子育て世代の上手な節約術12選|子育て世代が節約に利用したい制度5つ

初回公開日:2021年02月05日

更新日:2021年02月02日

記載されている内容は2021年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

子育てをしていて毎月お金が貯まらないなんてことはありませんか。節約の仕方がわからず節約しても疲れてしまうだけで、節約生活は長続きしません。数多ある節約術の中から自分に無理のないものを少しずつ実践していき、今よりお金も気持ちも余裕のある生活をしていきしょう。

子育て世代の上手な節約術12選|子育て世代が節約に利用したい制度5つ

子育て世代の節約とは

今、子育てに毎月どのくらいの費用がかかっていますか。小さいお子様をお持ちの方やもう高校に入った方もそれぞれに子育ての費用がかかっています。中には生活や貯金のためにと少しでも節約を考えている方もいます。

しかし、無理な節約だと「節約疲れたな」ということになり、逆にお金を使ってしまうことがあるため注意が必要です。今回は子育てにかかる節約術をいくつか紹介していきます。

子育てにかかる費用

子育てにかかる費用というとまず教育費が出てきますが、それ以外にも衣料品やおむつなどの生活用品、食費、子どもが大きくなってきたら携帯代などが含まれます。

出産のときに仕事を休んだり退職したりする方もいますが、その時保護者にとっては乳幼児のおむつやミルクも大きな出費に感じることがあります。さらに子どもにかかる費用は「家が建つくらい」とも言われたりもしますが、これをどう節約していけばいいのでしょう。

子育て世代の上手な節約術12選

家事に子育てに仕事もあるから節約ができないと思っている方も、実はちょっとしたことで節約はできるものなのです。普段の生活から少しだけ節約をしてみたらどうでしょう。

子育てをしている方々に使えるものを紹介していきます。

1:固定費・光熱費を見直す

まずは家賃や水道・光熱費など毎月当たり前にかかっている固定費用を見直す必要があります。これを見直すだけでも毎月かかっていた費用がおさえられる可能性があります。

一般的に住居費は給料の3分の1くらいと言われているため、家賃がかかっている方は自分達に合った住居への引っ越しも考えられます。また、10年以上同じ家電を使い続けている家庭は消費電力が多くかかっているため、買い替えると電気代を減らせるでしょう。

簡単にできるものとしては携帯のプランを変更したり格安SIMに変えたりすることがあります。携帯でいつも動画を見ていたり、頻繁に電話する方でなければ格安SIMにしてみると一気に携帯代が下がることがあります。

しかし格安SIMは、ネット申し込みなどができる等のメリットがある反面で、何かあった時相談ができる店舗が少なかったりするので、不安な方はプラン変更が楽でしょう。

2:イベントグッズ・消耗品は100均ショップを活用

普段使っているもので「100均にあったんだ」というものがあります。

子どもの誕生日やクリスマスなどイベントの飾りは結構100均に売っていることがあります。また、普段使っているキッチンの水切りネットやビニール袋は他よりも安くて枚数が多いことがあり、お得に購入できます。

3:おもちゃは家にあるもの・100均グッズで工夫する

小さいお子様がいるご家庭はまだ子どもが何のおもちゃをほしいかわからないため、買ってしまうことありませんか。子どもは家にあるもので「自分で考えて遊ぶ」ことができます。また、子どもは常に何かを触ったりして感触や持ち方、そして遊び方も考えています。

それでも少し大きくなってくるとおもちゃが欲しくなってくる年齢になってきます。その時は100均に一度行ってみてください。100均では、おままごとセットやお風呂でできるパズル、可愛いスポンジなど様々なものが販売されています。

4:コンビニには行かない

用事のない時には極力、コンビニには寄らないようにしましょう。コンビニは商品の価格が高く設定されています。また、店内を回って買ってもらいやすいようにも工夫されています。

もちろん急いでいるときやATMを使うときなどコンビニを使うときはあります。コンビニで買い物しないことが大切ではなく、必要な時にコンビニを利用していくことが大切です。

5:使用期間が短いものはレンタルサービスを利用

ベビーベッドやベビーカー、チャイルドシートのように大きなものは、子どもが大きくなってくると場所をとったりして邪魔になることがあります。また、買ったのに赤ちゃんが使わなかったという声もあり、買ってももったいなかったと後で気づくものもあります。

このようなものにはレンタルサービスを利用してみると自分の子どもが使うものもわかり、レンタルの為、今後置き場所にも困りません。

6:節約は無理をしないのが鉄則

節約生活と意識しすぎるとかえって自分を苦しめることになります。自分は節約しているけど家族は全然してくれないと思う可能性もあります。重要なのは無理な節約はしないことです。

無理に安売りの食材でレシピを考えるより、食材ロスのない買い方にするなど自分の気持ちにゆとりをもっていくことが節約につながります。

7:習い事は上限額を決める

習い事は子どもがやりたいことなどを厳選して、習い事の費用の上限額を決めましょう。子どもの可能性を広げたいため、あるいは周りがしているからと同じような習い事をさせている人もいるでしょう。

しかし、子ども本人にやる気や興味がなければ意味がありません。また、習い事が多すぎると子どもの自由な時間も減ってしまいます。親と子ども両方のためと考えて、一度見直してみましょう。

8:毎日買い物に行かない

毎日買い物に行くと「今日はこれが安かった」「これが食べたい」が多くなります。本当に欲しいものはその日でなくても欲しいと思うでしょう。週2で買い物に行ったとすると「安かったから買う」が2回になりますが、週4で行くと2倍の4回になってしまいます。

また、お腹が空いているとお菓子やデザートなど欲しくなります。チョコを「たまにはこれ食べたいな」と買って、次回の買い物ではプリンを、とやっていると常に「たまには」になってしまいます。

そのため、買い物は行く回数や曜日などを決めておくと無駄買いを防止できます。

9:洋服はフリマアプリを利用

洋服が欲しい時はフリマアプリを一度見てください。洋服はブランドに関わらずフリマアプリで安く売られていることがあり、ほとんど着てないものなども販売されています。

子育て中の母親は「自分より子どものものが優先」になってしまうことがありますが、たまにはおしゃれな服も買いたくなります。そんなときは少しでも安く好きな服を買って自分の楽しみも作るようにすることも大切です。

フリマアプリは現物を直接見ることができないので、サイズや汚れなどの説明をよく読んだ上で購入しましょう。

10:レジャーは車で行ける範囲で楽しむ

「たまには家族で出かけたい」となったときは車で行ける範囲で楽しみましょう。公共交通機関を使って遠出すると費用がかさみます。また、あまり遠出すると持っていく荷物も多くなったり外食する機会も増える可能性があります。

その費用を年に数回の旅行を充実させるためにあてて、普段のレジャーは車で行けるところにすると少ない荷物かつ費用も少なく遊びに行けるでしょう。

11:子育て割引サービスをチェックする

ショッピングセンターや薬局などではアプリや子育て支援パスポートで割引できるところが多くあります。

ベビー用品や子ども用品が5%割引で購入出来たり、来店するとおもちゃのプレゼントがあったりなど店によってはサービス内容は違いますが、多くのお店で実施されているので自分のよく行くお店は子育て割引サービスはあるのか一度チェックして利用していきましょう。

12:食材を必ず使い切る習慣を身に付ける

野菜や肉・魚が安く売っていてつい多めに買ってしまうことがあるでしょう。しかし、逆に買い過ぎて使いきれずに捨ててしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。

食材を余らせないためには、下味冷凍が便利です。牛丼の具などは玉ねぎと一緒に味付けをしてしまえば、忙しい時にはフライパンや鍋でぐつぐつ火を通しただけで完成です。

今は共働き世帯も多いので短時間で作れる料理は主婦としても楽になるでしょう。

また、冷蔵庫にデッドスペースがあることをご存じでしょうか。冷蔵庫は一番上のスペースは女性の手が届きにくく、何が入っているか忘れてしまうこともあります。

対処法としては期限の長いものは上段、期限の短いものやすぐに食べられるものは下段に置くようにして、手が届きやすくすると冷蔵庫がすっきりしやすくなります。

子育て世代が節約に利用したい制度5つ

1:出産育児一時金

出産育児一時金とは出産費用の負担軽減のために一定額を出産時に給付してくれる制度です。

社会保険や国民健康保険に入っていれば支給されるものです。産後の退院時に出産費用や入院費の合計から出産育児一時金を引いた金額を支払うだけで良いので、出産前に直接支払制度をおすすめしてくれるところもあります。

2:ふるさと納税

ふるさと納税は応援したい自治体に一定以上の金額を寄付すると、税金の還付や控除が受けられます。自分で応援した自治体を選んで寄付し、税金の控除や返礼品がもらえるなどのメリットがあります。

また、返礼品は食べ物から日用品などさまざまなものがあります。

3: 児童手当(子ども手当)

児童手当は支給要件を満たしていれば3歳までは月15,000円、3歳から中学校卒業までは月10,000円の支給があります。

所得によっては金額が違ったりすることもありますが、産後の申請書類と毎年現況届の提出をすればもらえる手当です。出生の日の翌日から15日以内に現住所の市区町村に申請が必要なので、15日以内に申請しましょう。

4:子ども医療費助成

都道府県や市区町村で、保険内診療の自己負担分を助成してくれます。都道府県や市町村で助成金額や所得制限などの条件も出ているので、一度自分の住んでいるところの子ども医療費助成を知っておくと良いでしょう。

5:身内からのお祝い

出産祝いなどのお祝いは被ることがあるため、何が欲しいか聞いてくれる方もいます。値段などを考えた上で、自分の欲しいものをお願いしてみましょう。もし欲しいものを聞かれた場合は伝えてみましょう。

子育てにおける節約術は無理なく上手に実践しましょう

節約を頑張りすぎると自分のストレスになります。また、極端な節約は家族のストレスにもつながる場合があります。その為、ストレスにならない程度の節約を実践し続けていけば、数か月後には節約生活が自然にできるようになるでしょう。

子育て中の節約はできる範囲で、少しずつで良いので無理なく実践しましょう。

RELATED
家庭学習におすすめの安い教材総合3選!費用を更に節約する方法とは
学校生活
2021年01月08日

家庭学習におすすめの安い教材総合3選!費用を更に節約する方法とは

考える力を構成する2つの思考とは?子どもの考える力を養うための基本5つも紹介
学校生活
2021年01月05日

考える力を構成する2つの思考とは?子どもの考える力を養うための基本5つも紹介

小学生の子どもと作るロボット工作総合11選|手作りやキットで楽しもう
学校生活
2020年12月30日

小学生の子どもと作るロボット工作総合11選|手作りやキットで楽しもう

高校受験に失敗した子供の進路3パターン|保護者がとるべき対応とは
学校生活
2021年01月30日

高校受験に失敗した子供の進路3パターン|保護者がとるべき対応とは

STEAM教育とは何? STEAM教育関連のスクール4つと教材を紹介
学校生活
2021年02月02日

STEAM教育とは何? STEAM教育関連のスクール4つと教材を紹介

センター試験の服装は?制服で受けるべきとき4つ|私服の場合の注意点
学校生活
2021年02月04日

センター試験の服装は?制服で受けるべきとき4つ|私服の場合の注意点

ジュニアプログラミング検定ってどんな資格?受験する5つのメリット
学校生活
2021年02月01日

ジュニアプログラミング検定ってどんな資格?受験する5つのメリット

中学生英語の勉強法を分野別に紹介|単語の5つの勉強法も解説!
学校生活
2021年02月02日

中学生英語の勉強法を分野別に紹介|単語の5つの勉強法も解説!

英単語を覚えたい中学生に適した覚え方|要領の悪い英単語の覚え方4つ
学校生活
2021年02月01日

英単語を覚えたい中学生に適した覚え方|要領の悪い英単語の覚え方4つ

大学受験への独学方法5つを解説!|独学で勉強するメリットとは
学校生活
2021年02月04日

大学受験への独学方法5つを解説!|独学で勉強するメリットとは

数学的な考え方とは?数学的な考え方を形成する要素8つと具体例を解説
学校生活
2021年01月30日

数学的な考え方とは?数学的な考え方を形成する要素8つと具体例を解説

高校受験で子供を浪人にしないようにする方法6選|浪人するデメリット
学校生活
2021年02月02日

高校受験で子供を浪人にしないようにする方法6選|浪人するデメリット

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い
学校生活
2021年02月02日

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い

二重跳びを跳べるようになりたい!二重跳びができるようになるおすすめの7つの練習方法
学校生活
2021年02月01日

二重跳びを跳べるようになりたい!二重跳びができるようになるおすすめの7つの練習方法

子供がプログラミング的思考を養うメリット6選|育成するポイントとは?
学校生活
2021年01月28日

子供がプログラミング的思考を養うメリット6選|育成するポイントとは?

反転授業のメリット7つ|デメリットや導入事例もあわせて紹介!
学校生活
2021年02月01日

反転授業のメリット7つ|デメリットや導入事例もあわせて紹介!

塾と家庭教師はどっちを選ぶ?それぞれに向いている子どもの特徴3つも解説
学校生活
2021年02月01日

塾と家庭教師はどっちを選ぶ?それぞれに向いている子どもの特徴3つも解説

オルタナティブ教育とは?オルタナティブ教育の特徴5つとメリットを紹介
学校生活
2021年02月01日

オルタナティブ教育とは?オルタナティブ教育の特徴5つとメリットを紹介

共働きで中学受験を乗り切る方法10選|共働きで中学受験に挑むメリット4つ
学校生活
2021年02月01日

共働きで中学受験を乗り切る方法10選|共働きで中学受験に挑むメリット4つ

【学年別】小学生の体育の内容16選|体育が苦手な子への保護者の対応4選を紹介
学校生活
2021年01月05日

【学年別】小学生の体育の内容16選|体育が苦手な子への保護者の対応4選を紹介