子供と過ごす時間は短い?!一緒にいる中で保護者ができる10個のこと

一生のうちに子供と過ごす時間は非常に短いものです。スキンシップや愛情表現をしたり、一緒に遊んだりと「量」より「質」を重視して過ごすことが大切です。そうすることが子供にとって安らぎを感じられる素敵な時間となることでしょう。

子供と過ごす時間は短い?!一緒にいる中で保護者ができる10個のこと

子供と過ごす時間は一生のうちにどのくらい?

一生のうちに子供と過ごす時間が実は非常に短いことはご存じでしょうか。ただでさえ短いのにもかかわらず、共働き世帯の増えている現在「仕事から帰って家事もしながら育児もする」となれば、さらに子供と過ごす時間は減ってしまいます。

大切な我が子と過ごす貴重な時間に何をすればよいかわからない保護者のために、この記事ですべきことを紹介します。

子供が成長するにつれ一緒に過ごす時間は少なくなる

子供が成長するにつれ、一緒に過ごす時間はどんどん少なくなると言われています。

平日に子供と過ごす時間を見ると、1歳6か月の時点で母親は「6時間以上」が74.6%ですが、4歳6か月になると54.0%と減少しています。父親に関しても2時間以上の割合が減少しており、平日においては父母どちらも子供と過ごす時間は少なくなっていると言えます。

出典:第5回21世紀出生児縦断調査結果の概況|厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/syusseiji/05/kekka3.html

子供と過ごす時間で大切なのは「量」より「質」

子供と過ごす時間で大切なのは「量より質」であると言われています。

実際に子育てをしていて良かったと思うことを調査すると「子供の成長によろこびを感じる」という項目が高い水準となっています。

どれだけ一緒に過ごしたかよりどう過ごしたか

子供と過ごす時間の「質」を高めるためにも、どれだけ一緒に過ごしたかよりどう過ごしたかが大切です。

子供と一緒に過ごす時間も、保護者がスマホやパソコンを触っていては子供とのコミュニケーションやスキンシップの貴重な機会を逃してしまいます。貴重な機会を無駄にしないためにも、今しかない一瞬にしっかりと子供と向き合って過ごすことが生涯における財産となるでしょう。

子供と過ごす時間の中で保護者がすべき10個のこと

子供と過ごす時間が短いのであれば、貴重な時間を充実させたいと思う保護者が多いでしょう。そのような子供と過ごす貴重な時間の中で、保護者がすべきことを10個紹介していきます。

1:積極的にスキンシップを取る

子供と過ごす時間の質を高めるためには、積極的にスキンシップを取ることが大切です。

父親が子供と過ごす時間が短い家庭も多く、実際に父親が子供と過ごす時間が長い方が、子育てにおいて良くなったというデータが出ています。そのため、子供と一緒に過ごす時間を作り積極的にスキンシップを取ることで、家族の絆が深まり幸福感を高められるでしょう。

出典:第2章 心のケア 各論|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/002/003/010/004.htm

2:ストレートに愛情表現をする

子供に対して、ストレートに愛情表現することは大切です。

子供の成長や一緒にいる時間に幸せを感じていることを伝えなければ、子供は辛い想いをする可能性があります。近年、ワーキングマザーが多くなり保育者が保育士や幼稚園の先生である割合が増加しているため、家では保護者から子供に愛情表現することが大切です。

子供は保護者からの愛情を受けると「自他を尊重し、お互いを思いやり感謝し共感する心」「他者との関係を調整する力、コミュニケーション能力の育成」「公徳心を持ち、ルールを遵守すること」など大人になる上で必要な姿勢が身に着くと期待されています。

3:子供より早起きする

子供と過ごす時間を少しでも多く作るためには、子供より早起きすることが大切です。

子供の生活時間は2歳6か月と4歳6か月を比較すると、起床時間は午前8時以降が減少、就寝時間は午後10時以降が減少しており、成長するにつれて早寝早起きの生活習慣が身につきます。

4歳6か月になるとほとんどの子供が保育園か幼稚園に通うため、早寝早起きの生活習慣が整ったのではないかと考えられます。

出典:第5回21世紀出生児縦断調査結果の概況|厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/syusseiji/05/kekka2.html

4:スマホやパソコンばかり触らない

近年、電車でもほとんどの乗客がスマホを触り、カフェでもビジネスマンがパソコンで仕事するなど、スマホやパソコンを日常的に使うことが当たり前になっています。しかし、子供と過ごす時間にスマホやパソコンばかり触るのはよくありません。

ワーキングマザーの増加や、子育て費用に負担を感じる保護者が多いため、家でもパソコンで仕事をしたり、保護者が自分の時間としてスマホを触ったりするのは仕方ないでしょう。

しかし、子供の成長機会は生涯に一度しかありません。子供の声にしっかり耳を傾けることを最優先させましょう。

5:子供と一緒にお風呂に入る

子供と過ごす時間を充実させるためには、子供と一緒にお風呂に入ることも大切です。

現代においては、女性の就業率が年々増加しています。そのため、日中に保護者と過ごす時間は少なく、帰宅後にやっと保護者とゆっくり過ごせる時間が訪れます。

そのような時間を少しでも長く過ごすために、一緒にお風呂に入ることも親子のコミュニケーションを取れる良い場だと言えます。

6:子供の習い事を一緒に楽しむ

子供と過ごす時間を充実させるには、子供の習い事を一緒に楽しむことも大切です。

3歳6か月では習い事している子供が2割なのに対し、4歳6か月になると4割まで増加します。そのため、習い事を一緒に楽しむことで親子の時間が充実し、子供の習い事に対する習熟度も高まるでしょう。

出典:第5回21世紀出生児縦断調査結果の概況|厚生労働省
参照:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/syusseiji/05/kekka2.html

7:子供と一緒に家事をする

子供と過ごす時間を充実させるためには、子供と一緒に家事することも大切です。

共働きの保護者が多い現代では、仕事から帰宅後、育児と家事の両立に悩む家庭もあるでしょう。家事があるので子供と遊べないという悩みを、子供と一緒に家事することで解消できます。

子供と家事することで、お手伝いの楽しさを感じてもらえたり、たくさんの学びを得られる良い時間となるでしょう。

8:できるだけ家族揃って食事をとる

子供とより充実した時間を過ごすために、できるだけ家族揃って食事をとることが大切です。

一週間のうち家族そろって食事する日数の調査によると、朝食は「ほとんどない」が最も多い30.6%、夕食は「2~3日」が36.3%と最も多い結果となりました。

共働き夫婦が増えている現代、毎日家族揃って食事することで子供と過ごす時間を増やせるのではないかと考えられます。

出典:子どもの育ちをめぐる現状等に関するデータ集|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/053/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2009/03/09/1236114_3.pdf

9:子供のできたことを褒めてあげる

子供と過ごす時間において、子供のできたことを褒めてあげることも大切です。

「子育の良いところは子供の成長に喜びを感じること」だという保護者が多くいます。保護者は子供の成長に喜びを感じ、その喜びを子供にしっかり伝えてあげることが重要だと言えます。子供のできたことを褒めることで子供は自己肯定感を高め、成長する糧となるでしょう。

10:休日は一緒に思いっきり遊ぶ

子供と過ごす時間の質を上げるためには、休日は一緒に思いっきり遊んであげてください。

共働きの保護者が多い現代、平日に遊ぶ時間がとれない家庭も多いでしょう。そのため、休日は一緒に思いっきり遊び、保護者との充実した時間を過ごすことが子供の人生においての貴重な経験となるでしょう。

自分の保護者と過ごす時間はどのくらい?

昨今では、高齢化社会が加速し平均寿命は男性が81.41歳、女性が87.45歳と年々伸びている傾向にあります。

しかしながら、核家族化が増加している現代において、自分の保護者に残りの人生で会える回数は限られてくると言えます。

出典:高齢社会の現状と文部科学省の施策等について|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo2/011/siryou/__icsFiles/afieldfile/2016/11/18/1379494_1.pdf

保護者と過ごす時間のほうがずっと短い

この記事では、子供と過ごす時間の短さについて紹介してきましたが、自分の保護者と過ごす時間のほうがずっと短くなります。

同居していれば毎日会えますが、別居していると1年でも会う頻度は限られるでしょう。自分の子供と過ごす時間を大切にするのと同じように、自分の保護者と過ごす時間も大切にしていくべきではないでしょうか。

子供と過ごす時間を大切にしよう

子供と過ごす時間はとても短く、貴重な時間です。

後々後悔しても、子供の「あの時の一瞬」は戻ってきません。しっかりと子供と向き合い、スキンシップやコミュニケーションを取ることが、子供にとっても保護者のみなさんにとっても生涯においての素敵な時間となるでしょう。

初回公開日:2021年03月06日

更新日:2021年10月25日

記載されている内容は2021年03月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
ヨーグルトを離乳食として食べさせても大丈夫?食べさせる時の注意点もご紹介
子育て
2021年12月03日

ヨーグルトを離乳食として食べさせても大丈夫?食べさせる時の注意点もご紹介

早期教育を子どもに受けさせるメリットとデメリットとは?気を付けることも紹介
子育て
2021年12月03日

早期教育を子どもに受けさせるメリットとデメリットとは?気を付けることも紹介

放任主義の育児のメリットとデメリット|実践するうえでのポイントも解説
子育て
2021年12月03日

放任主義の育児のメリットとデメリット|実践するうえでのポイントも解説

「柊」の入った名前104選|漢字の意味やイメージもあわせて紹介
子育て
2021年12月03日

「柊」の入った名前104選|漢字の意味やイメージもあわせて紹介

漢字で表す「ひなた」の名前190例|男の子と女の子別に多数ご紹介
子育て
2021年12月03日

漢字で表す「ひなた」の名前190例|男の子と女の子別に多数ご紹介

プラレールを収納するコツとアイデアを紹介!100均や無印を活用する方法は?
子育て
2021年12月03日

プラレールを収納するコツとアイデアを紹介!100均や無印を活用する方法は?

「碧」の漢字を使った名前の例68選!意味や由来についても解説
子育て
2021年12月03日

「碧」の漢字を使った名前の例68選!意味や由来についても解説

秋生まれの子におすすめの名前例288選!イメージする言葉も合わせて紹介
子育て
2021年12月03日

秋生まれの子におすすめの名前例288選!イメージする言葉も合わせて紹介

「咲」を使用した名前のパターン107選!漢字の意味や由来も知っておこう
子育て
2021年12月03日

「咲」を使用した名前のパターン107選!漢字の意味や由来も知っておこう

「白」という漢字を使った男女別の名前210選!文字の意味や由来も合わせて紹介
子育て
2021年12月03日

「白」という漢字を使った男女別の名前210選!文字の意味や由来も合わせて紹介

「しおん」と読める漢字の名前総合124選!イメージと名付けのポイントも紹介
子育て
2021年12月03日

「しおん」と読める漢字の名前総合124選!イメージと名付けのポイントも紹介

ダイソーのスキレットの種類とは?メリットやお手入れ方法も紹介
子育て
2021年12月01日

ダイソーのスキレットの種類とは?メリットやお手入れ方法も紹介

ダイソーのおすすめおもちゃ24選|収納できる100均グッズも紹介
子育て
2021年12月01日

ダイソーのおすすめおもちゃ24選|収納できる100均グッズも紹介

子どもの非認知能力の育て方5つ|幼少期に伸ばすことの重要性も解説
子育て
2021年12月01日

子どもの非認知能力の育て方5つ|幼少期に伸ばすことの重要性も解説

名前の「さら」に当てるかわいい漢字104選!イメージもあわせて紹介
子育て
2021年12月01日

名前の「さら」に当てるかわいい漢字104選!イメージもあわせて紹介

【素材別】てるてる坊主の簡単な作り方!吊るし方や処分方法も紹介
子育て
2021年12月01日

【素材別】てるてる坊主の簡単な作り方!吊るし方や処分方法も紹介

使う漢字から見る「えま」の名付けパターンを紹介!意味や由来も
子育て
2021年12月01日

使う漢字から見る「えま」の名付けパターンを紹介!意味や由来も

「蓮」を使った名前155選!意味・由来や漢字の印象なども紹介
子育て
2021年12月01日

「蓮」を使った名前155選!意味・由来や漢字の印象なども紹介

「雫」の漢字を使った人気の名前12選|読み方やイメージも解説
子育て
2021年12月01日

「雫」の漢字を使った人気の名前12選|読み方やイメージも解説

「楓」の意味や由来は?楓を使った名前を男の子・女の子ともに紹介
子育て
2021年12月01日

「楓」の意味や由来は?楓を使った名前を男の子・女の子ともに紹介