二十四節気「立冬(りっとう)」とは?どのような季節なのか詳しく解説!

11月の1つ目の二十四節気「立冬(りっとう)」。聞いたことがある方も多いと思います。2021年の立冬は11月7日(11月7日~21日)です。それでは「立冬」はどのような季節なのか、旬の食べ物と一緒に詳しく紹介していきます。

二十四節気「立冬(りっとう)」とは?どのような季節なのか詳しく解説!

「立冬」とは?

二十四節気「立冬(りっとう)」とは?どのような季節なのか詳しく解説!

立冬とは、二十四節気において、暦の上ではこの日から冬の始まりとされています。
冬の気配が立つという意味で、「立冬」といいます。
空気がぐっと冷たくなり、肌寒く感じます。「立冬」の期間を過ぎると、初霜が降りて冬らしくなってきます。

七五三について

二十四節気「立冬(りっとう)」とは?どのような季節なのか詳しく解説!

ちょうど「立冬」の期間である11月15日には、七五三が行われています。
数えの年齢で、3歳の男の子と女の子、5歳の男の子、7歳の女の子のお祝いです。
今でこそ七五三という1つの行事になっていますが、もともとは公家や武家で行われていた「髪置きの儀」「袴着(はかまぎ)の儀」「帯解きの儀」という別々の儀式で、年齢・性別は時代や階層によって様々でした。それが11月15日になった理由は諸説ありますが、江戸時代に徳川五代将軍・綱吉が息子の徳松の袴着の儀を鬼宿日で縁起の良い11月15日に行ったことから定着したという説が有名です。
七五三が成立した背景には、昔は医療も発達していなかったため、乳幼児の生存率が低かっただけに、子どもの成長に対する強い思いがありました。
昔は「七つ前は神のうち」といわれ、7歳までは魂が定まっていないためいつ死んでもおかしくないとされていました。そこで、3歳・5歳・7歳という節目の年齢を迎えると晴れ着を着せて我が子が無事に育ったことを神様に感謝するようになったのが七五三の由来です。

立冬の時期の美味しい食べ物

二十四節気「立冬(りっとう)」とは?どのような季節なのか詳しく解説!

「春菊」
寒い季節になってくると体を温めてくれる鍋が人気ですよね。
鍋料理はお好きな食材を鍋に入れて加熱するだけなのでとても簡単に調理できることや、
様々な食材をバランスよく食べられるところが魅力的です。
そんな鍋に欠かせない野菜の1つが「春菊」です。
ヨーロッパでは、春菊は観賞用とされていましたが近年では和食の影響を受けて
徐々に料理にも使用されてきているそうです。春菊に含まれている栄養素の中でも
『β-カロテン』が葉物野菜の中ではトップクラスです。
β-カロテンには皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる効果があるので、風邪予防や生活習慣病予防に効果があるといわれています。
β-カロテンは脂溶性のため、油とともに摂ると吸収率がアップして、効率よく摂取することができます。野菜炒めなどの油を使って炒め物にして食べるのもお勧めです。ぜひ、この時期に春菊を食べてみてはいかがでしょうか。

「ねぎ」
そばの薬味、鍋の具材など日本の食卓に欠かせない「ねぎ」。
今は一年中食べられますが、冬が一番美味しい季節です。
白い部分と緑の部分では含まれている栄養素が少し異なることをご存じでしょうか。
白い部分は硫化アリルやビタミンCなどが含まれていて、疲労回復やスタミナアップ、抗酸化力が強く、脂質の酸化を防ぎ動脈硬化の予防が期待できます。
緑の部分はβ-カロテン、カルシウム、セレンなどが含まれており、皮膚や粘膜を丈夫にしたり、活性酸素の発生と発がんの抑制効果があるとされています。
緑の部分は固いといった理由で、食べずに捨ててしまう方も多いと思いますが
シチューやスープなど、じっくりコトコト料理に使うのがオススメです。

まとめ

二十四節気「立冬(りっとう)」とは?どのような季節なのか詳しく解説!

今回は、立冬についてご紹介しました。
立冬が過ぎると、冬本番になり寒さが増していきます。
旬の食材を使って様々な料理を楽しみ、風邪予防の手洗いうがいなどに気をつけたりして冬に向けた準備をして過ごしましょう。
鍋に合う食材が旬を迎えるこの時期。家族で鍋を囲み、たくさんの栄養を摂り、体の中から温まって冬に向けた準備をしていきましょう。

健康で丈夫な身体を作る給食委託サービス・自園給食サポート

“食べること”は“生きること”そのものであると考え、“食”を通じて支える「ミールケア」は、幼稚園や保育園、福祉施設・学校・病院・社員食堂への給食・食育サービスの提供をおこなっています。食育やアレルギー対応を含めた給食サービスは、下記リンクをご参考ください。

初回公開日:2021年10月21日

更新日:2021年10月21日

記載されている内容は2021年10月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
ヨーグルトを離乳食として食べさせても大丈夫?食べさせる時の注意点もご紹介
子育て
2021年12月03日

ヨーグルトを離乳食として食べさせても大丈夫?食べさせる時の注意点もご紹介

早期教育を子どもに受けさせるメリットとデメリットとは?気を付けることも紹介
子育て
2021年12月03日

早期教育を子どもに受けさせるメリットとデメリットとは?気を付けることも紹介

放任主義の育児のメリットとデメリット|実践するうえでのポイントも解説
子育て
2021年12月03日

放任主義の育児のメリットとデメリット|実践するうえでのポイントも解説

「柊」の入った名前104選|漢字の意味やイメージもあわせて紹介
子育て
2021年12月03日

「柊」の入った名前104選|漢字の意味やイメージもあわせて紹介

漢字で表す「ひなた」の名前190例|男の子と女の子別に多数ご紹介
子育て
2021年12月03日

漢字で表す「ひなた」の名前190例|男の子と女の子別に多数ご紹介

プラレールを収納するコツとアイデアを紹介!100均や無印を活用する方法は?
子育て
2021年12月03日

プラレールを収納するコツとアイデアを紹介!100均や無印を活用する方法は?

「碧」の漢字を使った名前の例68選!意味や由来についても解説
子育て
2021年12月03日

「碧」の漢字を使った名前の例68選!意味や由来についても解説

秋生まれの子におすすめの名前例288選!イメージする言葉も合わせて紹介
子育て
2021年12月03日

秋生まれの子におすすめの名前例288選!イメージする言葉も合わせて紹介

「咲」を使用した名前のパターン107選!漢字の意味や由来も知っておこう
子育て
2021年12月03日

「咲」を使用した名前のパターン107選!漢字の意味や由来も知っておこう

「白」という漢字を使った男女別の名前210選!文字の意味や由来も合わせて紹介
子育て
2021年12月03日

「白」という漢字を使った男女別の名前210選!文字の意味や由来も合わせて紹介

「しおん」と読める漢字の名前総合124選!イメージと名付けのポイントも紹介
子育て
2021年12月03日

「しおん」と読める漢字の名前総合124選!イメージと名付けのポイントも紹介

ダイソーのスキレットの種類とは?メリットやお手入れ方法も紹介
子育て
2021年12月01日

ダイソーのスキレットの種類とは?メリットやお手入れ方法も紹介

ダイソーのおすすめおもちゃ24選|収納できる100均グッズも紹介
子育て
2021年12月01日

ダイソーのおすすめおもちゃ24選|収納できる100均グッズも紹介

子どもの非認知能力の育て方5つ|幼少期に伸ばすことの重要性も解説
子育て
2021年12月01日

子どもの非認知能力の育て方5つ|幼少期に伸ばすことの重要性も解説

名前の「さら」に当てるかわいい漢字104選!イメージもあわせて紹介
子育て
2021年12月01日

名前の「さら」に当てるかわいい漢字104選!イメージもあわせて紹介

【素材別】てるてる坊主の簡単な作り方!吊るし方や処分方法も紹介
子育て
2021年12月01日

【素材別】てるてる坊主の簡単な作り方!吊るし方や処分方法も紹介

使う漢字から見る「えま」の名付けパターンを紹介!意味や由来も
子育て
2021年12月01日

使う漢字から見る「えま」の名付けパターンを紹介!意味や由来も

「蓮」を使った名前155選!意味・由来や漢字の印象なども紹介
子育て
2021年12月01日

「蓮」を使った名前155選!意味・由来や漢字の印象なども紹介

「雫」の漢字を使った人気の名前12選|読み方やイメージも解説
子育て
2021年12月01日

「雫」の漢字を使った人気の名前12選|読み方やイメージも解説

「楓」の意味や由来は?楓を使った名前を男の子・女の子ともに紹介
子育て
2021年12月01日

「楓」の意味や由来は?楓を使った名前を男の子・女の子ともに紹介