子供が勉強嫌いになる理由とは?保護者ができる対策方法もあわせて紹介

初回公開日:2021年09月06日

更新日:2021年09月06日

記載されている内容は2021年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

子供が勉強嫌いで勉強してくれないとお悩みの保護者は少なくないでしょう。勉強が嫌いになるのには理由があり、生まれつき勉強が嫌いな子供がいるということではありません。今回は子供が勉強嫌いになる理由と保護者の方ができる対策を合わせて紹介します。

子供が勉強嫌いになる理由とは?保護者ができる対策方法もあわせて紹介

子供が勉強嫌いになる理由4つ

「勉強が嫌い」という子供は、2016年の調査で小学生が29.9%、中学生が53.3%、高校生が59.6%となっており、勉強嫌いは特別なことではありません。

子供が勉強嫌いになるには何かしらの理由があり、それは1つとは限りません。ここでは、子供が勉強嫌いになる理由を4つ紹介します。興味のある方は参考にしてください。

出典:「子どもの生活と学びに関する親子調査2015-2016」|東京大学社会科学研究所・ベネッセ教育総合研究所共同研究
参照:https://berd.benesse.jp/up_images/research/2016_oyako_web03.pdf

1:勉強がわからないから

まず考えられるのは、勉強がわからないから勉強嫌いになるというケースです。

学年が上がるにつれて勉強内容が難しくなり、理解しにくい授業が増えてきます。理解ができない授業を受け続けることで、授業を受けることが苦痛になったり、自分は勉強が苦手と思い込み、自己肯定感が小さくなったりといった理由で勉強嫌いになる可能性があります。

2:勉強の適切なやり方がわからないから

次に考えられるのは、勉強の適切な勉強方法がわからないから勉強嫌いになるというケースです。

勉強意欲はあるけれど、宿題以外何をすれば良いのかわからない、あるいは疑問にぶつかったときにどうやって調べて良いのかわからず、やる気をなくしていき勉強嫌いになる可能性があります。

3:勉強を強制されるから

勉強を強制されることで勉強が嫌になるというケースがあります。

子供が勉強を始めようとするタイミングで「勉強しなさい」と命令口調で言われ、やる気を一気になくす可能性があります。日ごろから勉強を命令口調で強制されると反発心が生じて、勉強が嫌になる可能性があるため、子供への声のかけ方には注意が必要です。

4:他人と比較されるから

次に勉強嫌いになる理由として、他人と比較されるというケースがあげられます。

勉強の理解力は人それぞれで個人差があります。友達や兄弟姉妹と比較され「○○のほうがよく勉強ができる」などという発言を耳にすると劣等感を持ち、そのストレスから逃げようと勉強が嫌いになる可能性があります。

勉強嫌いの子供の特徴について7つ

ここまでは子供が勉強嫌いになる理由を紹介しました。では、子供が勉強嫌いかどうかを見分けることはできるのでしょうか。

勉強が嫌いな子供にはいくつかの特徴があります。ここからは勉強嫌いの子供の特徴について7つ紹介します。興味のある方は参考にしてください。

1:勉強をする習慣が身についてない

勉強嫌いの子供の特徴の1つに勉強をする習慣が身についていないというものがあります。

例えると、宿題や課題といった、しなければいけないこと以外は勉強をしないといった子供です。勉強する習慣がないと予習復習がおろそかになり、学力不足から勉強が嫌いになっていく可能性があります。

2:勉強する時間が長くてしたくない

勉強嫌いの子供の特徴の1つに勉強する時間が長いというものがあります。

必ずしも勉強する時間が長い=勉強好きというわけではありません。いやいや勉強させられていると感じているために集中力が続かず、机に向かってはいるものの勉強とは関係ないことを考えてしまって、勉強内容が身についていない可能性があります。

3:勉強をしやすい環境じゃない

周りの環境が勉強をするのに適していないということも、勉強嫌いの子供の特徴といえます。勉強をする部屋にテレビやゲーム機が置いてあるといった勉強に関係のないものがあると、そちらに気がいってしまいがちです。

家庭の事情で難しい面もありますが、勉強のための環境づくりには保護者のサポートが必要になります。

4:後でやるとしか言わない

「勉強した?」と聞いたときの答えが「後でやる」という場合が多いのは、勉強嫌いの子供の特徴の1つです。

学校から出された課題はいつかは取り組まなければいけません。勉強が嫌いな子供の場合、嫌なことを後回しにしてしまう傾向があるため、「後でやる」と言って勉強を先延ばしにしてしまう可能性があります。

5:習い事で時間がない

「後でやる」以外に「時間がない」という返事にも注意が必要です。

習い事が多すぎて子供のキャパシティを超えてしまい、勉強するという心の余裕をなくしてしまっている可能性があります。子供から「時間がない」という返事が返ってきた場合は、過密スケジュールになっていないか、習い事の数などを見直してみることも必要です。

6:忘れがちなことをメモしない

メモをとる習慣がないというのも勉強が嫌いな子供の特徴の1つです。

関係性がないように思えますが、勉強嫌いの理由には「勉強内容の理解ができない」というものがあると先に紹介しました。授業での重要な部分は聞くだけでなく、メモに残すことで忘れにくくなり、理解にもつながります。

7:学校からの提出物の整理ができない

学校でもらったプリント類を整理できないことも勉強嫌いの特徴の1つです。

学校からもらってくるプリントの中には、家庭学習に役立つものも含まれているため、プリント類の整理は重要です。勉強嫌いの子供の中にはプリントの整理ができず、なくしてしまうケースもあります。

子供が勉強嫌いにならないために保護者ができる対策7つ

子供が勉強を嫌いにならないように保護者ができることには何があるのでしょうか。

ここからは、子供が勉強嫌いにならないために保護者ができる対策として7つ紹介します。興味のある方は参考にしてください。

1:小時間の勉強から始める

勉強が嫌いあるいは苦手な子供への対策として、短時間の勉強から始めるという方法が考えられます。

宿題以外に1日にプリント教材を1枚だけやってみたり、1日に1問から5問程度解いてみたりと小さいことから始めましょう。子供が少し物足りないくらいと思う程度が丁度よく、もっと勉強したいと思わせるように工夫してみましょう。

2:子供に対して強制的な言葉を使わない

「勉強しなさい」といった強制的な言葉を使わないようにしましょう。勉強を押し付けられるような気分になり逆効果になる可能性があります。

強制的な言葉ではなく、子供が勉強をしたくなるような言葉を投げかけてみるほうが効果的です。

3:子供から勉強する時間を決めさせる

勉強する時間は子供自身に決めさせることも対策の1つです。

自分で勉強時間を決めることによって、自発的に勉強に取り組みやすくなります。また「いつから勉強するの?」と穏やかな口調で声をかけてあげるよう意識しましょう。

4:勉強のルーティンを習慣化する

勉強のルーティンを習慣づけることも対策の1つです。

ルーティンとは何かを始める前の儀式のようなものです。勉強を始める前に、1分間目を閉じて黙想したり、机にあるものを片付けたりなど、どんなことでも大丈夫です。意識を勉強に向ける工夫を子供にアドバイスしてみましょう。

5:難しすぎる問題集を使わない

難しすぎる問題集を使わないことも対策の1つです。

問題が難しすぎると勉強が嫌になってしまう可能性があります。とはいえ、簡単な問題ばかりだとつまらなく感じてしまいやる気をなくすかもしれません。

家庭学習では、70%から80%正解できるような問題集が丁度いいでしょう。また、家庭学習で解けなかった問題を学校や塾の先生に質問させてみることも、学習意欲の向上につながる可能性があります。

6:保護者が興味を持ち勉強の方法を教える

子供は保護者の想像以上に保護者の姿を見ています。保護者が勉強に興味を持つことも対策の一つです。

保護者が読書をせずにスマホでゲームばかりしていると、それを子供が見て真似をしてしまう可能性があります。保護者が読書なり何かしら勉強をしている姿を子供に見せるようにしましょう。時には保護者自身の勉強方法を子供に伝えることも有効です。

7:勉強のわからないところを一緒に考える

勉強のわからないところを保護者が一緒に考えてみることも対策の1つです。

保護者と一緒に勉強することは子供にとって安心感があります。子供がわからないところは一緒に考えてあげることで、勉強への意欲が向上する可能性があります。

子供が勉強嫌いを悪化させないポイント3つ

子供が勉強嫌いにならないための対策を紹介しました。ここからは子供が勉強嫌いを悪化させないように気を付けるべきポイントを3つ紹介します。興味のある方は参考にしてください。

1:早い時期から勉強を強制しない

早い時期から勉強を強制することで勉強嫌いが悪化する可能性があります。

勉強に興味があまり持てていない小学生の子供の場合には、教育系の漫画などから知識を習得してもらうことも方法の一つです。新しい知識を覚える喜びを経験してもらうことから始めてみましょう。

2:子供が勉強したときは褒める

子供が勉強しても褒めないでいると勉強嫌いが悪化する可能性があります。勉強したときには積極的に褒めてあげるようにしましょう。

また、褒めるときは結果ではなく過程を褒めるようにするといいでしょう。勉強の結果ではなく、30分間計算問題に取り組んだことや予定した時間に宿題を始めたといった行動内容を具体的に褒めるようにすることが大切です。

3:勉強の方法を教える

勉強しろとしか言わず、方法を伝えようとしないのは勉強嫌いを悪化させる可能性があります。

勉強しろというのではなく、勉強の方法や計画の立て方などを教える、あるいは一緒に考えてあげることで、勉強への意欲が向上する可能性があります。

子供が勉強嫌いにならないようにポイントを押さえよう

子供は本来好奇心が旺盛なため、勉強嫌いになるには何か理由があります。

子供が勉強嫌いにならないために、保護者がポイントを押さえたうえで、勉強が好きになるように子供の背中をそっと押してあげるようにしましょう。

RELATED
二十節気「寒露」とはどんな季節?寒露の時期のおいしい食べ物を紹介!
子育て
2021年09月13日

二十節気「寒露」とはどんな季節?寒露の時期のおいしい食べ物を紹介!

二十節気「霜降」とはどんな季節?霜降の時期においしい食べ物も紹介!
子育て
2021年09月13日

二十節気「霜降」とはどんな季節?霜降の時期においしい食べ物も紹介!

書く力を伸ばす方法や手順7個!家庭における注意点や読んでおきたい本も紹介
子育て
2021年09月06日

書く力を伸ばす方法や手順7個!家庭における注意点や読んでおきたい本も紹介

日本の読解力が低下した理由|家庭内でできる対策や国・教育機関ができること
子育て
2021年09月06日

日本の読解力が低下した理由|家庭内でできる対策や国・教育機関ができること

算数における読解力を小学生の子供に身に付けさせる方法|国語と算数での違い
子育て
2021年09月06日

算数における読解力を小学生の子供に身に付けさせる方法|国語と算数での違い

プログラミング学習におすすめのおもちゃ27選|選ぶポイントもあわせて紹介
子育て
2021年09月06日

プログラミング学習におすすめのおもちゃ27選|選ぶポイントもあわせて紹介

運動会につかえる望遠レンズ15選|使いやすいレンズや撮るポイントも紹介
子育て
2021年09月06日

運動会につかえる望遠レンズ15選|使いやすいレンズや撮るポイントも紹介

中学生におすすめのかっこいい習い事17選|選び方のポイントとメリットも紹介
子育て
2021年09月06日

中学生におすすめのかっこいい習い事17選|選び方のポイントとメリットも紹介

HSCとはなに?4つの特徴や子供への接し方について詳しく解説!
子育て
2021年09月06日

HSCとはなに?4つの特徴や子供への接し方について詳しく解説!

赤ちゃん返りは悪い事ではない!原因と対応する時の8つのポイントを解説!
子育て
2021年09月06日

赤ちゃん返りは悪い事ではない!原因と対応する時の8つのポイントを解説!

デカルコマニーとはどんなもの? 作品の基本的な作り方と応用方法を紹介
子育て
2021年09月06日

デカルコマニーとはどんなもの? 作品の基本的な作り方と応用方法を紹介

子供の爪噛みの原因とは?やめてもらうためにできる6つの対処法
子育て
2021年09月06日

子供の爪噛みの原因とは?やめてもらうためにできる6つの対処法

子供の身長予測の計算式は?身長を伸ばすために大切なポイントを紹介
子育て
2021年09月06日

子供の身長予測の計算式は?身長を伸ばすために大切なポイントを紹介

10歳の壁にはどんなものがある?保護者ができる対策方法を7つご紹介します
子育て
2021年09月06日

10歳の壁にはどんなものがある?保護者ができる対策方法を7つご紹介します

子供を幸せにするために保護者が意識すべきポイント8つ|幸せを感じる方法も紹介
子育て
2021年09月06日

子供を幸せにするために保護者が意識すべきポイント8つ|幸せを感じる方法も紹介

コーディネーショントレーニングとは何か?能力7つと鍛える遊び
子育て
2021年09月06日

コーディネーショントレーニングとは何か?能力7つと鍛える遊び

中学生のスマホ依存症の原因とは?依存を予防・改善する方法について解説
子育て
2021年09月06日

中学生のスマホ依存症の原因とは?依存を予防・改善する方法について解説

いじめられやすい子にしない方法7選|いじめられた時に保護者がすべき対策も紹介
子育て
2021年09月06日

いじめられやすい子にしない方法7選|いじめられた時に保護者がすべき対策も紹介

反抗期に見られる言動とは?保護者の対策方法4つも詳しく紹介
子育て
2021年09月06日

反抗期に見られる言動とは?保護者の対策方法4つも詳しく紹介

爪を噛む癖の対処法8選|爪を噛んでしまう原因やデメリットも解説!
子育て
2021年09月06日

爪を噛む癖の対処法8選|爪を噛んでしまう原因やデメリットも解説!