良いの冬休みの過ごし方とは?知っておきたい3つのポイント

初回公開日:2021年05月08日

更新日:2021年05月08日

記載されている内容は2021年05月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

冬休みは短い期間にクリスマスや正月などイベントも多く、子どもにとって楽しみがいっぱいです。それに伴って生活サイクルが崩れがちになり、身についていた学習習慣も乱れてしまうことがあるでしょう。子どもが良い冬休みを過ごすポイントを紹介していきます。

良いの冬休みの過ごし方とは?知っておきたい3つのポイント

冬休みの過ごし方の3つのポイント

夏休みや春休みに比べてイベントや行事が多かったり、寒いために行動が制限される冬休みの過ごし方は、若干の工夫が必要になるでしょう。特に、豪雪地帯や北国の小学校では冬休みが長く、さらに子どもが飽きてしまいがちになるでしょう。

楽しく充実した冬休みの過ごし方のポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1:規則正しい生活をする

クリスマスや正月、帰省など非日常的なイベントがあると、生活サイクルが崩れやすくなります。普段規則正しく生活している子どもも、一度夜更かしすると自然に起床する時間が遅れ、生活リズムが乱れます。

一度乱れた生活習慣を戻すのは大変なので、なるべく冬休み中も規則正しい生活を心がけさせましょう。特に、始業式の日の1週間くらい前からは、普段どおりの生活を取り戻させ、なるべく負担なく学校生活をリスタートできるようにサポートしましょう。

2:計画性のある冬休みにする

授業で遅れをとっている子どもにとって、長い休みは遅れを取り戻す良い機会ですが、イベントの多い冬休みは、あっという間に過ぎていきます。冬休みに入る前にしっかりと勉強やイベントのスケジュールをたて、計画性のある冬休みの過ごし方をしましょう。

勉強で苦労する子どもは、学習習慣が身についていないことが往々にしてあるでしょう。それでなくても年末年始をはさむ冬休みは、勉強が疎かになりがちです。冬休み中は短い時間でも毎日確実に勉強させましょう。

3:遊びと勉強のメリハリをつける

たくさんのイベントや楽しみがある冬休みは、勉強と遊びのメリハリを考慮した計画をたてましょう。例えば、行事のある日は勉強時間を短くし、その代わりに予定のない日は落ち着いて勉強する時間をとります。

そのためには、前述したとおり、冬休みに入る前に親子でイベントと家庭学習の計画表を作るなど、スケジュールを整理しておきましょう。これによって、冬休みへの期待が高まるだけでなく、楽しみに向けて勉強を頑張るよう子どもに促すことができます。

小学生におすすめの冬休みの過ごし方

小学生にはその時期にしかできない冬休みの過ごし方をおすすめします。家庭によって考え方や方針はさまざまですが、お金を使わなくても楽しく充実した時間を過ごすことはできるのではないでしょうか。

子どもにとって良い思い出になるような、小学生におすすめの冬休みの過ごし方を紹介します。

1:家族の時間を作る

冬休みなどの長期休暇は、家族でゆっくりと過ごす時間をとるのがおすすめです。普段、保護者は仕事や家事、子どもは学校や塾、クラブ活動などで忙しく、家族で同じ時間を過ごすことが難しい家庭も多いでしょう。

しかし、年末年始は長期の休みをとれる保護者も多いため、その場合は家族全員で長い時間を過ごすことができます。年末は家族で大掃除をしたり、お節料理を作るのも良いでしょう。正月はテレビを見たり、カードゲームやボードゲームをしたりするのも楽しいのではないでしょうか。

2:年賀状を作成してみる

年賀状は、日頃お世話になっている人に感謝を伝えたり、簡単に会えない人に近況を報告できる大切な正月の風習です。冬休みには、ぜひ年賀状作りに取り組んでみましょう。

保護者が印刷した年賀状に子どもがメッセージや好きな絵などを書いても、白紙の年賀状に一から子どもが書いても良いでしょう。仲の良い友達や遠方の祖父母など宛に送ると喜ばれます。

3:ウィンタースポーツを楽しむ

スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツは、冬休みに経験するのにぴったりです。これらは小学校の授業では体験できないことが多いため、冬休みに挑戦してみましょう。

また、冬休み中は小学生を対象としたスキーツアーなどもあります。子どもだけで参加させるのは心配ではありますが、経験豊富なスタッフがサポートしてくれます。ツアーから帰ってきた我が子は、一回り成長しているでしょう。

さらに、積雪の多い地域まで足を運んで本格的なかまくらを作ったり、雪合戦をするのも楽しいでしょう。普段めったに雪を見られない子どもたちにとって、たくさんの雪に触れて遊ぶのは貴重な経験です。

4:年末年始などの行事を楽しむ

冬休み中はクリスマスや正月など、他の長期休暇に比べてイベントが多いのが特徴です。これらの行事を利用し、手作りの喜びを味わうことができます。

例えば、クリスマスはケーキを手作りしたりツリーやリースなどの飾りつけを楽しめます。正月のお節料理作りや餅つきなどは食育を兼ねた楽しい学びの場でもあります。

また、書初めや凧揚げなど正月ならではの風習や遊びは家族とのコミュニケーションにも一役買うでしょう。年末年始の行事を楽しむことで、特にどこにも出かけなくても、楽しい冬休みの過ごし方ができます。

5:親戚との集まりに参加する

年末年始に家族で保護者の実家へ帰省し、親戚が集う習慣がある家庭も多いでしょう。また、普段会えない祖父母や従兄弟などに会えることを楽しみにしている子どももたくさんいるでしょう。

こうした親戚の集まりでは子どもが祖父母や親戚からお年玉をもらう機会も多く、もらったお年玉でお金の使い方を学ぶことができます。小学生にとって親戚の集まりは、楽しみの場であり学びの場でもあります。

6:冬季講習やウィンタースクールに参加してみる

学習塾や習い事教室では冬休みに冬季講習やウィンタースクールなどが実施される場合があります。冬休みに子どもの成績を伸ばしたい場合や短期で一度体験させたい場合は、これらに参加してみると良いでしょう。

普段から通っている塾で冬季講習があるならば安心です。また、塾に通っていない場合でも、試しに冬休みだけの短期講習を受けてみても良いでしょう。

なお、最近ではプログラミング教室や英会話スクールの人気が高くなっています。一度体験してみても良いでしょう。オンライン授業を採用しているところも増えています。

冬休みの学習は計画的に!

冬休みに学校から出される宿題は、それほど多いものではないでしょう。そのため、学習塾に通っていない場合は、学校の宿題プラスαとして、二学期の復習ができる問題集を冬休みの間にこなせるのが理想です。

イベントや楽しみが多く、生活習慣が乱れやすくなる冬休みですが、毎日確実に勉強が継続できるように、しっかりと計画を立てる必要があります。そのためには、冬休みに入る前にすべての勉強量を決め、それを割り振っていきましょう。

良い冬休みの過ごし方をしよう

お金をかけたり遠くに出かけなくても、充実した楽しい記憶として子どもが将来思い出せるように、保護者は冬休みの過ごし方を考えましょう。

それと同時に、冬休みは勉強の習慣を定着させたり、遅れていた勉強を取り戻す良い機会でもあります。子どもの自主性を尊重しながら、親子で遊びと勉強のメリハリをつけたスケジュールを立て、生活習慣が大きく乱れないよう子どもに声がけしていきましょう。

RELATED
二十節気「処暑」とはどんな季節?処暑に聞こえる虫たちの音楽会をご紹介
子育て
2021年07月15日

二十節気「処暑」とはどんな季節?処暑に聞こえる虫たちの音楽会をご紹介

二十節気「立秋」とは?イベントや時期の美味しい食べ物についてご紹介
子育て
2021年07月15日

二十節気「立秋」とは?イベントや時期の美味しい食べ物についてご紹介

勉強に集中しやすい子供部屋のポイント7つ|レイアウトについても解説
子育て
2021年07月09日

勉強に集中しやすい子供部屋のポイント7つ|レイアウトについても解説

学習机の適切な大きさを考えるポイント9つ|おすすめの素材も紹介
子育て
2021年07月09日

学習机の適切な大きさを考えるポイント9つ|おすすめの素材も紹介

授業参観コーデはオフィスカジュアルがおすすめ!季節別のコーディネート24選
子育て
2021年07月09日

授業参観コーデはオフィスカジュアルがおすすめ!季節別のコーディネート24選

絵に描かれたモノや色使いから見る子供の心理総合23選|注意することなども解説
子育て
2021年07月09日

絵に描かれたモノや色使いから見る子供の心理総合23選|注意することなども解説

デザイン重視でランドセルを選ぶメリットとデメリット|人気の工房8選
子育て
2021年07月09日

デザイン重視でランドセルを選ぶメリットとデメリット|人気の工房8選

小学生が習い事をしてないのはどうなの?メリットとデメリットもあわせて紹介
子育て
2021年07月09日

小学生が習い事をしてないのはどうなの?メリットとデメリットもあわせて紹介

いい子症候群になるのは何が原因?特徴や症候群にしない子育て法について解説!
子育て
2021年07月09日

いい子症候群になるのは何が原因?特徴や症候群にしない子育て法について解説!

子供でもできるドリッピングとは?筆やストローなど用意するものややり方を解説
子育て
2021年07月09日

子供でもできるドリッピングとは?筆やストローなど用意するものややり方を解説

中間反抗期は成長している証拠!特徴や対処法について詳しく解説
子育て
2021年07月09日

中間反抗期は成長している証拠!特徴や対処法について詳しく解説

甘やかしてしまう事のデメリットとは?甘えさせる事のメリットについて解説
子育て
2021年07月13日

甘やかしてしまう事のデメリットとは?甘えさせる事のメリットについて解説

子供が使うタブレットに制限をかける方法とは?iOSとAndroid両者で解説
子育て
2021年07月09日

子供が使うタブレットに制限をかける方法とは?iOSとAndroid両者で解説

子供の記憶力を高める4つの方法|記憶効率の良い勉強のコツも紹介
子育て
2021年07月09日

子供の記憶力を高める4つの方法|記憶効率の良い勉強のコツも紹介

ワーキングメモリを鍛える遊び5つ|鍛えるためのポイントも紹介
子育て
2021年07月09日

ワーキングメモリを鍛える遊び5つ|鍛えるためのポイントも紹介

フィンランドと日本の教育はどう違う?特徴や違いについて詳しく解説!
子育て
2021年07月09日

フィンランドと日本の教育はどう違う?特徴や違いについて詳しく解説!

AIを教育に活用するメリット3つ|子供向けのプログラムや学習ツール7選も紹介
子育て
2021年07月09日

AIを教育に活用するメリット3つ|子供向けのプログラムや学習ツール7選も紹介

短時間でたくさん読める「飛ばし読み」とは?5つのコツと読み飛ばして良い部分
子育て
2021年07月09日

短時間でたくさん読める「飛ばし読み」とは?5つのコツと読み飛ばして良い部分

自由研究キットを選ぶポイントとは?学年別におすすめもあわせて紹介
子育て
2021年07月09日

自由研究キットを選ぶポイントとは?学年別におすすめもあわせて紹介

小学一年生にプレゼントでおすすめの絵本19選|名作シリーズなど様々な本を紹介
子育て
2021年07月09日

小学一年生にプレゼントでおすすめの絵本19選|名作シリーズなど様々な本を紹介