STEAM教育とは何? STEAM教育関連のスクール4つと教材を紹介

初回公開日:2021年02月05日

更新日:2021年02月02日

記載されている内容は2021年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

新しい教育方針であるSTEAM教育について日本での取り組みを紹介します。文部科学省主導で行なっている取り組みだけでなくスクールや教材なども併せて紹介します。また、海外の状況についても触れており、この記事を読めばSTEAM教育の基礎知識を知ることができます。

STEAM教育とは何? STEAM教育関連のスクール4つと教材を紹介

STEAM教育とは?

STEAM教育についてご存知でしょうか。STEAM教育とは教育に対する新しい考え方であり、先進国を中心にその導入が進められています。

具体的には文部科学省が定義を示しておりますのでそちらを見てみましょう。

STEM教育との違い

そもそもSTEAM教育という考え方が登場する前にSTEM教育という考え方がありました。

STEM教育は、現代社会の中心的なScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(算数・数学)の4分野を各科目と統合して、問題解決をすることができる人材の育成を目指した考え方です。

そしてSTEM教育の4分野に加えて、Arts(美術)を追加し、STEAM教育という考え方が広まり始めました。

しかし、美術の考え方を導入することだけでは、世の中の問題に十分に対処するだけの力がつきにくいということで、美術だけにこだわらずリベラルアーツ(一般教養)の考え方に基づいて学習を進める教育が、現代におけるSTEAM教育です。

STEAM教育の必要性

ではなぜ従来の教育から、STEAM教育へと考え方を変更する必要があるのでしょうか。

それは従来の教育では、インターネットが普及した現代社会にうまく対応することができず現代を生き抜くための思考を身につけることができない場合があるからです。

STEAM教育の考え方を盛り込むことで現代を生き抜くための思考の基盤となるので、学校教育で扱う内容となったわけです。

日本での主なSTEAM教育の取り組み5つ

日本では、STEAM教育に関して、文部科学省を中心としてさまざまな取り組みを進めております。

ここからは代表的な事例を5つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

日本のSTEAM教育1:スーパーサイエンスハイスクール

1つ目にご紹介するのは、スーパーサイエンスハイスクールです。スーパーサイエンスハイスクールでは、文部科学省などから指定を受けた高等学校などにおいて、先進的な理数教育の他に高大共同研究、国際性を育む取り組みなどを行なっています。

スーパーサイエンスハイスクールには、全国の高等学校など217校が指定を受けています。

具体的な取組みとしては、全国の加盟校の生徒を対象に日頃の研究活動の成果を発表する機会を設けるなど、従来の中等教育より実践的に理数系の研究に重きを置いています。

日本のSTEAM教育2:STEM教育研究センター

続いて、STEM教育研究センターについてご紹介します。

埼玉大学を中心としてSTEM教育を指導できるように教員を研修し、STEM教育を意識したカリキュラムの作成などを行なっています。

さらに小さい頃からものづくりに触れる機会を増やすために、STEM教育に興味のある子どもたちと一緒に研究をしたり小学校や中学校での出張授業も行なっています。

日本のSTEAM教育3:科学の甲子園

3つ目にご紹介するのは、科学の甲子園です。

科学の甲子園とは、理科・数学・情報などの複数分野に関する競技を高校ごとにチームを組んで日本一を目指すというものです。

日本のSTEAM教育4:プログラミング教育

4つ目にご紹介するのは、プログラミング教育です。

現在小学校、中学校、高校の全てで新学習指導要領の切り替えが進んでおり、その全てにプログラミングに関する内容が含まれることになりました。

具体的には、小学校ではプログラミングを通して論理的思考力を養い、中学校では「技術・家庭科」の授業にプログラミングの内容を充実して加え、高校では共通必須科目として「情報Ⅰ」を新設するなどの動きが加速しています。

日本のSTEAM教育5:経済産業省ポータルサイト「未来の教室 ~learning innovation~」

最後にご紹介するのが、「未来の教室 ~learning innovation~」です。

こちらは経済産業省が運営しているポータルサイトですが、STEAM教育を進めるためのコンテンツの他に、EdTech(教育に関わるテクノロジー)を使って学びの自立化・個別最適化や新たな学習基盤の整備などを進めるための情報発信をしています。

昨今では新型コロナウイルスによる影響で対面授業ができないケースが出ていますが、そうした特殊事態にも対応できるようにEdTechの普及を進めています。

STEAM教育関連のスクール4選

ただ、以上の5つを知っていてもなかなか個人で踏み込むのが難しいのではないでしょうか。

そこで、個人でも踏み込みやすいようにすでにSTEAM教育を実践しているスクールを4つご紹介します。

STEAM教育のスクール1:Crefus(クレファス)

1つ目にご紹介するのは、Crefus(クレファス)です。

こちらはSTEM教育に力を入れている教育サービスで、年長や小学生から高校生になるまでロボット制作やプログラミングとSTEM教育を掛け合わせて、最高の未来を描く力をつけていくことを目的にしています。

すでに全国各地に教室がありますので(一部都道府県のみ)、まずは無料体験に足を運んでみてください。

STEAM教育のスクール2:ヒューマンアカデミーロボット教室

2つ目にご紹介するのは、ヒューマンアカデミーロボット教室です。

先ほど紹介したCrefus同様、10年以上前から先駆けてSTEM教育に力を入れてきたサービスです。現在、類似したサービスの中では在籍数・教室数において国内No. 1のシェアを誇っています。(2020年7月現在)

具体的な内容としては、幼児から小学生を中心に月2回の授業でロボットの製作を行い、作ったロボットを改造したり進化させるというものです。

ロボットの製作で、学ぶことの楽しさや完成したときの達成感を感じることができるほか、改造や進化をさせることで課題解決能力や発想力を実践の中で育むことができます。

STEAM教育のスクール3:Tech Kids School(テックキッズスクール)

3つ目にご紹介するのは、Tech Kids School(テックキッズスクール)です。

小学生向けのプログラミングスクールであり、従来の教室で行う指導のほかに短期間でプログラミングの面白さを知ることができるキャンプや、コロナ禍の新しい生活様式に合わせてオンラインコースが正式開講するなど、幅広い層が使いやすいスクールになっています。

基礎的なプログラミングのやり方から本格的なプログラミング言語まで対応しており、さまざまなアプリやゲームを開発する体験をすることができます。

小学校でプログラミング教育が必修化されたことに伴い、学校だけでは不安だというご家庭には手助けになるスクールでしょう。

STEAM教育のスクール4:LITALICOワンダー

最後にご紹介するスクールは、LITALICOワンダーです。

LITALICOワンダーは、ITとものづくりを合わせた学習を得意としていますが、プログラミングの技術などを学習しながらその技術だけを学ぶだけでなく、子どもたちが考えて何か形にするという経験に重きを置いており、まさにSTEAM教育の考えに根ざしたスクールになっています。

対象は年長から高校生と幅広く対応しており、学習内容もプログラミング等を中心としたコース、ロボット製作等を中心としたコースなど幅広く設定されています。

こちらもTech Kids Schoolと同様に一部のコースのみですが、オンラインでの受講も可能ですので安心して受講することができます。

家庭で取り組めるSTEAM教育の教材5選

新型ウイルスの感染が広がる現在、なかなか教室にお子さんを通わせることが難しい現状もあるでしょう。

そこで、ここからはご家庭でも取り組むことのできる教材を5つご紹介します。

STEAM教育の教材1:教育版レゴ® マインドストーム® EV3 for home

まず1つ目にご紹介するのは教育版レゴ® マインドストーム® EV3 for homeです。

レゴというと、ブロックを組み合わせてさまざまなモノを作り出す玩具として広く知られています。そのレゴとプログラミングを合わせることで、創造力だけでなく論理的思考力や問題解決能力を高めることにもつながります。

また、教えてくれる先生がいない代わりにサポートガイドやワークブックが付随しているので、1人でも学習を進めることができます。

STEAM教育の教材2:タミヤ楽しい工作シリーズ リモコンロボット制作セット

続いてご紹介するのは、タミヤ楽しい工作シリーズ リモコンロボット制作セットです。
こちらもさまざまな組み合わせでロボットを作り、それを操作することでさまざまな力を育んでいくための玩具です。

教育版レゴ® と大きく異なる点は自分でプログラムするわけではなく、リモコンで操作するタイプであるところです。

いきなり、複雑なプログラムなどを扱うのではなく、ロボットに触れる最初の導入としては、かなり適しています。

STEAM教育の教材3:プログラミングできるロボティックボール

3つ目にご紹介するのは、プログラミングできるロボティックボールです。

先ほどまでの2つの教材はロボットを組み立てて操作するモノでしたが、こちらの教材はボールをさまざまな方法を用いて操作できるようにするタイプのロボットです。

スマホを使って操作ができるほか、自分の表情で操作することもできます。さらに、JavaScriptと連動しておりボールの動き方をプログラミングで決めることもできるので、さまざまな使い方ができます。

STEAM教育の教材4:エレキットフォロ

4つ目にご紹介するのは、エレキットフォロです。

こちらの教材は一見ただの工作ロボットに見えます。ただ、エレキットフォロは周りの環境の変化に応じて目の光や足の動きなどで感情を表に出すことができ、コミュニケーションをとるようにロボットに触れ合うことができます。

プログラミングなどの難しい技術は必要ないため、小さいお子さんがロボットと触れ合うのには非常に適している教材です。

STEAM教育の教材5:ワンダーボックス

最後にご紹介する教材は、ワンダーボックスです。

こちらは今までの4つとは少し違い通信教材となります。通信教材とは進研ゼミを思い浮かべていただければわかりやすいと思いますが、毎月教材が送られてきてそれを進めていくというものです。

毎月キットが届き、それらを使っていくことで、思考力やプログラミングの力、戦略やアートなど、さまざまな力をつけていくことができます。

毎月新しい変化を生み常にワクワクするように設計されているので、まるで遊びのように使うことができる教材になっています。

海外でのSTEAM教育の例3つ

ここまでは日本のSTEAM教育に関してお伝えをしてきました。

最後に、海外に目を向けて日本のSTEAM教育との違いを知ることでよりSTEAM教育への理解を深めていきましょう。

今回はドイツ・韓国・アメリカの3カ国についてみていきましょう。

海外でのSTEAM教育1:ドイツ

まず、ドイツについてご紹介します。ドイツでは、対面で行う一斉授業から個人に対応した授業を推奨しています。

個別で週単位の学習計画を決めたりプロジェクト方式の学習を取り入れたりすることで、能動的に考えながら学習ができる仕組みづくりを進めています。

海外でのSTEAM教育2:韓国

続いて韓国ですが、10年ほど前から小・中・高校で「創造的な体験活動」の時間を導入しているほか、中学校では「進路探索活動」などの能動的な学習を促す体験活動や「自由学期制」の導入を進めています。

特に「自由学期制」については、特に試験などは行わず討論や課題解決学習などを中心的に行うことで、学習の動機づけを促進する取り組みになっています。

海外でのSTEAM教育3:アメリカ

最後に、アメリカについてもご紹介します。

まだ数は少ないですが、履修時間の長さに関わらず能力の習得状況によって単位を認定する学校が出てきています。

この取り組みは、パフォーマンスで評価が決まるので主体的・協働的な探究学習を促すねらいがあります。

子供の教育のためにSTEAM教育への理解を深めておこう

ここまで、STEAM教育に関するさまざまな情報をお伝えしてきました。これからの教育は私たち保護者の世代が受けてきた教育とは大きく変わっていきます。

その流れに乗り遅れないことが大切です。

教育は保護者の影響をかなり受けます。そのため、STEAM教育への理解を高めておきましょう。

RELATED
家庭学習におすすめの安い教材総合3選!費用を更に節約する方法とは
学校生活
2021年01月08日

家庭学習におすすめの安い教材総合3選!費用を更に節約する方法とは

考える力を構成する2つの思考とは?子どもの考える力を養うための基本5つも紹介
学校生活
2021年01月05日

考える力を構成する2つの思考とは?子どもの考える力を養うための基本5つも紹介

小学生の子どもと作るロボット工作総合11選|手作りやキットで楽しもう
学校生活
2020年12月30日

小学生の子どもと作るロボット工作総合11選|手作りやキットで楽しもう

高校受験に失敗した子供の進路3パターン|保護者がとるべき対応とは
学校生活
2021年01月30日

高校受験に失敗した子供の進路3パターン|保護者がとるべき対応とは

センター試験の服装は?制服で受けるべきとき4つ|私服の場合の注意点
学校生活
2021年02月04日

センター試験の服装は?制服で受けるべきとき4つ|私服の場合の注意点

ジュニアプログラミング検定ってどんな資格?受験する5つのメリット
学校生活
2021年02月01日

ジュニアプログラミング検定ってどんな資格?受験する5つのメリット

中学生英語の勉強法を分野別に紹介|単語の5つの勉強法も解説!
学校生活
2021年02月02日

中学生英語の勉強法を分野別に紹介|単語の5つの勉強法も解説!

英単語を覚えたい中学生に適した覚え方|要領の悪い英単語の覚え方4つ
学校生活
2021年02月01日

英単語を覚えたい中学生に適した覚え方|要領の悪い英単語の覚え方4つ

大学受験への独学方法5つを解説!|独学で勉強するメリットとは
学校生活
2021年02月04日

大学受験への独学方法5つを解説!|独学で勉強するメリットとは

数学的な考え方とは?数学的な考え方を形成する要素8つと具体例を解説
学校生活
2021年01月30日

数学的な考え方とは?数学的な考え方を形成する要素8つと具体例を解説

高校受験で子供を浪人にしないようにする方法6選|浪人するデメリット
学校生活
2021年02月02日

高校受験で子供を浪人にしないようにする方法6選|浪人するデメリット

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い
学校生活
2021年02月02日

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い

二重跳びを跳べるようになりたい!二重跳びができるようになるおすすめの7つの練習方法
学校生活
2021年02月01日

二重跳びを跳べるようになりたい!二重跳びができるようになるおすすめの7つの練習方法

子供がプログラミング的思考を養うメリット6選|育成するポイントとは?
学校生活
2021年01月28日

子供がプログラミング的思考を養うメリット6選|育成するポイントとは?

反転授業のメリット7つ|デメリットや導入事例もあわせて紹介!
学校生活
2021年02月01日

反転授業のメリット7つ|デメリットや導入事例もあわせて紹介!

塾と家庭教師はどっちを選ぶ?それぞれに向いている子どもの特徴3つも解説
学校生活
2021年02月01日

塾と家庭教師はどっちを選ぶ?それぞれに向いている子どもの特徴3つも解説

オルタナティブ教育とは?オルタナティブ教育の特徴5つとメリットを紹介
学校生活
2021年02月01日

オルタナティブ教育とは?オルタナティブ教育の特徴5つとメリットを紹介

共働きで中学受験を乗り切る方法10選|共働きで中学受験に挑むメリット4つ
学校生活
2021年02月01日

共働きで中学受験を乗り切る方法10選|共働きで中学受験に挑むメリット4つ

【学年別】小学生の体育の内容16選|体育が苦手な子への保護者の対応4選を紹介
学校生活
2021年01月05日

【学年別】小学生の体育の内容16選|体育が苦手な子への保護者の対応4選を紹介

中学生におすすめのタブレット学習教材8選!タブレットで学習させる効果
学校生活
2021年01月05日

中学生におすすめのタブレット学習教材8選!タブレットで学習させる効果