走、走り幅跳びなどを学び、持久力と速さを測るための身体テストではシャトルランも行うようになります。

決められたルールの中で仲間と共に試行錯誤をしながら勝利を目指し、自身の記録をさらに更新できるように研究して、陸上競技を楽しんでいくことになるでしょう。

また、低学年・中学年の時に学んだ跳ぶ運動を活かして、ハードル走や走り幅跳びにも挑戦します。どちらも走る速度や跳ぶタイミングを考えることや、自身の運動能力を考慮した上で楽しむ必要があるため、体だけでなく頭を使うことも増えるしょう。

高学年の体育内容4:水泳

小学生高学年の水泳授業では、本格的な泳ぎを学びます。クロールや平泳ぎなどのフォームを学ぶことや、泳ぐ距離や速さの記録更新を狙うことで水泳の授業を楽しめるでしょう。

クロールは速く泳げる反面、息継ぎが苦しいという短所があります。それを克服するために、壁や補助具を使ってクロールの呼吸法を習得し、できるだけ速く泳げるように手のかく力やバタ足の力を身に付けることが授業の基本です。

平泳ぎは両足両手を同時に動かす泳ぎなので、水中での動き方や感覚を養えるようになります。クロールと比べて息継ぎが楽なため、楽しく泳げるのが特徴であり、手のかき方やキックの姿勢などを工夫して速さなどを調整できるのも平泳ぎの魅力でしょう。

高学年の体育内容5:ボール運動

小学生高学年のボール運動では、チーム戦を意識した授業が多いでしょう。サッカーやソフトボール、ソフトバレーボールなど、多くの仲間と楽しめるボール運動を主として、ボールの扱い方や連携の仕方、ボールを持たない時の動き方について学びます。

また、運動が苦手な仲間に対しての教え方を学ぶ機会が訪れやすいのもボール運動の魅力でしょう。走り方やボールの使い方などを仲間内で教え合うことでコミュニケーション能力も向上し、より体育の授業を楽しいと思えるようになります。

高学年の体育内容6:表現運動

表現運動では、実在しているダンスを練習し、発表することが増えます。たとえばソーラン節やマイムマイムなどは、運動会の種目や修学旅行のレクリエーションなどでも踊られることが多く、親世代でも知っている、踊ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

また、高学年では題材を決めてそれに合う表現をする授業もあります。低学年や中学年と比べると、より具体的な題材が出されるため、繊細な表現やダイナミックな表現が求められることになるでしょう。

体育が苦手な子への保護者の対応4選

運動が苦手な子どもにとって、体育の授業はあまり気が進まないものです。場合によっては、体育の授業が原因で学校に行きたくないという気持ちになってしまうでしょう。

そんな時に心がけていきたい、体育が苦手な子への保護者の対応について解説していきます。

体育が苦手な子への保護者の対応1:褒めてあげる

苦手意識を持っていることを褒められたら、大人でも嬉しい気持ちになり、自信が湧き出ているものでしょう。当然子どもにも同じことが言えるため、子どもの運動能力や頑張りについてたくさん褒めてあげることがおすすめです。

褒められれば子どもも頑張ろうという気持ちになりやすいため、たとえ運動能力が低くとも、長所を褒めて自信をつけさせましょう。

体育が苦手な子への保護者の対応2:認めてあげる

子どもは自分が周りの仲間と比べて能力が低いと、劣等感を覚え、体育に対して苦手意識を持つようになります。しかし、人の能力には個人差があり、得意不得意があるため、体育が苦手だからといって悪いとは言い切れません。

劣等感や能力の低さに落ち込んでいる子どもには、そのままでいいのだと言い聞かせてあげましょう。

保護者から認められれば子どももありのままの自分に自信が持てるようになります。

体育が苦手な子への保護者の対応3:励ましてあげる

上手く運動できず、子どもが落ち込んでしまうことがありますが、そんな時は親身になって励ましてあげましょう。人は落ち込み、その上で前を向くことで心身ともに成長し、自ら改善方法を考えられるようになるため、その手助けをしてあげてください。

特に高学年に差し掛かるとチーム戦が増えるため、自身の不甲斐なさに落ち込む機会は増えるでしょう。子どもが体育で仲間と競技に取り組んでいる様子が見られる場合は、いち早く子どもの変化に気付けるように様子を見ておくのがおすすめです。

体育が苦手な子への保護者の対応4:決して怒らない

上手く運動できなくても子どものことは決して怒ってはいけません。子どもも出来ることならば上手くやりたいことでしょう。それに対し大人が怒れば、子どもの自己肯定感が低下し、より体育への苦手意識を増幅させてしまいます。

できるだけ苦手意識を持たれないためにも、子どもが体育に対して後ろめたさを感じるような振る舞いは避けるようにしましょう。

小学生が体育を楽しいと思えるようにサポートしてあげましょう

小学生が体育を楽しいと思えるようにサポートするのは、学校だけでなく親の役割でもあります。子どもがもっと運動を楽しみたいと願うのならば、できる範囲で運動しやすいジャージやシューズ、肌着などを用意して、裏方からサポートしてあげるのも良いでしょう。

また、体育の授業の意味をきちんと理解することも、保護者として大切です。ただ運動能力を伸ばすためではなく、運動自体を楽しむこと、集団行動の中で協力すること、課題や問題に取り組むこと、そういった能力や意識を培うことを忘れないようにしましょう。

保護者が子どものサポートに回れば、子どもも伸び伸びと運動を楽しむことができます。

RELATED
家庭学習におすすめの安い教材総合3選!費用を更に節約する方法とは
学校生活
2021年01月08日

家庭学習におすすめの安い教材総合3選!費用を更に節約する方法とは

考える力を構成する2つの思考とは?子どもの考える力を養うための基本5つも紹介
学校生活
2021年01月05日

考える力を構成する2つの思考とは?子どもの考える力を養うための基本5つも紹介

小学生の子どもと作るロボット工作総合11選|手作りやキットで楽しもう
学校生活
2020年12月30日

小学生の子どもと作るロボット工作総合11選|手作りやキットで楽しもう

高校受験に失敗した子供の進路3パターン|保護者がとるべき対応とは
学校生活
2021年01月30日

高校受験に失敗した子供の進路3パターン|保護者がとるべき対応とは

STEAM教育とは何? STEAM教育関連のスクール4つと教材を紹介
学校生活
2021年02月02日

STEAM教育とは何? STEAM教育関連のスクール4つと教材を紹介

センター試験の服装は?制服で受けるべきとき4つ|私服の場合の注意点
学校生活
2021年02月04日

センター試験の服装は?制服で受けるべきとき4つ|私服の場合の注意点

ジュニアプログラミング検定ってどんな資格?受験する5つのメリット
学校生活
2021年02月01日

ジュニアプログラミング検定ってどんな資格?受験する5つのメリット

中学生英語の勉強法を分野別に紹介|単語の5つの勉強法も解説!
学校生活
2021年02月02日

中学生英語の勉強法を分野別に紹介|単語の5つの勉強法も解説!

英単語を覚えたい中学生に適した覚え方|要領の悪い英単語の覚え方4つ
学校生活
2021年02月01日

英単語を覚えたい中学生に適した覚え方|要領の悪い英単語の覚え方4つ

大学受験への独学方法5つを解説!|独学で勉強するメリットとは
学校生活
2021年02月04日

大学受験への独学方法5つを解説!|独学で勉強するメリットとは

数学的な考え方とは?数学的な考え方を形成する要素8つと具体例を解説
学校生活
2021年01月30日

数学的な考え方とは?数学的な考え方を形成する要素8つと具体例を解説

高校受験で子供を浪人にしないようにする方法6選|浪人するデメリット
学校生活
2021年02月02日

高校受験で子供を浪人にしないようにする方法6選|浪人するデメリット

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い
学校生活
2021年02月02日

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い

二重跳びを跳べるようになりたい!二重跳びができるようになるおすすめの7つの練習方法
学校生活
2021年02月01日

二重跳びを跳べるようになりたい!二重跳びができるようになるおすすめの7つの練習方法

子供がプログラミング的思考を養うメリット6選|育成するポイントとは?
学校生活
2021年01月28日

子供がプログラミング的思考を養うメリット6選|育成するポイントとは?

反転授業のメリット7つ|デメリットや導入事例もあわせて紹介!
学校生活
2021年02月01日

反転授業のメリット7つ|デメリットや導入事例もあわせて紹介!

塾と家庭教師はどっちを選ぶ?それぞれに向いている子どもの特徴3つも解説
学校生活
2021年02月01日

塾と家庭教師はどっちを選ぶ?それぞれに向いている子どもの特徴3つも解説

オルタナティブ教育とは?オルタナティブ教育の特徴5つとメリットを紹介
学校生活
2021年02月01日

オルタナティブ教育とは?オルタナティブ教育の特徴5つとメリットを紹介

共働きで中学受験を乗り切る方法10選|共働きで中学受験に挑むメリット4つ
学校生活
2021年02月01日

共働きで中学受験を乗り切る方法10選|共働きで中学受験に挑むメリット4つ

中学生におすすめのタブレット学習教材8選!タブレットで学習させる効果
学校生活
2021年01月05日

中学生におすすめのタブレット学習教材8選!タブレットで学習させる効果