子供二人世帯の年収はどのくらい?【年収別】子供二人の場合の家族の暮らし方6つ

子供二人世帯の平均的年収、理想年収を解説した上で年収別の暮らし方についてまとめてあります。その後に子供二人を育てる時にかかる養育費について解説し、年収が足りない場合の対処法を7つあげました。そして最後に、年収を計算する時の注意点として4つ挙げています。

子供二人世帯の年収はどのくらい?【年収別】子供二人の場合の家族の暮らし方6つ

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

子育て世帯の平均年収はどのくらい?

子育ては楽しく、やりがいを感じられます。子供の成長はとても喜ばしいことですが、避けて通れない問題として金銭管理があります。金銭管理には、各世帯の年収が大きく影響します。

厚生労働省の調査によると、子育て世代の平均年収は739.8万円でした。

子供二人の家庭の年収に見合った暮らし方を考えていきましょう。

出典:国民生活基礎調査│厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa17/dl/10.pdf

子供二人を育てるのに理想的な年収の目安3選

年収はそう簡単に変動しません。しかし子供二人を育てるのに理想的な年収の目安を知ることで、暮らし方のヒントが見つかるはずです。

無理のない、それぞれの家庭のベストな暮らし方を見つけましょう。

1:家計のシミュレーションを利用する

まず、家計のシミュレーションを利用してみましょう。今どのくらいの資金や資産があるのかを整理してみましょう。

シミュレーションをすることで、見逃してしまっていた無駄に気がつくことがあるかもしれません。

出典:資金計画シミュレーション│住宅金融支援機構
参照:https://www.simulation.jhf.go.jp/type/simulation/sikinkeikaku/openPage.do

2:子供二人を育てられる最低年収について

年収の平均は男性・正社員では300万~500万未満が多く、女性・正社員では150万~300万未満が多いです。

最低年収は150万円未満で、男性は0.8%、女性は16.7%の割合です。

出典:労働者アンケート調査結果│三菱UFJリサーチ&コンサルティング
参照:https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000534372.pdf

3:地方で子供を育てるにはどのくらい年収があればいいのか

地方での生活は車が必要であったり、自宅から離れた学校に子供二人が通わなくてはならなかったりと都会とは異なった問題があります。

そんな地方で子供を育てるには年収500万円が必要と言われています。

出典:労働者アンケート調査結果│三菱UFJリサーチ&コンサルティング
参照:https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000534372.pdf

【年収別】子供二人の場合の家族の暮らし方6つ

子育て世帯の理想の年収は、子供二人の場合800万円といわれています。しかし実際はそうもいかないようです。では子供二人の場合の、年収別家族の暮らし方の一例をご紹介します。

1:世帯年収400万

子供が小さい時は手がかかるので、妻は専業主婦が多いようです。でも、子供二人が小さい内は衣類や食費を少なく抑えて、幼稚園に上がるまでは教育費をあまり掛けなければ、それほど家計に影響はありません。

家賃を6万円台、食費を5万円台、光熱・通信費を3万円台、衣類・趣味・娯楽費を4万円台、子供二人の教育費を1万円台とすれば月に20万円以内で暮らせますが、下の子供が入園や入学をする頃には妻も働くと良いでしょう。

2:世帯年収500万

世帯の月支出の中で家賃(住宅ローン)の占める割合は月収の3割までが良く、持ち家か賃貸かによって大きく支出が変わります。

年収500万で子供が幼稚園や保育園の場合、家賃を8万円台、食費を7万円台、光熱・通信費を4万円台、衣類・趣味・娯楽費を4万円台、日用品など雑貨を2万円台、教育費3万円台として月額の生活費を30万円台に抑えることができます。

また子供2人の学資保険を月に1万円づつ掛けることもできます。

3:世帯年収600万

収入が600万円の場合、住宅ローンを借りられる最大金額は4000万円で、返済額は月10~15万円になります。

年収600万円で子供二人は就学している場合の生活費は、家賃は13万円台、食費は8万円台、光熱・通信費は5万円台、衣類・趣味・娯楽費は5万円台、日用品は3万円台、教育費3万円台で月額の生活費は37万円程かかる計算になります。

さらにマイホームの購入資金を作るか、子供二人の進学積み立てができます。

4:世帯年収800万

世帯年収が800万円の場合、家賃や住宅ローンは8万円~16万円程度が相場となります。

年収800万円で子供2人は就学している場合の生活費は、家賃は16万円台、食費は8万円台、光熱・通信費は5万円台、衣類・趣味・娯楽費は6万円台、日用品は3万円台、教育費5万円台で月額の生活費は43万円程かかる計算になります。

5:世帯年収1,000万

子供二人は私立高校と公立中学校、年収1,000万で両親が共働きの場合、私立高校の授業料は約12万円の支援が受けられます。

家賃は戸建ての住宅ローンで13万円台、食費は10万円台、光熱・通信費が6万円台、生命保険3万円台、自家用車維持費1万円台、日用品2万円台、医療費5千円台、教育費8万円台としています。

衣類・趣味・交際費3万円台、夫婦のこづかいなど諸経費11万円台で、月額の生活費は57万5千円程です。

6:世帯年収1,500万

子供二人は私立中学と公立小学校で年収が1500万円の場合、家は持ち家のマンションで、居住費18万円、食費は12万円で試算してみます。

光熱・通信費は6万5千円、生命保険・自家用車で6万3千円、日用品・医療費で2万3千円、教育費は15万円、衣料・趣味・交際費で4万5千円、夫婦のこずかいなど諸経費で12万8千円、月額の生活費は77万4千円となりました。

子供二人を育てるときにかかる養育費4選

子供たちは「幼稚園」「小学校」「中学校」「高校」と、成長するつれ学習にかかる費用が変わってきます。

そのため主にどれぐらいの費用がかかるか気になる方も多いのではないでしょうか。それでは幼稚園から高校生までにかかる主な費用について詳しく紹介していきます。

1:幼稚園

2019年10月から私立幼稚園や公立幼稚園ともに、幼児教育無償化の対象になり、国から補助が出ます。保護者の収入に関わらず、月額25,700円まで補助されます。

ただし、幼稚園入園時に必要な園指定の制服やカバン、道具、用具、靴などは実費でかかるので、入園説明会で幼稚園の書類などを見て用意します。入園時の費用は制服代により違いますが、25,000円~40,000円ぐらいかかるでしょう。

2:小学校

公立小学校の学費は、義務教育なのでありません。でも入学時にランドセル、規定の制服がある場合は制服、靴、手下げカバン、文房具は新調する必要があります。

2年生になってからも必要になるのが給食費、PTA会費、工作や遠足、見学に掛かる実費、中学受験のための塾や習い事などです。また、学童保育を利用する場合は保育費、小学校5年~6年にかけて修学旅行費の積み立てもあり、6年間で総額200万円程かかります。

3:中学校

2018年(平成30年)に実施された「子供の学習費調査の結果について」によると、公立中学校の総教育費は 48万8,397円で、私立中学校は140万6,433円でした。

公立・私立共に中学校入学で必要なものは、制服の他に指定学用品であるカバン・運動着・靴、授業のための必要用具実費などがあります。

私立中学校の場合、さらに授業料、学校への寄付金や施設費、通学費、海外への修学旅行の積み立てもあります。

4:高校

2018年実施の「子供の学習費調査の結果について」によると、公立高校の総教育費は45万7,380円で、私立高校は96万9,911円でした。内訳は義務教育と変わらず、高校への進学率は98.9%です。

公立高校では、保護者の年収910万未満が授業料無償化の対象で、私立高校でも国から就学支援金や、都県からの補助制度があります。しかし、他県の高校に入学した場合は補助制度を受けることが出来ない場合もあります。

子供を二人育てるには年収が足りないときの対処法7つ

子供二人を育てるのに、どうしても年収が足りない場合があります。しかし年収が足りないがために、子育てを諦める必要はありません。

気持ちに余裕を持って子供二人の子育てをするために、対処法を考えていきましょう。

1:転職を考える

まずは今よりも年収の高い仕事へ転職する方法があります。

転職する際には、子供二人の急病に対応してくれるか、また勤務先と幼稚園や学校との距離等も視野に入れると良いでしょう。

2:保険料などの固定費を見直す

独身時代に入った保険がそのままになっていたり、子供二人になる前に契約した保険のままであったりすることがあります。保険料を見直すことで思わぬ無駄に気がつけるかもしれません。

車や住宅ローン等も契約時と現在では、状況が異なっている可能性があります。

3:夫婦共働きにする

夫婦共働きにすると収入が増えます。子供二人が小さいうちはなかなか難しいと考えがちですが、夫婦間、地域社会で協力し合えば共働きも可能です。

転職をする時と同様に、子供二人に何かあったときすぐ対応できる勤務先を見つけられると安心です。

4:食費や生活費などを切り詰める

食費や電気、ガス、光熱水道費等の生活費の節約は思い立った時から容易に行動に移すことができます。1つの行動ではわずかな節約にしかならなくても、ちりも積もれば山となります。

5:子育て支援制度を利用する

仕事と子育ての両立を可能にするための制度として、子育て支援制度があります。新制度では保育や教育の場を増やす政策をしています。

金銭的な支援はもちろんのこと、子供二人の預け先や教育の場についてヒントがあるかもしれません。

6:副業を考える

すでに共働きをしている、休日なら時間を作ることが出来そうといった場合には副業という選択肢もあります。

副業は多様化しており、自宅にいながら家事・子供二人の育児の負担を圧迫することなくできるものがあります。

7:プロに無料相談してみる

インターネットや本で情報を集め、自分なりに対応法を考えても上手くいかない場合があります。そんな時はプロに相談してみましょう。ファイナンシャルプランナーの無料相談等がおすすめです。

プロの目で見てアドバイスしてもらえるのはとても心強いです。

子供二人を育てるときの年収の注意点4つ

年収を計算する際に気を付けておきたいのが、年収と手取りの差額です。

年収は給料、ボーナス、手当など支払額の総額ですが、そこから税金、保険料、社会保険料などが引かれて、手取り金額になります。ボーナスの割合が高い会社員は、月額の手取りが低めになります。

1:子供にどこまで養育費をかけるか

子供二人に掛ける養育費をいくらに設定するのかによって、年収の使い方も変わります。

将来の投資だからと、私立の小中学校に入れて私立の高校、大学に入れるとかなりの予算が掛かります。

しかし、公立の義務教育と、公立の高校、国公立の大学に進学すると、年収が低い家庭でも無理なく実現可能で、老後のたくわえを考える余裕ができます。年収と子供2人と相談の上、適切な金額を設定する必要があります。

2:持ち家かどうか

老後、持ち家があることで家計費が安く済みます。

でも都心など価格の高い地域の、マンションや新築一戸建てなどを選ぶと住宅ローンが重くのしかかることになります。

さらに子供が小さなときに購入することで初期費用を用意しやすくなりますが、住宅ローンが高額になったころ、子供2人が進学の時期を迎えるタイミングになる場合、家計の負担が増大します。自宅を購入する場合、ローン返済額は年収の2割以内に納めましょう。

3:老後まで考えておく

子供二人いると、どうしても教育費や食費など日々の暮らしに必要な費用を優先してしまうので、保護者の老後の資金まで頭が回らないのが現状でしょう。

しかし、定年と老後の生活は必ずやってきます。年収の1~2割を貯蓄に回して、夫婦二人で元気に暮らしてゆくためにも、老後の資金作りが大切です。

4:居住地域を考える

家に掛かる費用も長期にわたって必要になるため、どこに住むのか考える必要があります。

都内に仕事場があるからと言って都内に住む必要はありません。テレワークの進んでいる現在、アクセスの良いベットタウンに住むことや、あえて地方に住むことで、住環境もいい広い部屋のある安価な家に住むことができるでしょう。

さらに物価の安い地域では、生活費を低く抑えることができます。

子供二人を育てるとき環境によって必要となる年収が変わる

子供二人の子育てと一口に言っても、各家庭によりその内容は異なります。低収入だから、高収入だからということはなく、大切なのは家庭の環境に見合っているかどうかです。

家族全員が穏やかに過ごせるよう、年収に見合った暮らし方を考え実践してみましょう。

▼この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます。

初回公開日:2020年07月15日

更新日:2021年11月30日

記載されている内容は2020年07月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
ヨーグルトを離乳食として食べさせても大丈夫?食べさせる時の注意点もご紹介
子育て
2021年12月03日

ヨーグルトを離乳食として食べさせても大丈夫?食べさせる時の注意点もご紹介

早期教育を子どもに受けさせるメリットとデメリットとは?気を付けることも紹介
子育て
2021年12月03日

早期教育を子どもに受けさせるメリットとデメリットとは?気を付けることも紹介

放任主義の育児のメリットとデメリット|実践するうえでのポイントも解説
子育て
2021年12月03日

放任主義の育児のメリットとデメリット|実践するうえでのポイントも解説

「柊」の入った名前104選|漢字の意味やイメージもあわせて紹介
子育て
2021年12月03日

「柊」の入った名前104選|漢字の意味やイメージもあわせて紹介

漢字で表す「ひなた」の名前190例|男の子と女の子別に多数ご紹介
子育て
2021年12月03日

漢字で表す「ひなた」の名前190例|男の子と女の子別に多数ご紹介

プラレールを収納するコツとアイデアを紹介!100均や無印を活用する方法は?
子育て
2021年12月03日

プラレールを収納するコツとアイデアを紹介!100均や無印を活用する方法は?

「碧」の漢字を使った名前の例68選!意味や由来についても解説
子育て
2021年12月03日

「碧」の漢字を使った名前の例68選!意味や由来についても解説

秋生まれの子におすすめの名前例288選!イメージする言葉も合わせて紹介
子育て
2021年12月03日

秋生まれの子におすすめの名前例288選!イメージする言葉も合わせて紹介

「咲」を使用した名前のパターン107選!漢字の意味や由来も知っておこう
子育て
2021年12月03日

「咲」を使用した名前のパターン107選!漢字の意味や由来も知っておこう

「白」という漢字を使った男女別の名前210選!文字の意味や由来も合わせて紹介
子育て
2021年12月03日

「白」という漢字を使った男女別の名前210選!文字の意味や由来も合わせて紹介

「しおん」と読める漢字の名前総合124選!イメージと名付けのポイントも紹介
子育て
2021年12月03日

「しおん」と読める漢字の名前総合124選!イメージと名付けのポイントも紹介

ダイソーのスキレットの種類とは?メリットやお手入れ方法も紹介
子育て
2021年12月01日

ダイソーのスキレットの種類とは?メリットやお手入れ方法も紹介

ダイソーのおすすめおもちゃ24選|収納できる100均グッズも紹介
子育て
2021年12月01日

ダイソーのおすすめおもちゃ24選|収納できる100均グッズも紹介

子どもの非認知能力の育て方5つ|幼少期に伸ばすことの重要性も解説
子育て
2021年12月01日

子どもの非認知能力の育て方5つ|幼少期に伸ばすことの重要性も解説

名前の「さら」に当てるかわいい漢字104選!イメージもあわせて紹介
子育て
2021年12月01日

名前の「さら」に当てるかわいい漢字104選!イメージもあわせて紹介

【素材別】てるてる坊主の簡単な作り方!吊るし方や処分方法も紹介
子育て
2021年12月01日

【素材別】てるてる坊主の簡単な作り方!吊るし方や処分方法も紹介

使う漢字から見る「えま」の名付けパターンを紹介!意味や由来も
子育て
2021年12月01日

使う漢字から見る「えま」の名付けパターンを紹介!意味や由来も

「蓮」を使った名前155選!意味・由来や漢字の印象なども紹介
子育て
2021年12月01日

「蓮」を使った名前155選!意味・由来や漢字の印象なども紹介

「雫」の漢字を使った人気の名前12選|読み方やイメージも解説
子育て
2021年12月01日

「雫」の漢字を使った人気の名前12選|読み方やイメージも解説

「楓」の意味や由来は?楓を使った名前を男の子・女の子ともに紹介
子育て
2021年12月01日

「楓」の意味や由来は?楓を使った名前を男の子・女の子ともに紹介