授業参観コーデはオフィスカジュアルがおすすめ!季節別のコーディネート24選

初回公開日:2021年07月09日

更新日:2021年07月09日

記載されている内容は2021年07月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

授業参観は、先生や他の保護者と顔を合わせる貴重な機会です。好印象を与えられる清潔感のあるコーデを選び、上品かつおしゃれに決めましょう。この記事では、季節ごとにふさわしいコーデや、なるべく避けたいNGコーデを紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

授業参観コーデはオフィスカジュアルがおすすめ!季節別のコーディネート24選

授業参観コーデのポイント

授業参観は子供の成長した姿を見られる貴重なイベントですが、普段会わない他の子の保護者と顔を合わせる機会でもあります。他の人はどんな服装で参加するのか、どんな服装で行けば印象よくおしゃれに見えるのか、悩んでしまう方も多いことでしょう。

この記事では、好印象を与える授業参観の服装を紹介します。服を選ぶ際の注意点と、季節ごとにおすすめの授業参観コーデをまとめています。ぜひ参考にしてください。

授業参観コーデの注意点5つ

授業参観の保護者の服装には決まりがありません。また、子供が通う小学校や中学校の地域性や、公立か私立かなどでも授業参観の雰囲気は変わってきます。しかし、どんな環境でも、授業参観で浮いてしまいやすいコーデには特徴があるため、しっかりと把握しておきましょう。

ここからは、授業参観の服を選ぶ際に、できる限り避けたいポイントを5つ紹介します。これから授業参観を控えている保護者の方は、ぜひ参考にしてください。

1:授業内容に合わせたコーデにする

授業内容によっては、保護者が参加する場合もあります。

例えば、体育の授業なのに、動きにくいタイトスカートやハイヒールで参加するのはNGです。また、図画工作の授業で、一緒にものづくりをするのに、汚れては困るようなキレイな服装で参加するのも良くありません。

授業内容は事前に通知されているため、しっかりと確認して授業内容に合わせたコーデを選びましょう。

2:目立ち過ぎない控えめコーデにする

目立ち過ぎる派手なビビットカラーの服は、子供の気が散ってしまうため、授業の邪魔になります。また、全身をブランド品で揃えたようなコーデも、悪目立ちしてしまいます。

学校によって雰囲気の違いはありますが、ほとんどの学校でこのようなファッションは授業参観コーデとしてふさわしくありません。

保護者もおしゃれに見られたい気持ちもあるでしょうが、「授業参観の主役は子供たち」ということを忘れないようにしましょう。

3:ラフになり過ぎないコーデにする

あまりラフすぎるコーデは清潔感がなく、悪目立ちするためNGです。

最近では、デニム素材などのカジュアルなコーデで参加する保護者も多く見られますが、フード付きのトップスや、ジャージ姿など、部屋着にも見えるような服装は控えましょう。

例えば、ボトムスがジーンズの場合はトップスをキレイめなシャツやブラウスにして、おしゃれ度を上げていきましょう。

また、授業参観の間だけ職場から抜けてくる場合など、制服のような仕事着で参加しなければならないときは、カーディガンやジャケットを羽織って対応すると自然になります。

4:アクセサリーや靴から音が出ないコーデにする

大ぶりのアクセサリーや装飾の多いアクセサリーは、少し動いただけで音が出てしまい子供たちの気が散ります。また、歩くたびにコツコツ音が鳴るハイヒールも避けましょう。

授業参観は子供たちが主役ですから、余計な音で授業の邪魔をしないよう気を付けましょう。

5:露出度が低いコーデにする

ミニスカートや肩の見える服などの露出の多い服装は、他の保護者からの印象が悪くなる傾向があるため、やめた方が無難です。また、保護者が露出の多い服装を着ていると、思春期の子供が嫌がることがあります。

露出度が低いコーデの方が、清潔感があり他の保護者からの印象も良くなります。夏の暑い日でも、露出度が高いコーデは避けましょう。

春夏におすすめの授業参観コーデ13選

春夏は新しい学年になって初めての授業参観であるため、初めて顔を合わせる他の保護者にも、好印象を与えるようなキレイめのコーデがおすすめです。

初夏の日差しの暑い日でも露出は抑えつつ、おしゃれで涼しげなコーデを目指しましょう。

1:ワンピースコーデ

ワンピースは、1枚で着られてコーデを考える必要がなく、それでいてキレイめに見える優秀アイテムです。

ただし、柄物は休日感が出てしまうため、ベージュやネイビーのようなシンプルなカラーのワンピースがおすすめです。フリルやカシュクールなどのデザインがあるワンピースを選んで、華やかさをプラスしましょう。

また、ジャケットやカーディガンなどの羽織りものと合わせやすいのもポイントです。きちんとした雰囲気がありながら、女性らしい柔らかな印象を与えてくれるでしょう。

2:白いシャツコーデ

白いシャツは清潔感があり、きちんとした印象を演出できることから、周りに好印象を与えるアイテムです。ボトムスには、ブラウンやカーキのようなアースカラーがおすすめです。さらに、小物やアクセサリーで明るい色を取り入れるとおしゃれ感が増すでしょう。

さらに、キレイめなスカートやパンツを合わせれば、授業参観の後にそのまま仕事に行き、お客様の対応をしても問題ないでしょう。

また、明るめのカラーのカーディガンを合わせると、こなれ感が出ておしゃれに決まります。

3:フリルブラウスコーデ

フリルブラウスは、1枚できちんと感と華やかさを演出できるアイテムです。さりげないフリルのあしらいで女性らしい華やかさを取り入れましょう。

可愛くなり過ぎないベージュやネイビーなどの落ち着いたカラーがおすすめです。また、フリルが主役になるように、ボトムスはシンプルなフレアスカートやパンツスタイルにするとすっきりまとまります。

4:リネンブラウスコーデ

リネン素材のブラウスは、梅雨や夏の暑い日の授業参観におすすめです。ふわりと柔らかいリネン素材が女性らしさを演出し、涼しげな見た目が周りからも親しまれるアイテムです。

ボトムスにフレアスカートを取り入れると、さらにフェミニンな装いになるため、おすすめです。

5:ワイドパンツコーデ

締め付け感のないワイドパンツは、ジメジメした夏の日でも涼しく過ごせておすすめです。ワイドパンツのコーデは、エレガントでトレンド感がある印象を与えられます。

トップスは、白ニットやブラウスですっきりまとめると清潔感があっておしゃれに決まります。また、センタープレス入りのワイドパンツだと、エレガントさが増して品のある装いになります。

6:アンクルパンツコーデ

アンクルパンツは、動きやすいのにきちんと感もある便利なアイテムです。足首を見せることできっちりし過ぎず、シルエットがすっきりしてスタイル良く見えるのが魅力です。

アンクルパンツをはく場合は、柄物だとカジュアルになってしまうため、シンプルなものにしましょう。

7:テーパードパンツコーデ

テーパードパンツのコーデは、美脚に見せて上品なスタイルを演出してくれます。裾に向かって細身になる形であるため、ぽっちゃり体型の方も下半身がすっきり見えてスタイルアップが叶います。

きちんと感のあるテーバードパンツと合わせるのであれば、ギンガムチェックなどの柄物トップスを取り入れて、少しカジュアル感を出すのもおすすめです。

8:ストライプパンツコーデ

ストライプパンツは、縦ラインによる脚長効果が期待できるベーシックアイテムです。ストライプがアクセントになり、シンプルなトップスとの相性がよく、コーデを考えやすいのもポイントです。

また、甘めのブラウスと合わせても、ストライプパンツが全体を引き締めてくれるため、可愛くなり過ぎず上品なコーデになります。

9:フレアスカートコーデ

定番のフレアスカートは、周りからのウケが良く女性らしさを演出できます。

フレアスカートとシャツを合わせれば、程よく可愛くて上品な定番スタイルとなります。子供からも他の保護者からも好印象なコーデです。

また、黒のフレアスカートはどんな色にも合わせやすく、手持ちのトップスとも合わせやすいため、おすすめのアイテムと言えるでしょう。

10:レーススカートコーデ

レーススカートはフェミニンで華やかな印象を与えることができます。授業参観にレーススカートを取り入れる場合は、清潔感のある着こなしを目指しましょう。

ネイビーなどの落ち着いたカラーのレーススカートや、マリンボーダーのような爽やかなトップスを合わせると、色っぽさを抑えて好印象を与えるフェミニンスタイルに仕上がります。

11:ロングスカートコーデ

ロングスカートは露出度が低く大人っぽい着こなしができるため、周囲に好印象を与えてくれるアイテムです。

ただし、柄物やフリルの多いデザインのものは悪目立ちしてしまうため、単色でシンプルなデザインのものがおすすめです。また、少々動きにくいというデメリットもあることから、体育や工作の授業に保護者が参加するようなときは避けた方が無難です。

12:リネンジャケットコーデ

サラッとした肌触りのリネンジャケットは、春夏の上着としておすすめです。ジャケットとしてコーデ全体を引き締めてくれて、かつ、きちんとし過ぎずこなれた印象を持たせてくれる優秀アイテムです。

涼しげなベージュのリネンジャケットを羽織れば、上品な装いで周りにも好印象を与えてくれます。コーデに迷ったらリネンジャケットでおしゃれ度を格上げしましょう。

13:スカーフを合わせたコーデ

スカーフを巻くだけで上品な印象がプラスされるため、授業参観コーデにぴったりなアイテムです。

シンプルなコーデに、アクセントとして取り入れるのがおすすめです。また、首に巻くだけでなく、バッグに巻いてもコーデを格上げしてくれるため、簡単におしゃれに決まります。

秋冬におすすめの授業参観コーデ10選

秋冬の授業参観になると、肌寒くなりアウターが必須になります。しかし、授業中はアウターを脱いで手に持つことになるため、脱いでも問題ないようにしっかりコーデを選びましょう。

秋冬は、キャメルやボルドーなど暖かみのあるカラーや、チェック柄が人気です。寒い時期におすすめの授業参観コーデをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

1:ワンピースとジャケットコーデ

授業参観などの学校行事での定番コーデと言えば、ワンピースとジャケットを合わせたコーデです。無地のワンピースにノーカラージャケットの組み合わせは、定番のフォーマルコーデで入学式でも使用できます。

明るい印象の白と、黒やグレーなどの落ち着いた色を取り入れると、さらに落ち着いた大人っぽい雰囲気に仕上がります。授業参観はきちんとした服装でも構いませんが、白×ベージュや、ベージュ×ネイビーなどの組み合わせにしてカジュアル感を出すのもおすすめです。

2:シャツワンピコーデ

1枚できちんと見えるシャツワンピースは、授業参観におすすめです。ただし、丈が短いと露出が多くなり、良くない印象を与えてしまうため、膝下までの長めの丈のものを選びましょう。

また、ネイビーやベージュなどの落ち着いたカラーを選ぶと上品に見えます。半袖の場合は、教室でアウターを脱いだ後に肌寒い可能性があります。カーディガンやジャケットなどの羽織りものも持参しましょう。

3:ノーカラージャケットコーデ

ノーカラージャケットは、女性らしい雰囲気でありながら、きちんとした印象を演出してくれる便利なアイテムです。

ノーカラージャケットと同系色のボトムスを組み合わせると、スーツのようでかっちりし過ぎてしまうため、黒×グレー、黒×ブラウンなど異なる組み合わせにしましょう。黒系カラーを取り入れると、秋冬らしいこなれ感が出てきます。

4:セットアップコーデ

セットアップの利点は、コーデに悩まされず、簡単にきちんと感を出せる点です。秋冬にぴったりなニット素材や、フレアスカートのセットアップにすれば、程よくカジュアル感を出して女性らしい華やかなコーデに仕上がります。

また、トップスとボトムスの色味を合わせてワントーンコーデにすれば、セットアップ風になります。ワントーンコーデにすることで、フォーマル感が格段に上がるでしょう。

5:ニットワンピースコーデ

ニットワンピースは、トレンド感があり、女性らしい優しさを感じるおしゃれなアイテムです。黒などの落ち着いたカラーのレギンスを合わせると、引き締まって全体のまとまりが良くなります。

ニットワンピースはカジュアル感がやや高めであるため、きちんとしたバッグやシューズを取り入れて、上品さをプラスしましょう。黒ニットワンピース×黒レギンスなどのワントーンコーデにしても、きちんと感が上がっておすすめです。

6:ワイドパンツコーデ

春夏でも紹介したワイドパンツは、年間を通して活躍してくれます。

秋冬は高級感の出るベロア素材のワイドパンツや、柔らかい印象のニットのワイドパンツもおすすめです。センタープレスがあればきちんと感が増し、スッキリして脚長効果も期待できます。

7:ツイードパンツコーデ

ツイードパンツは、上品で知的な印象を与えてくれます。ツイードは秋冬の定番素材であるため、季節感があっておしゃれ度が上がりおすすめです。

きちんと感のあるツイードパンツと、柔らかなニットを合わせれば、程よくカジュアルで清潔感のある装いになり、周りからの好感度アップも期待できるでしょう。

8:リブニットコーデ

女性らしい雰囲気を纏えるリブニットは、おしゃれ感があり授業参観にもおすすめです。体にフィットするため色っぽさもありますが、シンプルなデザインやカラーを選択することで清潔感を保てます。

体のラインが見えてしまうため、手を出しづらいという方も見られますが、縦ラインの編み込みで細見え効果が期待できるでしょう。

9:アンサンブルニットコーデ

着回しの効くアンサンブルニットは、インナーを考える必要がなく、コーデに失敗がありません。上品なイメージがあり誰からも好感が持たれるアイテムで、大人っぽいコーデにしたい授業参観にはピッタリです。

黒やベージュなどの落ち着いた色のアンサンブルニットであれば、どんなボトムスにも合うため、コーデに悩まされずにすみます。また、エアコンが効いていて教室が暑いときには、さっと1枚脱げるため、簡単に体温調節ができるのもポイントです。

10:モノトーンコーデ

黒・白・グレーでまとめたシンプルなモノトーンコーデは、品よく落ち着いた雰囲気を纏えます。

秋冬に活躍するニット素材や、プリーツスカートなどの優しい印象のアイテムを組み合わせれば、モノトーンでも冷たい印象になりません。また、さりげないフリルやビジューが付いたトップスであれば、女性らしい雰囲気をプラスできます。

また、きちんと感のあるモノトーンコーデであれば、授業参観の後にそのまま出勤しても問題ないでしょう。カジュアルなアイテムでも、色数の少ないモノトーンでまとめれば上品な印象に仕上がります。

雨の日におすすめの授業参観コーデ

雨の日は、撥水加工が付いているトレンチコートがおすすめです。せっかく選んだコーデが濡れてしまったら意味がありません。あいにくの雨でも、他の保護者と顔を合わせる貴重な機会ですから、印象のいいコーデを選んでおしゃれに見られたいという方も多いでしょう。

そんなときは、さっと羽織れてきちんと感のあるトレンチコートが、雨の日の授業参観コーデを格上げしてくれます。

授業参観に持参すると便利なもの4つ

授業参観の持ち物について、学校からおたよりなどでは教えてもらえないことがほとんどです。ここでは、授業参観に持参すると便利なものを4つご紹介します。

忘れると困ることもあるため、当日までに持ち物をしっかり確認しましょう。

1:スリッパ

授業参観にスリッパは必需品です。コンパクトに折りたためて、バッグに入るサイズの携帯スリッパがおすすめです。授業参観の他にも、入学式や卒業式、保護者会などのさまざまなシーンでスリッパは必要になるため。あらかじめ用意しておきましょう。

シンプルな黒い携帯スリッパが定番ですが、他の保護者と被ってしまい、間違えてしまうこともありえます。リボン付きの可愛いものや、程よいヒール高がある携帯スリッパなども売られているため、足元におしゃれをプラスするのもおすすめです。

また、洗濯機で洗えるタイプの携帯スリッパであれば、清潔に繰り返し使用できるため安心です。

2:筆記用具

授業参観の後に懇談会が開催される場合もあります。先生の話で気になったことや、今後準備するものなどをメモできるように、ペンとメモ帳を用意しておくと便利です。

普段スマホでメモを取っている方も、懇談会などの場ではスマホを取り出しにくいこともあるため、気を付けましょう。

3:エコバッグ

授業参観では、学校からの配布物がたくさんあったり、子供の授業道具を持ち帰ったりすることがあります。メインのバッグでは入りきらない可能性もあるため、コンパクトになるエコバッグを用意しておくと便利です。

また、学校関係の持ち物や受け取ったものを、あえて普段の持ち物とは別のバッグに入れておくと、さっと取り出せて手間取らずにすみます。他の保護者も集まる場であるため、スマートにふるまえるように工夫しましょう。

4:体温調整ができるもの

体温調節しやすい羽織りものを持参しておくと安心です。季節の変わり目は気温の変化が大きく、真夏や真冬はエアコンが効きすぎてしまい、体温調節が必要になることがあります。

ただし、授業参観の羽織りものとして、フーディではカジュアルすぎてしまうため、カーディガンやジャケットなどの上品できちんと感のあるものを選びましょう。

また、エアコンがまだ入らない季節の授業参観の場合には、扇子やストールなどの小物を用意しておくと、体温調節ができるため便利です。

授業参観コーデはオフィスカジュアルがおすすめ

授業参観日コーデを選ぶときは、オフィスカジュアルをイメージするのがおすすめです。オフィスカジュアルは、ビジネスに適した装いながらスーツほどかっちりし過ぎず、カジュアル感のあるキレイめスタイルです。

授業参観の後にそのまま職場にかけつける場合も、オフィスカジュアルなコーデなら問題ないでしょう。子供や他の保護者に好印象を与えてくれる、オフィスカジュアルを意識して、授業参観日コーデを選びましょう。

RELATED
二十節気「処暑」とはどんな季節?処暑に聞こえる虫たちの音楽会をご紹介
子育て
2021年07月15日

二十節気「処暑」とはどんな季節?処暑に聞こえる虫たちの音楽会をご紹介

二十節気「立秋」とは?イベントや時期の美味しい食べ物についてご紹介
子育て
2021年07月15日

二十節気「立秋」とは?イベントや時期の美味しい食べ物についてご紹介

勉強に集中しやすい子供部屋のポイント7つ|レイアウトについても解説
子育て
2021年07月09日

勉強に集中しやすい子供部屋のポイント7つ|レイアウトについても解説

学習机の適切な大きさを考えるポイント9つ|おすすめの素材も紹介
子育て
2021年07月09日

学習机の適切な大きさを考えるポイント9つ|おすすめの素材も紹介

絵に描かれたモノや色使いから見る子供の心理総合23選|注意することなども解説
子育て
2021年07月09日

絵に描かれたモノや色使いから見る子供の心理総合23選|注意することなども解説

デザイン重視でランドセルを選ぶメリットとデメリット|人気の工房8選
子育て
2021年07月09日

デザイン重視でランドセルを選ぶメリットとデメリット|人気の工房8選

小学生が習い事をしてないのはどうなの?メリットとデメリットもあわせて紹介
子育て
2021年07月09日

小学生が習い事をしてないのはどうなの?メリットとデメリットもあわせて紹介

いい子症候群になるのは何が原因?特徴や症候群にしない子育て法について解説!
子育て
2021年07月09日

いい子症候群になるのは何が原因?特徴や症候群にしない子育て法について解説!

子供でもできるドリッピングとは?筆やストローなど用意するものややり方を解説
子育て
2021年07月09日

子供でもできるドリッピングとは?筆やストローなど用意するものややり方を解説

中間反抗期は成長している証拠!特徴や対処法について詳しく解説
子育て
2021年07月09日

中間反抗期は成長している証拠!特徴や対処法について詳しく解説

甘やかしてしまう事のデメリットとは?甘えさせる事のメリットについて解説
子育て
2021年07月13日

甘やかしてしまう事のデメリットとは?甘えさせる事のメリットについて解説

子供が使うタブレットに制限をかける方法とは?iOSとAndroid両者で解説
子育て
2021年07月09日

子供が使うタブレットに制限をかける方法とは?iOSとAndroid両者で解説

子供の記憶力を高める4つの方法|記憶効率の良い勉強のコツも紹介
子育て
2021年07月09日

子供の記憶力を高める4つの方法|記憶効率の良い勉強のコツも紹介

ワーキングメモリを鍛える遊び5つ|鍛えるためのポイントも紹介
子育て
2021年07月09日

ワーキングメモリを鍛える遊び5つ|鍛えるためのポイントも紹介

フィンランドと日本の教育はどう違う?特徴や違いについて詳しく解説!
子育て
2021年07月09日

フィンランドと日本の教育はどう違う?特徴や違いについて詳しく解説!

AIを教育に活用するメリット3つ|子供向けのプログラムや学習ツール7選も紹介
子育て
2021年07月09日

AIを教育に活用するメリット3つ|子供向けのプログラムや学習ツール7選も紹介

短時間でたくさん読める「飛ばし読み」とは?5つのコツと読み飛ばして良い部分
子育て
2021年07月09日

短時間でたくさん読める「飛ばし読み」とは?5つのコツと読み飛ばして良い部分

自由研究キットを選ぶポイントとは?学年別におすすめもあわせて紹介
子育て
2021年07月09日

自由研究キットを選ぶポイントとは?学年別におすすめもあわせて紹介

小学一年生にプレゼントでおすすめの絵本19選|名作シリーズなど様々な本を紹介
子育て
2021年07月09日

小学一年生にプレゼントでおすすめの絵本19選|名作シリーズなど様々な本を紹介

成長に合わせた小学生への接し方のポイント|反抗期が来る理由と特徴も紹介
子育て
2021年07月09日

成長に合わせた小学生への接し方のポイント|反抗期が来る理由と特徴も紹介