子供の読解力を鍛える5つの方法|読書時にできる方法とおすすめの本も紹介

最近の子供は読解力が低下しているとよく言われます。子供の読解力について、気にしている方も多いのではないでしょうか。この記事では、読解力を鍛える方法について紹介します。子供の読解力について気になるという人はぜひ読んでみてください。

子供の読解力を鍛える5つの方法|読書時にできる方法とおすすめの本も紹介

読解力とは?

読解力という言葉は、日常会話でも当たり前のように使われる、それほど難しい言葉ではありません。言葉の意味も字の通り、文章を読んでその内容を理解する力といえます。

OECD(経済協力開発機構)が行っている「PISA」と言われる15歳児の学習習熟度調査では、読解力のことを「自らの目標を達成し、自らの知識と可能性を発達させ、効果的に社会に参加するために、書かれたテキストを理解し、利用し、熟考する能力」と定義しています。

出典:(1)定義・ねらい|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku/siryo/1379669.htm

現代社会において子供の読解力は低下傾向にある?

現代社会において、子供の読解力の低下が問題とされています。

OECD(経済協力開発機構)が行った「PISA(生徒の学習到達度調査)」では、読解力が65か国中2009年の8位から、2018年は79か国中15位と大きく後退しました。

また調査結果だけでなく、常日頃から子供に接している教育の現場などでは、子供の読解力の低下傾向を実感しています。

出典:全参加国・地域(79か国・地域)における比較|文部科学省・国立教育政策研究所
参照:https://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2018/01_point.pdf

SNSでのトラブル

SNSでのやり取りは、多くが短文のやり取りです。そのため、普段から長文の読み書きを敬遠しがちになり、読解力さえあれば防げたはずのトラブルがSNS上でも見られます。

もともと短文なのに、その上読解力が低下しているため、SNS上の文章を間違って理解し、いわゆる炎上が起こってしまう場合もあるのです。

読解力を鍛える5つの方法

読解力の低下が著しいと紹介しましたが、読解力は鍛えれば伸びる力でもあります。読解力を鍛えるとは、どのようなことをすればいいのでしょうか。ここからは、読解力を鍛える方法を紹介します。

1:要約ノートを作成する

読解力を鍛える方法1つ目は、要約ノートを作成することです。

文章を読むときに、何について述べているのか、どのようなことを言いたいのかをまとめるノート、いわゆる要約ノートを作りましょう。この要約の練習を繰り返すことによって、読解力が養われます。

まとめるときに気を付けたいのは、後から繰り返し読み返すことを前提にまとめることです。そして、簡潔にまとめるのが大切です。

2:辞書で言葉を増やす

読解力を鍛える方法2つ目は、辞書で言葉を増やすことです。

読解力を高めるためには、語彙力が大変重要になってきます。語彙力の多さと文章の読解力は比例しているということが、研究で明らかになっています。

普段の生活の中でも、分からない漢字や言葉が出てきたら、辞書をひかせる癖を付けましょう。辞書は語彙の宝庫です。身近に置き、いつでも使えるようにして、辞書で言葉を増やしていきましょう。

3:とにかく読む量を増やす

読解力を鍛える方法3つ目は、とにかく読む量を増やすことです。

読む物にこだわる必要はありません。様々なジャンルの文章を読めば良いのです。

読解力には、読書量が密接に関係あると言われています。たくさん読んでいくことで、文章を読み解くコツをつかんでいきます。何を訴えているのか、どのような感情なのかなど、読む量が増えていくのに比例して身についてきます。

読む物にこだわることなく、たくさんの量を読んでいきましょう。

4:重要部分だけを読むのを止める

読解力を鍛える方法4つ目は、重要部分だけを読むのは止めることです。

目に付く、重要な言葉をちゃんと読み取っていけば、はっきりいって効率よく読書はできます。しかし、読解力を鍛えたいのなら、重要部分だけを読み進めていくのは止めた方がいいでしょう。

不適切な飛ばし読みをやってしまうと、重要な単語を見落としたり、表現されている言葉の関係性を勝手に自分で作り上げて理解してしまい、読解力の低下につながってしまいます。

このような読み飛ばしが身についてしまったら、文章を正しく理解できなくなります。つまり読解力が身につかなくなります。

読解力を鍛えたいのなら、文章全てをしっかりと読む癖を付けましょう。

5:速読の練習をする

読解力を鍛える方法5つ目は、速読の練習をすることです。

速読とは、その文字が表す通り、文章を速く読むことを言います。速読は、読む速度は速く、その上で内容をしっかり理解して読むことが重要視されます。

速さだけにポイントを置いて、飛ばして読む、斜め読みや飛ばし読みは、速読とは見なされないことが一般的な考え方です。そのため、速読を身につけるためには一定の訓練が必要とされています。

正しくトレーニングして速読を身につければ、理解力のあまり高くない小学生でも、理解力を低下させずに文章を把握できます。

読書する際にできる読解力を鍛える3つの方法

大抵の人は「本を読むことは良いことだ」という認識を持っています。読解力を鍛える方法でも、とにかく読むことを挙げました。

ここからは、読書によってできる読解力の鍛え方を紹介していきます。

1:緩急を意識して読む

読書する際にできる読解力を鍛える方法1つ目は、緩急を意識して読むことです。

子供が集中して読書できる時間はそれほど長くありません。そのためポイントとなる重要な部分や、筆者の主張などは時間をかけてしっかり読み込む一方で、それほどポイントでない部分はさらっと読み流すことも必要です。

全ての文章を集中して読んでいたら、肝心な結論などの重要な部分にたどり着く前に疲れきって、意味を理解できなくなります。

緩急を意識して読むことで読解力が育ち、読解力が育っていくとさらに、緩急を意識して読めるようになるという、良い循環がめぐってきます。

2:声に出して読む練習をする

読書する際にできる読解力を鍛える方法2つ目は、声に出して読む練習をすることです。

読解力の低い人は、不適切な飛ばし読みをやってしまいがちです。声に出して読むことは、飛ばし読みを直すのに有効な方法と言われています。

重要な言葉を適切に拾っていけば効率の良い読書ができますが、それが身についていない子供が飛ばし読みをすれば、文章の意味を正しく理解できません。

そのため、読解力を鍛えるのに役立つのが声に出して読む練習です。声に出して読んでいけば、飛ばし読みはできなくなります。読解力を鍛えたいときに役立つ方法です。

3:何か感じたところには線を引きながら読む

読書する際にできる読解力を鍛える方法3つ目は、何か感じたところには線を引きながら読むことです。

文章を読んでいると、ここは面白いとか、ここは大切なところだとか、心で感じるところに出合います。そのようなところに線を引きながら読むことも、読解力を鍛えるのに有効です。

中でも、ここは大切だと思ったところに線を引くのは、この文章は何が大切なのか、筆者が言いたいことは何なのかを意識しながら読むことになり、先に述べた要約ノート代わりにもなるので、ぜひ取り組んでみてください。

読解力を鍛える本の3つの選び方

読解力を付けるために子供に本をたくさん読ませようとするとき、保護者として少しでも読解力が鍛えられる本を読ませたいと思うこともあるでしょう。

そこで、読解力が鍛えられる本選びを紹介します。

1:名作に触れるようにする

読解力を鍛える本の選び方1つ目は、名作に触れるようにすることです。

質のいい名作を読んでいくと、読解力はどんどん鍛えられていきます。とにかくどんどん量を読んでくことが読解力を鍛えていく方法と紹介しましたが、本選びで質を求めてみてもいいでしょう。

子供が本を読もうとするときに、保護者がさりげなく名作に触れられるようにしてみましょう。押し付けるのではなく、自然と子供が名作に触れられるように配慮することが大切です。

2:子供が読みたいというものにする

読解力を鍛える本の選び方2つ目は、子供が読みたいというものにすることです。

読解力を鍛えるには、子供がまずは文章を読まなければ始まりません。保護者が良かれと思って与えた本も、子供にとって興味がないものでは、子供は読みたいと思わないでしょう。

子供は興味があるものなら、チラシでも集中して読んだり見たりしますが、本も同じです。読み始めても、途中で飽きて読むのを止めてしまうような本では意味がありません。

3:漫画がダメというわけではない

読解力を鍛える本の選び方3つ目は、漫画がダメというわけではないということです。

漫画を読むことは読書にはならないと考える人もいるかもしれませんが、読解力を鍛える本として、漫画がダメというわけではありません。

漫画でも、文字を読んで想像力を膨らませるという効果は小説などと同様に得られます。また漫画をきっかけに、興味や関心が広がることもあるでしょう。

子供の読解力を鍛えるのにおすすめの学習塾・講座4選

読解力を身につけるにはたくさんの文章を読むと同時に、塾に通って、読解力向上の講座を受ける方法もあります。

ここからは、子供の読解力を鍛えるのにおすすめの学習塾・講座を紹介していきます。

1:学研教室 読解・作文コース

子供の読解力を鍛えるのにおすすめの学習塾・講座1つ目は、学研教室の読解・作文コースです。

学研教室の読解・作文コースでは、毎月約5,000〜1万字以上の文章を読みます。それにより、読書力と長文を読解する力がしっかり身につきます。

そして、一気に全体を読むことと、展開のまとまりごとに熟読する2つの読み方を学習します。そのことで、展開や構成をとらえて読み解く力が育っていきます。

2:白藍塾 通信講座

子供の読解力を鍛えるのにおすすめの学習塾・講座2つ目は、白藍塾の通信講座です。

白藍塾は、作文の通信指導をしています。本が好きになり、作文が得意になる子を育てることが指導の目標です。

作文をうまく書くためには、想像力を存分に発揮することと同時に、知識と体験をうまく使うことが大切です。白藍塾ではこれらの力をうまく使い、作文を書くことを通して、自分の考えをまとめる力を付けていきます。

3:ベネッセ グリムスクール

子供の読解力を鍛えるのにおすすめの学習塾・講座3つ目は、ベネッセのグリムスクールです。

ベネッセのグリムスクールは、全ての学力の土台である国語力を育てます。国語力とは、読み、書き、話し合うことで身につく、読解力や表現力です。家で課題本を読み、授業ではみんなと学ぶことで国語力を高めます。

4:ベネッセ 文章表現教室

子供の読解力を鍛えるのにおすすめの学習塾・講座4つ目は、ベネッセの文章表現教室です。

ベネッセの文章表現教室では、自分の考えを相手が分かるように書いたり、話したりできることを指導の目標にしています。

書くことや伝えることが楽しいと感じられると、子供は自信が持てます。そのような環境を大切にしながら、書くこと、伝えることの力を育んでいます。

子供の読解力を鍛えるのにおすすめの本4選

読書習慣がない子供でも、家で読解力を鍛えられるおすすめの本があります。長期休みや日常の空いた時間などにやってみることで、読解力が鍛えられます。

1度手に取ってもらいたいものを紹介します。

1:小学1年 もっと文章読解 (毎日のドリル)/学研プラス

子供の読解力を鍛えるのにおすすめの本1つ目は、学研プラスの小学1年もっと文章読解(毎日のドリル)です。

1日1枚のやり切り型のドリルです。目標時間にあわせ、無理のない量の問題数で構成されているため、やりきれると自信が付きます。自信を付けながら勉強ができて、学習習慣が定着します。

2:読解力と語彙力を鍛える なぞ解きストーリードリル 小学国語/ナツメ社

子供の読解力を鍛えるのにおすすめの本2つ目は、ナツメ社の読解力と語彙力を鍛えるなぞ解きストーリードリル小学国語です。

挿絵入りのショートストーリーを通して、学習が進められるテキストです。国語に苦手意識を感じている子供が楽しく学習に取り組みながら、読解力と語彙力を身につけられます。

3:要約力を鍛えるとどんな子も「本物の国語力」が身につく/コスモトゥーワン

子供の読解力を鍛えるのにおすすめの本3つ目は、コスモトゥーワンの要約力を鍛えるとどんな子も「本物の国語力」が身につくです。

この本の著者は、国語ができなくて困っている子を救うことがライフワークでした。30年程で約5,000人以上の生徒を指導してきた中で、確立し、実践してきた国語の力を最短でつける学習法を紹介しています。

4:本物の読解力をつけることばパズル 初級編/小学館

子供の読解力を鍛えるのにおすすめの本4つ目は、小学館の本物の読解力をつけることばパズル初級編です。

身近なできごとを通して、まず自分ならどうするかを考え、他者とのつながりを学べる問題や、図表や資料を読み取る力を伸ばす問題などで構成されている本です。

この本を利用することで、思考力や自分の言葉で考えを表現する力、他の人の気持ちを察する力、言葉を通じて伝え合う力がつくと言われています。

読解力を鍛えるには日々の努力の積み重ねが大切

読解力は短期間で身につくものではありません。日々の積み重ねの中で、徐々に身についていくものです。その日々の積み重ねには努力が必要なことは言うまでもありません。

日常生活の中から、少しずつその努力ができる環境を保護者として整えていきましょう。

初回公開日:2021年10月05日

更新日:2021年10月05日

記載されている内容は2021年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
勉強できない小学生の6つの特徴とは?対処法と勉強のコツについても紹介
小学校の成績
2021年10月05日

勉強できない小学生の6つの特徴とは?対処法と勉強のコツについても紹介

子供の国語力を伸ばし読解力を高める方法11選|基礎の大切さについても解説
小学校の成績
2021年10月05日

子供の国語力を伸ばし読解力を高める方法11選|基礎の大切さについても解説

小学生の国語の読解力を高める無料プリント18選|読書の大切さについても解説
小学校の成績
2021年10月05日

小学生の国語の読解力を高める無料プリント18選|読書の大切さについても解説

小学生の読解力を鍛えるアプリ13選|おすすめの本と問題集も紹介!
小学校の成績
2021年11月30日

小学生の読解力を鍛えるアプリ13選|おすすめの本と問題集も紹介!

小学生の家庭学習の仕方とは?習慣にする方法や注意点もあわせて解説
小学校の成績
2021年10月05日

小学生の家庭学習の仕方とは?習慣にする方法や注意点もあわせて解説

3分間スピーチに活用できるネタ10選!テクニックをあわせて紹介
小学校の成績
2021年10月05日

3分間スピーチに活用できるネタ10選!テクニックをあわせて紹介

小学生の読解力を育てるおすすめの本10選|ポイントもあわせて紹介
小学校の成績
2021年09月06日

小学生の読解力を育てるおすすめの本10選|ポイントもあわせて紹介

小学二年生の算数はつまずきやすい!子供が苦手にならないようにする方法5選
小学校の成績
2021年08月06日

小学二年生の算数はつまずきやすい!子供が苦手にならないようにする方法5選

小学生の通知表の成績が悪い理由と改善策5つを紹介|成績は早めの対策が必要!
小学校の成績
2021年11月05日

小学生の通知表の成績が悪い理由と改善策5つを紹介|成績は早めの対策が必要!

速読の効果は読書だけじゃない|小学生から学ぶメリットとデメリットを紹介
小学校の成績
2021年07月02日

速読の効果は読書だけじゃない|小学生から学ぶメリットとデメリットを紹介

STEAM教育とは?おすすめ教材や関連スクール・海外での取り組みをご紹介!
小学校の成績
2021年06月05日

STEAM教育とは?おすすめ教材や関連スクール・海外での取り組みをご紹介!

プログラミング的思考を子どもに養うメリット6選|育てるポイントも紹介
小学校の成績
2021年07月01日

プログラミング的思考を子どもに養うメリット6選|育てるポイントも紹介

勉強がはかどらない原因と対処法総合25選|保護者の特徴も解説
小学校の成績
2021年07月01日

勉強がはかどらない原因と対処法総合25選|保護者の特徴も解説

夏休みの工作学年別アイデア合計12選|そのほかのアイデアも紹介
小学校の成績
2021年08月04日

夏休みの工作学年別アイデア合計12選|そのほかのアイデアも紹介

小学生におすすめの無料の勉強ゲームアプリ29 選|気を付けることも紹介
小学校の成績
2021年09月03日

小学生におすすめの無料の勉強ゲームアプリ29 選|気を付けることも紹介

野菜のDNAを取り出す自由研究の方法とまとめ方|ジュースでの実験も紹介
小学校の成績
2021年08月04日

野菜のDNAを取り出す自由研究の方法とまとめ方|ジュースでの実験も紹介

小学生に読解力を付ける方法5つ|国語の問題から見る読解力を伸ばすコツ
小学校の成績
2021年03月18日

小学生に読解力を付ける方法5つ|国語の問題から見る読解力を伸ばすコツ

小学生の自宅学習におすすめの教材14選!自宅学習をさせるときのコツとは?
小学校の成績
2021年06月12日

小学生の自宅学習におすすめの教材14選!自宅学習をさせるときのコツとは?

音読みと訓読みの違いと教え方のポイント!熟語の4つのパターン・例も紹介
小学校の成績
2021年08月04日

音読みと訓読みの違いと教え方のポイント!熟語の4つのパターン・例も紹介

小学校学級懇談会の内容6つを紹介!自己紹介とイメージアップのコツも
小学校の成績
2021年11月05日

小学校学級懇談会の内容6つを紹介!自己紹介とイメージアップのコツも