子供がお菓子ばかり食べる?そんな子育ての悩みを解決する5つの方法

初回公開日:2021年06月05日

更新日:2021年06月05日

記載されている内容は2021年06月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

子供がお菓子を食べすぎてしまうことに悩んでしまう保護者がいます。子供がお菓子ばかり食べるとどうなるのか、その解決法にはどのようなものがあるのか把握しておきましょう。子供がお菓子ばかり食べるといった悩みを抱えている方は参考にしてください。

子供がお菓子ばかり食べる?そんな子育ての悩みを解決する5つの方法

子供がお菓子ばかり食べるとどうなる?

子供がたくさん食べることは良いことです。しかし、その食べているものがお菓子ばかりであれば、子供の身体や成長にとって、あまりよくない状態となってしまうことがあります。

そのため、お菓子ばかり食べている子供がどのようになってしまうのかを把握しておく必要があります。

1:栄養が偏ってしまう

お菓子にもいろいろな種類がありますが、お菓子には子供の成長に必要な栄養などが含まれていないことも多くあります。そのため、お菓子ばかり食べていると、成長に必要な栄養が不足したり、摂取する栄養にも偏りができたりしてしまいます。

2:イライラしやすくなる

お菓子ばかり食べていて、栄養に偏りができている場合は、必要なだけの栄養を補給できていない可能性もあります。カルシウムが不足すると、イライラしやすくなると言われています。

子供がお菓子ばかり食べる時の5つの解決法

子供は自分でバランスの良い食事を考えて実践できるわけではありません。そのため、子供がお菓子ばかりを食べてしまうという場合には、保護者の方で子供の食べ物をコントロールして、お菓子ばかり食べてしまう状況を解決してあげる必要があります。

1:お菓子を一切与えない

子供がお菓子ばかりを食べる場合の強硬手段として、お菓子を一切与えないようにするという方法があります。また、子供はお菓子を見ると食べたくなってしまうので、お菓子が家にある場合は子供の目に入らない場所に隠して、徹底的に子供からお菓子を遠ざける必要があります。

子供は1回の食事で多くの量を食べることができない場合があります。おやつを活用して、食事だけでは足りない栄養を補うことも大切です。

おやつをお菓子からおにぎりやサンドイッチ、ヨーグルトなど、ご飯の代わりとなるものや不足した栄養を補うものなどに内容を変える方法もあります。

2:お菓子は食後を徹底する

お菓子は食べ始めると、大人でもなかなか止めることはできません。また、甘いものは満腹感を得やすいものです。そのため、食事の前にお菓子を食べてしまうと、肝心のご飯が食べられなくなってしまう場合があります。

そのようなことを避けるためにも、子供に甘いおやつを与える場合には食後のデザートとして与えると良いでしょう。食後であればすでにお腹がいっぱいなので、食べる量を抑えることができます。

3:お菓子について子供に考えさせる

お菓子を食べすぎると、いろいろなリスクを抱えることになります。

そのため、お菓子を食べすぎると、どうなるかを子供自身にも考えさせましょう。子供がお菓子ばかり食べることはいけないことだと認識し、お菓子を欲しがることを我慢できるようになる場合もあります。

4:保護者が見本となる

大人は自分の好きなタイミングでおやつを食べることができます。しかし、保護者が好きな時間におやつを食べていることを知ると、子供も食べたくなった時にお菓子をねだるようになってしまう可能性もあります。

子供が出かけている間や、子供が寝てからなどお菓子を食べている姿を見せていない場合でも、子供は捨てられたお菓子の袋を見つけたり、お菓子のストックが減っていたりすることから意外と敏感に保護者がお菓子を食べていることを察知するので注意しましょう。

そのため、子供の手本となるためにも、保護者もお菓子を食べる時間や量などを子供と一緒に守るようにしましょう。

5:おやつの時間を設ける

おやつの時間を不規則にしてしまうと、子供はいつおやつがもらえるのかわからないので、おやつへの欲求を我慢しなければいけない時もあります。おやつを我慢していることで、おやつが出てきた時に食べすぎてしまうこともあります。

そのようなことを避けるために、おやつの時間は決めておきましょう。おやつの時間を決めておくことで、いつ食べるか把握することができます。子供のおやつへの欲求が高まりすぎません。

お菓子について子供と一緒に考えてみる

子供がお菓子を食べすぎる場合には、お菓子ばかり食べることで、どのようなことが起こるのかを子供に考えさせることも重要です。

しかし、子供が自分だけでお菓子を食べ過ぎた場合について考えることは難しいものです。そのため、保護者も一緒になってお菓子の食べ過ぎについて考えてあげるようにしましょう。

お菓子ばかりを食べるのはやめて適量を!

子供は自分で栄養バランスを考えて食事することが困難です。そのため、子供がお菓子ばかり食べるという場合には、保護者が対応して、解決してあげる必要があります。

お菓子の食べ過ぎにはいろいろなリスクがあるので、保護者がお菓子の適量を考えてあげるようにしましょう。

RELATED
小学生がゲーム依存症にならない方法6選|子供の様子をチェックする事が大切
子育て
2021年06月05日

小学生がゲーム依存症にならない方法6選|子供の様子をチェックする事が大切

記憶力が悪い子供の記憶力を良くする方法5選|おすすめの習慣2つも紹介
子育て
2021年06月05日

記憶力が悪い子供の記憶力を良くする方法5選|おすすめの習慣2つも紹介

子供が自分の気持ちを言えない理由5選紹介!保護者ができる対応方法も解説
子育て
2021年06月05日

子供が自分の気持ちを言えない理由5選紹介!保護者ができる対応方法も解説

子供との休日は何をする?遊び上手になれるおすすめの過ごし方20選
子育て
2021年06月05日

子供との休日は何をする?遊び上手になれるおすすめの過ごし方20選

二十四節気とは|現代の暦の季節と異なる理由について解説
子育て
2021年06月04日

二十四節気とは|現代の暦の季節と異なる理由について解説

入学祝いのお返しとして贈る内祝いのマナー4つ|選び方についても紹介
子育て
2021年05月08日

入学祝いのお返しとして贈る内祝いのマナー4つ|選び方についても紹介

ワーキングメモリーが低い子供にはどのようなことが起こる?サポートの工夫6選!
子育て
2021年05月08日

ワーキングメモリーが低い子供にはどのようなことが起こる?サポートの工夫6選!

子どもへ本が与える影響とは?読書の効用11個と習慣づけるポイントをご紹介
子育て
2021年05月08日

子どもへ本が与える影響とは?読書の効用11個と習慣づけるポイントをご紹介

子供の発想力を鍛える方法9選を紹介!今後重要になる理由も解説
子育て
2021年05月08日

子供の発想力を鍛える方法9選を紹介!今後重要になる理由も解説

子供が怒りっぽくなる理由6つ|対処法と幼少期にさせておくべきこととは
子育て
2021年05月08日

子供が怒りっぽくなる理由6つ|対処法と幼少期にさせておくべきこととは

子供にとって消化に良い食べ物って何?食材やレシピ・調理方法10選紹介
子育て
2021年05月08日

子供にとって消化に良い食べ物って何?食材やレシピ・調理方法10選紹介

小学2年生におすすめの本32選をご紹介!本を渡すときのポイント
子育て
2021年05月08日

小学2年生におすすめの本32選をご紹介!本を渡すときのポイント

娘と保護者が一緒にお風呂に入るのはいつまで?卒業するタイミング5つ
子育て
2021年05月08日

娘と保護者が一緒にお風呂に入るのはいつまで?卒業するタイミング5つ

良いの冬休みの過ごし方とは?知っておきたい3つのポイント
子育て
2021年05月08日

良いの冬休みの過ごし方とは?知っておきたい3つのポイント

子供が謝らないときの心理とは?対処法6つや保護者ができることを紹介!
子育て
2021年05月08日

子供が謝らないときの心理とは?対処法6つや保護者ができることを紹介!

子どもに自転車の乗り方を教えるポイント9つ|練習の際の留意点もご紹介
子育て
2021年05月08日

子どもに自転車の乗り方を教えるポイント9つ|練習の際の留意点もご紹介

子供に読書習慣をつけるには?8つのメリットと保護者の役割を紹介!
子育て
2021年05月08日

子供に読書習慣をつけるには?8つのメリットと保護者の役割を紹介!

子どもの記憶力を鍛える方法12選|脳の働きやメリットもご紹介
子育て
2021年05月08日

子どもの記憶力を鍛える方法12選|脳の働きやメリットもご紹介

子どもの習い事おすすめ16選|通わせる際のメリットやデメリットを解説
子育て
2021年05月08日

子どもの習い事おすすめ16選|通わせる際のメリットやデメリットを解説

子供の記憶力を上げる方法9選紹介!正しい褒め方もわかりやすく解説
子育て
2021年05月08日

子供の記憶力を上げる方法9選紹介!正しい褒め方もわかりやすく解説