中学生はいつから塾に通わせるべき?塾に通わせるメリット5つを紹介

初回公開日:2021年03月06日

更新日:2021年02月10日

記載されている内容は2021年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

高校受験の塾選びには大切な点が3つあります。ここではそれらの着眼点に加え、いつから通塾を開始すべきなのか、また通塾する理由やメリットについて具体的に解説していきます。大切なお子さんの将来をより確かなものにしていくため、ぜひこの記事を参考にしてください。

中学生はいつから塾に通わせるべき?塾に通わせるメリット5つを紹介

中学生はいつから塾に通わせるべき?

子供が中学生になると、小学生の時に比べてあまり手がかからなくなり保護者が楽になったと感じる反面、子供の将来が本格的に気になり始めます。塾にはいつから通うべきか、入塾時期が気になり始めるのもこの頃でしょう。

通学先が中高一貫校でないなら高校受験が必要です。受験に備えて塾に通うクラスメイトも増えるでしょう。ここではいつから塾に通うのが良いのか、また通塾した場合のメリットについて5点、説明していきます。

個別指導・集団指導の違いとは

個別指導と集団指導のどちらを選ぶかは、通塾の目的や子供の性格によって違ってきます。

個別指導の良さは、部活などのスケジュールに合わせられることでしょう。わからないところは先生がわかるまで説明してくれますから、理解しないまま学習内容が進んでしまうこともありません。

集団授業は、決まった曜日や時間に学習する習慣がつきます。中学校とは違った仲間と競い合いながら学習する機会は、切磋琢磨する良い機会でしょう。

中学生の通塾率はどのくらい?

文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」では、中学生のうち、公立中学に通う子供と私立中学に通う子供の通塾率はそれぞれ68.9%と、54.8%でした。過半数以上の中学生は学校外で何らかの塾や教室に通っていることになります。

そのうち集団指導塾は49.5%、個別指導塾は46.8%でした。この2つ以外の授業形態としては通信授業があります。

中学生を通塾させる理由8つ

半数以上の中学生が学校外で何らかの学習機会を持っているのがわかりましたが、ここでは中学生が通塾する理由を分析してみます。

通塾する訳、いつから塾に通うかは人それぞれではありますが、通常の場合、通塾する理由には大きく分けて8つあります。順を追って以下に解説していきます。

中学生を通塾させる理由1:学校の授業に子供がついていけなくなった

一生懸命に勉強しているのに学校の授業についていけず成績が伸びないのでは、何より子供がかわいそうです。努力の成果が結果に現れない理由を保護者が子供に寄り添いながら分析し、我が子に合った方法を見つけてあげましょう。

学校の先生の教え方が上手ではない可能性や、また学校の教室の雰囲気が落ち着かなかったり、学級崩壊して授業どころではなくなってしまっている場合も考えられます。速やかに解決策を考えましょう。

中学生を通塾させる理由2:勉強する習慣がなく自主的に勉強しない

小学生時代に正しい学習習慣をつけられないまま中学生になり、自分で考え自主的に学習できなくなってしまっている子供は、今まで勉強してこなかったので、学ぶことの面白さや学習から得られる達成感を経験したことがない可能性が考えられます。

中には勉強し理解すること自体を諦めてしまっている場合もありますから、指導者が子供に寄り添いながら「勉強の面白さ」を教えてくれる場所を探すのが良いでしょう。

中学生を通塾させる理由3:子供の希望によるもの

子供が勉強する楽しさを知り、学習意欲が増して中学校の授業だけでは物足りなくなっていたり、目指す高校に確実に入るため通塾を希望するのは珍しくないでしょう。目指す高校によっては推薦入試、AO入試、科目ごとの入試の特色に合わせた塾の指導が有効な場合も考えられます。

子供がいつから通いたい希望なのかなど、詳しく話を聞きながら、複数の塾を下見し講師と面談するなどして、目的を達成するのに最適な塾を探しましょう。

中学生を通塾させる理由4:受験を意識し始めた

子供が高校受験を意識し始めたら、まず志望する高校をある程度絞ってから塾探しをしましょう。

高校受験は居住地域によっても試験内容が異なりますし、また高校によっては独自の問題を出題する学校もあるので、中学校での学習内容だけでは不足する場合もある可能性を念頭に起きます。

子供の選択の幅を広く保つ上でも、いつから通うのか、どの塾を選ぶべきかなど、目標達成に最適な塾探しをすることをお勧めします。

中学生を通塾させる理由5:塾では丁寧に指導してくれるため

中学校は集団授業ですから、教師は全ての子供が完璧に理解するまで丁寧に説明する余裕はありません。また、子供が風邪をひいたり怪我して中学校をしばらく休んだりした場合、学習に空白ができてしまう可能性もあります。

一方、塾では講師が教科指導に特化しているため、質問しやすい利点があります。また特定の教科を教えることを専門とした講師に、納得し理解できるまで質問することが可能なのは子供にとっても安心でしょう。

中学生を通塾させる理由6:高校の特色など情報収集できる

特に高校受験を目標に通塾するのであれば、塾はその地域別高校の最新入試情報をはじめ出題傾向、面接対策など様々な情報を持っていますから、最新の情報を得るのに有効です。

インターネットなどで自分でもある程度は調べられますが、幅広い情報を集めるにはそれなりの時間や労力を要します。また、入試傾向の分析や出願状況などがその分野に精通している塾から得られるのは保護者にとっても受験生にとっても安心でしょう。

中学生を通塾させる理由7:家庭内で勉強を見る余裕がないため

保護者の仕事の都合で子供の勉強を見られなかったり、家庭内に介護が必要な高齢者がいて子供に時間を割けないような場合、学習面を塾に委ねるのは良い考えでしょう。

塾の講師はその教科の専門家ですし、またその地域の高校入試情報にも詳しいはずですから、独自に情報を集める手間や時間も省けます。保護者は思い切って家庭内での生活面や精神面を支えながら見守る役に徹するのも、子供の自立を育む機会になる可能性があります。

中学生を通塾させる理由8:内申点を上げるため

居住する地域や受験する高校によっては、入学試験の成績だけでなく内申点を上げておく必要も考えられるでしょう。いつからどのように準備すれば高い内申点が取れるのか、その具体的な方法について、現役で中学生を指導している講師に聞けたら心強いでしょう。

中学生が塾に通うメリット5つ

ここでは高校受験を念頭にしつつ中学生が塾通いするメリットについて5点、解説していきます。いつから塾に通わせたら良いのか、どのような意図で塾に通わせるべきなのか等について、具体的にそれらの目的やメリットを列挙してみました。

ぜひ、お子さんの塾選びの参考にしてください。

中学生が塾に通うメリット1:勉強する習慣を身に付けられる

中学生になると、高校受験を見据えて勉強により積極的になる子供が増えてきます。また学習強化や内容も増え、中間試験や期末試験で子供の成績が客観的に評価される機会もできます。

何らかの理由で小学生時代に学習習慣をつけられなかったのであれば、塾を活用して学習習慣を確立させるのは良いアイデアでしょう。学習習慣がない子供に学習習慣を定着させ、基礎学力を向上させることにつなげていくのを得意にしている塾もあります。

中学生が塾に通うメリット2:学力アップが見込める

学力をアップしたいのであれば、塾に通うのは良い選択でしょう。その場合、子供の目的や学力に合う塾を探します。特定の教科の成績をあげたいのであれば、その教科に特化した塾を選択するというのも視野に入れましょう。

子供の性格を考慮して選ぶのも一案です。競争心が強い子供なら集団塾で切磋琢磨しながら学ぶのが合うかもしれません。周囲を気にせずじっくり伸ばしていきたいのであれば、個別指導塾が良い可能性もあります。

中学生が塾に通うメリット3:苦手を克服できる

「高校受験は苦手科目の克服が鍵」といわれています。内申書の点数に反映するのを避け、子供にその科目の「苦手意識」が定着してしまうのを防ぐためにも、子供が「苦手科目」を自覚しているのであれば、保護者は速やかに対策をとってあげることをお勧めします。

その場合、個別指導塾が良いのか集団指導塾が良いのかは、その時々に適切に判断しましょう。ピンポイントで苦手を克服させることを考慮しても良いでしょう。

中学生が塾に通うメリット4:学校の授業内容を予習できる

予習の習慣をつけることで学校での学習を「理解の確認」や「復習」になるような学習計画を立てるのも、効果的な勉強方法の場合があります。同じ内容を何度も学習することで、理解が深まってくる利点があります。

特に子供のレベル次第で英語や数学の習得は、予習することで理解がより深まるメリットがあると言われています。

中学生が塾に通うメリット5:受験対策のサポートが受けられる

受験のサポートを得られるのは、当事者の子供にとっても保護者にとっても心強いものです。保護者が昔、自分が以前高校受験していたからといって、それが20年以上前のことなのであれば、当時と今とでは状況が変化している可能性があるでしょう。

また、大半の中学生にとって高校受験は人生で最初の受験である場合が多いですから、サポートしてくれる人が増えるのは、保護者にとっても子供にとっても心強いものです。

高校受験の勉強はいつから始めれば良い?

中学生の子供を持つ保護者にとって、「高校の受験勉強をいつから始めれば良いか」は、気になるところでしょう。

高校受験は、私学は高三の1月中旬から2月中旬、公立は1月下旬から3月中旬ですので、ここから逆算して、いつから準備すれば目標をクリアできるかを考えましょう。

中学生が塾を選ぶ時のポイント3つ

中学生になった子供の塾選びをする時、保護者は「いつからどのような塾に通えば良い結果に結びつくか」で悩むでしょう。塾選びする際、何を心に留めて選ぶのが良いか、そのポイントを3点、具体的に解説します。

塾を選ぶ時のポイント1:塾の方針との相性

まず、我が子が塾に行く目的と、候補に上がった塾の指導方針が合っているかを検討します。塾によって、トップ校の受験に強い塾、中堅校の受験に強い塾、学校の授業の補習に適した塾など、それぞれの塾の特性がありますから、HPやパンフレットなどで慎重に検討してください。

親しい友人が通っているから、同じ部活の友人が通っているから、という理由だけで選ぶと、後々、目的に合わず転塾する可能性が出ることを考えましょう。

塾を選ぶ時のポイント2:合格実績を確認する

その塾の志望校への合格実績の人数も、塾選びの参考になります。高校の難易度は様々ですから、その塾が得意とするレベルの高校への合格は塾ごとで得意不得意が出てきます。

我が子が志望する高校への合格実績が多い塾であれば、合格のノウハウや適切なカリキュラムがあるでしょうし、また、たとえば併願校についてもアドバイスを期待でき、保護者も子供も安心して塾を頼りにすることが可能になるでしょう。

塾を選ぶ時のポイント3:体験授業に参加させる

我が子に最適な塾選びをする時は、ネットなどで調べただけで入塾させるよりも、その塾の体験授業に参加したり、塾長や講師と面談して、我が子の性質や通塾目的に合っている塾なのかを慎重に見極めながら選ぶことをお勧めします。

「いつから通塾すべきか」という疑問も、いろいろな塾を下見し体験授業に参加したり、その塾の講師と面談する機会を通じて答えが見えやすくなる可能性もあるでしょう。

中学生の子供がいつから通塾するかは現状・目標に合わせて決めよう

塾選びに失敗しないためには、学習習慣の確立の有無、目指す高校の難易度や子供の性格、学力、通塾目的が集団授業向きか、個別指導が適しているかで違ってきます。

場合によって、集団塾と個別指導塾を使い分けるの良いでしょう。また、部活との兼ね合いもあり、いつから通塾するのが良いのかを悩むご家庭もおられるでしょう。高校進学は子供にとって大きなステップです。実際に足を運び、納得できる塾を選んでみてください。

RELATED
docomoの迷惑メールが増えたらしたい事2つ|簡単にブロックするには
学校生活
2021年05月01日

docomoの迷惑メールが増えたらしたい事2つ|簡単にブロックするには

受験勉強におすすめのアプリ12選!メリット・デメリットについても紹介
学校生活
2021年02月26日

受験勉強におすすめのアプリ12選!メリット・デメリットについても紹介

数学の苦手を克服するには?【中学生・高校生別】数学の勉強法12選
学校生活
2021年02月16日

数学の苦手を克服するには?【中学生・高校生別】数学の勉強法12選

塾選びのポイント9選を詳しく解説|中学受験にかかる費用7選も紹介
学校生活
2021年03月03日

塾選びのポイント9選を詳しく解説|中学受験にかかる費用7選も紹介

将来のために必要なスキルとは?これから必要なスキル5選と子供の教育方法を解説
学校生活
2021年02月26日

将来のために必要なスキルとは?これから必要なスキル5選と子供の教育方法を解説

苦手な数学を克服しよう!数学が得意になる方法10選と数学の公式や解法を覚える
学校生活
2021年02月16日

苦手な数学を克服しよう!数学が得意になる方法10選と数学の公式や解法を覚える

イエナプラン教育とは?イエナプラン教育の特徴10個と課題を解説
学校生活
2021年02月10日

イエナプラン教育とは?イエナプラン教育の特徴10個と課題を解説

中高一貫校に通うメリット10選!デメリットや選び方もあわせて紹介
学校生活
2021年02月24日

中高一貫校に通うメリット10選!デメリットや選び方もあわせて紹介

ネットリテラシー教育の現状とは?ネットリテラシーの低さが招く7つのリスク
学校生活
2021年02月01日

ネットリテラシー教育の現状とは?ネットリテラシーの低さが招く7つのリスク

塾へ行く目的を明確にしておこう!子供が通う塾選びのポイント7選
学校生活
2021年02月22日

塾へ行く目的を明確にしておこう!子供が通う塾選びのポイント7選

中学生の宿題に関する悩みやコツとは?宿題がない場合の学力アップ法4つも紹介
学校生活
2021年02月03日

中学生の宿題に関する悩みやコツとは?宿題がない場合の学力アップ法4つも紹介

新大学入試制度による入試制度の変更点4つ!共通テストで求められる能力とは
学校生活
2021年02月02日

新大学入試制度による入試制度の変更点4つ!共通テストで求められる能力とは

子供の添い寝は何歳まで?添い寝を卒業するタイミング7つをご紹介!
学校生活
2021年02月27日

子供の添い寝は何歳まで?添い寝を卒業するタイミング7つをご紹介!

節分の由来を子どもに教えるときの流れ5つ!ポイントやレシピも紹介
学校生活
2021年03月05日

節分の由来を子どもに教えるときの流れ5つ!ポイントやレシピも紹介

子供の運動神経を伸ばすポイント4つをご紹介!遊び方5つやコツとは?
学校生活
2021年02月26日

子供の運動神経を伸ばすポイント4つをご紹介!遊び方5つやコツとは?

末っ子の次男に見られやすい特徴12選!接し方のポイントとは?
学校生活
2021年02月26日

末っ子の次男に見られやすい特徴12選!接し方のポイントとは?

ロボットプログラミングって何?おすすめのロボットプログラミングキット10選
学校生活
2021年03月03日

ロボットプログラミングって何?おすすめのロボットプログラミングキット10選

保育園の費用はどのくらいかかる?認可保育園と認可外保育園の特徴6選
学校生活
2021年03月04日

保育園の費用はどのくらいかかる?認可保育園と認可外保育園の特徴6選

子育てにおけるイライラ解消法15選|子育てにイライラする原因5つ
学校生活
2021年02月01日

子育てにおけるイライラ解消法15選|子育てにイライラする原因5つ

小学生における恋愛の現状とは?小学生の恋愛において保護者ができること7選
学校生活
2021年02月26日

小学生における恋愛の現状とは?小学生の恋愛において保護者ができること7選