子供の習い事に将棋を選ぶメリット14個|人気の理由や費用についても紹介

初回公開日:2021年01月04日

更新日:2021年03月18日

記載されている内容は2021年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

若手棋士の活躍で将棋への注目度が高くなってきています。将棋というと大人の遊びのように思うかもしれませんが、最近では習い事としての人気も高まっています。今回将棋を習い事にするメリットやデメリット、将棋教室いついてまとめてみました。

子供の習い事に将棋を選ぶメリット14個|人気の理由や費用についても紹介

将棋の習い事が人気の理由とは?

中学生プロ棋士、藤井聡太四段の活躍を受けて年齢を問わず、将棋に興味を持つ人々が増えています。子供たちが自発的に将棋に興味を持つ事も多い様ですが、将棋を通して学べることや身につくメリットも多いため、習い事としてもとても人気が出てきています。

将棋の習い事はどこでできる?

人気の出てきている将棋ですが、いざ、お子さんに習い事として通わせようと思うと、どこに連れて行けば良いのか不安になる方もいる事でしょう。将棋を習うのであれば、まずは将棋教室に行ってみましょう。

将棋教室の探し方がわからない方は、日本将棋連盟の将棋教室一覧で探してみるのもおすすめです。

将棋教室と将棋道場の違い

街中や、将棋教室を探している最中に将棋道場を見かける事もあるでしょう。なんとなく、どちらも将棋を教えてもらえる場所のように考えてしまうかもしれませんが、教室と道場は全く違うところです。

将棋教室は講師の方がいて、戦法や対局するための礼儀作法を学びますが、道場では実戦の対局がメインとなっています。しっかりと将棋のルールや礼儀を学んでいないと、道場や大会で反則負けになってしまう事もあります。

子供の習い事に将棋を選ぶメリット14個

将棋とは、勝敗を競うゲームです。ゲームというと、ただの遊びで時間を浪費しているだけだと考える人もいるでしょう。

しかしながら、将棋は習い事として学ぶ事で、遊びという枠を超え、とても多くのことを学べます。今回は、子供の習い事に将棋を選ぶメリットを14個ご紹介します。皆さんの習い事選びの参考になれば幸いです。

習い事に将棋を選ぶメリット1:スポーツが苦手でもできる

将棋は身体的能力に関係なく楽しむことが出来るので、体を動かす運動やスポーツが苦手なお子さんにも楽しむことができます。将棋は体を動かすスポーツではありませんが、マインドスポーツの一種とされていて、脳のスポーツとも言われています。

運動が得意でなくても、将棋を通してスポーツと似たような経験を得ることが出来ます。

習い事に将棋を選ぶメリット2:集中力がつく

将棋は静かに集中して戦うイメージがあると思いますが、実際にどのようにして集中力が培われるか、即答できる人は少ないでしょう。

通い始めで将棋の駒の動き方を覚えたばかりの頃は、取って取られての早指しになりがちです。

しかし、戦いや戦法を学んでいくうちに、どのように駒を動かしたら思い通りに戦えるか、勝てるかを考えるようになっていきます。この考える時間が集中力となっていきます。

習い事に将棋を選ぶメリット3:判断力がつく

将棋は、一手一手を指す度に情勢が変わるため、局面の形成判断が必要となります。駒の損得や働き、守りの堅さなど、さまざまな要素を総合的にみて自分で判断しなければなりません。

大人でも子供でも負け続けて楽しいということはないでしょう。将棋で勝つためには冷静な判断力も必要となるため、局面を重ねるごとに判断力が身につきます。

習い事に将棋を選ぶメリット4:思考力や先を読む力がつく

将棋は9×9マスと40個の駒を使いとても小スペースで楽しむことができます。しかしながら、一局を通して指すことのできる指してのパターンは10の220乗とも言われていて、この数は宇宙の原始総数よりもはるかに多いのです。

ひとつとして同じ局はないといわれる将棋の世界では、決断の一つひとつが試合の優勢に大きく影響します。将棋を指すたびに、思考力や先を読む力が必要となるので、自然とその力がつきます。

習い事に将棋を選ぶメリット5:目的達成のために工夫する力がつく

将棋では駒の利きや、取ってとられての損得を考える事が勝利へのコツとなっています。対局を有利に進め勝つためには、どの駒を使いどのように攻め、守るかを自分で考えなければなりません。

戦法は色々ありますが、同じ棋譜は二度ないと言われる将棋の世界では勝つために戦い方を工夫しなければなりません。 将棋という習い事を通して、試行錯誤しながらも目標達成のために工夫する力がやしなわれます。

習い事に将棋を選ぶメリット6:向上心がつく

将棋の世界には明確な勝ち負けがあります。負けを認めることはとても悔しく始めたばかりの子は“負けました“をなかなか言えないこともあります。

負けを受け入れそして勝てるようになりたいと思う気持ちが向上心につながります。また、将棋には級や段位、プロ棋士という制度もあります。勝ち負けだけでなく向上心をもった目標を設定しやすいです。

習い事に将棋を選ぶメリット7:自立心がつく

将棋は対局が始まると最初から最後までひとりで考え状況判断をし、どのような選択をするのか決断しなければなりません。誰にも頼れない中、対局を最初から最後までやり抜くことで自立心が身につきます。

将棋で培われる自立心はその後の人生でも役に立つものとなります。

習い事に将棋を選ぶメリット8:大人も一緒に楽しめる

将棋を始めるきっかけは人それぞれです。お子さんが学校で遊んで興味持つ場合もあれば、親御さんや祖父母が将棋を指していて興味を持つ場合もあります。

将棋の醍醐味は考える事ですので、力や体格の差は関係がなく、性別や年齢も関係なく大人も一緒に楽しむ事ができます。覚えたての頃や、棋力に差がある時も駒落ち戦にすれば大人もこどもも対等に真剣勝負を楽しめます。

習い事に将棋を選ぶメリット9:世代間交流ができる

習い事として将棋を始めると実際に対局してみたくなるでしょう。将棋教室の仲間との対局も良いですが、将棋道場ではより沢山の人と対局するチャンスがあります。

将棋道場には幅広い年齢層の方々がいますので対局や観戦を通して世代間交流が出来ます。また、教室やサロンによっては、定期的に世代間交流のイベントを開いていたりします。

親族以外で目上の人とかかわる機会は意外と貴重であり、そこで学べることも多いでしょう。

習い事に将棋を選ぶメリット10:礼儀作法が身につく

将棋は相手がいないと対局することができません。そのため、礼儀作法をとても大切にしています。相手を敬い、礼に始まり、礼に終わるという精神を自然な流れで学び体験できます。

また、将棋には上位者と下位者という概念があります。棋力が上に人が上位者となる時もあれば、年齢が上の人が上位者となる事もあります。明確な決まりはありませんが、習い事として将棋を学ぶ中で一般でも通用する配慮や礼儀作法を学ぶことができます。

習い事に将棋を選ぶメリット11:負けを認められるようになる

将棋の一局の終わりは基本的に「負けました」と負けを認め、伝える事で終わりとなります。勝負の終わりを自ら認め、表明する事はとても悔しい事でしょう。しかし、将棋というゲームは悔しいだけでは終わりません。

対局後には感想戦があります。感想戦では悪いところを振り返り、どのように対処するべきだったかを振り返ることができます。ここで研究し、なぜ負けたのか気付くことで負けを認め受け入れることが出来るようになります。

習い事に将棋を選ぶメリット12:漢字が覚えられる

将棋の駒は8種類あり、そのうちの6種類は表と裏の両面に文字が書かれています。駒の表情は14種類となりますがこのうちの13種類は全て漢字になります。

将棋の駒の漢字は小さなお子さんには難しいかもしれませんが、習い事として将棋を始めれば読み方や呼び名もしっかりと教えてもらえます。漢字の勉強として覚えるのではなく、遊びに必要なこととして覚えるので漢字に親しみも持てるでしょう。

習い事に将棋を選ぶメリット13:日本の文化を身につけられる

将棋の始まりは、平安時代から奈良時代だと言われています。室町時代には豊臣秀吉も将棋を指しており、江戸時代には、幕府に将棋場も設けられていました。

公式戦での対局はほとんどの場合が畳の上で行われ、プロ棋士同士の上位戦では正装として着物をまといます。将棋の世界では、時代は変われど、先人たちの文化や日本の心を大切にしています。 

将棋を習うことで、外的、内的どちらの文化もこどものうちから学ぶことができます。

習い事に将棋を選ぶメリット14:一生ものにできる

将棋で必要なのは駒と盤と対局相手のみとなります。習い事の中では初期投資にお金の掛かるものもありますが、将棋は金銭面でも手軽に始められます。

また、駒や盤はそうそう壊れませんので、楽しみ続けるうえでランニングコストもかからず幼少期から高齢期まで一生涯楽しむことができます。そして、一度身につけた棋力は簡単には落ちません。つちかった棋力は一生ものの宝となるでしょう。

子供の習い事に将棋を選ぶデメリットとは?

将棋は駒の動きが複雑なうえに、相手陣地に入ったときには裏返り動きが変わる駒もあります。習いはじめの頃はルールを覚えることで精一杯でしょう。

ルールを覚えるまでに続かなさそうなときは、動物将棋など気軽に楽しめるものから初めて見るのも良いでしょう。

子供の習い事に将棋教室を選ぶ際のポイント5つ

子供を将棋教室に通わす際のポイントとして、「子供は将棋に興味を持っているかどうか」「月謝の目安」「将棋教室のレッスン時間」「将棋の大会とはどんなものか」「将棋を習うメリット」などの5つが挙げられます。

これらのポイントを把握して将棋教室を選ぶ際の参考にして下さい。

将棋の習い事を選ぶポイント1:子供は将棋に興味を持っているかどうか

将棋に限らず、習い事の大原則は“子供自身が興味を持っているか“というところにあります。興味をもっていないことには意欲的になれないでしょうし、将棋はルールを覚えることが大変です。

将棋に興味をもっていなければ面白さの醍醐味を知る前に、ルールや駒を覚えるところで挫折してしまうかもしれません。習い事選びのとき、意外と忘れがちですがまずは将棋に興味を持っているかを確認してみましょう。

将棋の習い事を選ぶポイント2:月謝の目安

将棋教室の月謝や費用は、将棋教室によりそれぞれ異なりますがおおよその金額を調べてみました。月々の月謝はだいたい3,000円〜9,000円程度となります。

また、入会金がかかるところも多く、入会金の目安は5,000円〜10,000円となります。回数券や1レッスン制の教室もありますので、気になる教室がある場合は直接教室に問い合わせてみましょう。

将棋の習い事を選ぶポイント3:将棋教室のレッスン時間は長い?

将棋教室の一般的なレッスン時間は60分からとなります。長いところだと2時間半まで行うところもあります。60分と聞くとたいていの習い事と同じくらいの時間、2時間半は長く感じますが、対局を楽しむこどもたちからすると長いとは感じていないようです。

教室のレッスン時間は月謝と同じく、教室ごとに異なりますのでこちらも気になるようでしたら直接教室に問い合わせてみましょう。

将棋の習い事を選ぶポイント4:将棋の大会とはどんなものか

将棋大会にはプロ、アマ、女性、初心者などさまざまなジャンルがあります。参加資格が必要な大会などもありますが、初級者向けの大会であれば誰でも参加できます。

大会では実力を事前登録してクラス別に振り分けられ対戦となります。大会に出ることは一勝を目指して頑張るなど、現実的な目標を立てやすくモチベーションも高まるので慣れてきたら大会への参加もとてもおすすめです。

将棋の習い事を選ぶポイント5:将棋を習うメリットには個人差がある

前の章ではメリットをたくさんご紹介しましたが、どんなものにも個人差はあります。親御さんが考えるメリットとお子さんが得意とし、習得出来ることは違うかもしれません。

大切なのはお子さんが意欲的に楽しめる事です。成長のスピードを周りと比べることより、一つひとつできるようになった事を見つけ褒めてあげましょう。

子供の習い事に将棋を検討してみよう

いかがでしたでしょうか。括りとしては遊びのひとつですが、将棋を通して文化や社交性、その後の人生に役に立つ素晴らしい精神を身につけることができます。

将棋に興味を持つかはお子さん次第ですが、気になるようでしたらどう打つ将棋や簡易的な遊び方でお子さんの反応を見てみることもおすすめです。お子さんが自分から興味をもっているようでしたら、是非とも習い事として検討してみてください。親子で楽しむのもおすすめです。

RELATED
子供が習い事を嫌がる原因は何?対処法11選と保護者がやってはいけないこととは
勉強
2021年04月02日

子供が習い事を嫌がる原因は何?対処法11選と保護者がやってはいけないこととは

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い
勉強
2021年03月18日

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い

反転授業が注目される理由4選|もたらす効果や注意点についても紹介!
勉強
2021年05月01日

反転授業が注目される理由4選|もたらす効果や注意点についても紹介!

小学生の英語の習い事におすすめの教室13選!習い事を始めさせる効果とは
勉強
2021年03月18日

小学生の英語の習い事におすすめの教室13選!習い事を始めさせる効果とは

子供におすすめの習い事29選!始めるベストタイミングや注意点とは?
勉強
2021年05月07日

子供におすすめの習い事29選!始めるベストタイミングや注意点とは?

高校生におすすめのノートパソコン19選|使用する上で注意させることも解説
勉強
2021年05月03日

高校生におすすめのノートパソコン19選|使用する上で注意させることも解説

無料で始められる!子供向けプログラミング学習ができるサイトやアプリ11選
勉強
2021年03月18日

無料で始められる!子供向けプログラミング学習ができるサイトやアプリ11選

子どもに絵の習い事をさせるメリット6つ|絵画教室を選ぶときのポイントとは?
勉強
2021年03月18日

子どもに絵の習い事をさせるメリット6つ|絵画教室を選ぶときのポイントとは?

子供の集中力を高める習い事5選!集中力を上げるための方法も解説
勉強
2021年03月18日

子供の集中力を高める習い事5選!集中力を上げるための方法も解説

そろばん教室を選ぶポイントとは?そろばんを習う効果12個紹介!
勉強
2021年03月18日

そろばん教室を選ぶポイントとは?そろばんを習う効果12個紹介!

日本の英語教育の現状とは?子供の時に勉強するメリット6選と英会話教室の選び方
勉強
2021年03月18日

日本の英語教育の現状とは?子供の時に勉強するメリット6選と英会話教室の選び方

習い事にオススメなスポーツ6つを紹介!メリットやデメリットも
勉強
2021年03月18日

習い事にオススメなスポーツ6つを紹介!メリットやデメリットも

小学生の子供を塾に通わせる際のポイント3つ|塾の選び方や塾代など
勉強
2021年03月18日

小学生の子供を塾に通わせる際のポイント3つ|塾の選び方や塾代など

費用の安い習い事17個|費用の安い習い事をやらせる時の留意点は?
勉強
2021年03月18日

費用の安い習い事17個|費用の安い習い事をやらせる時の留意点は?

小学生の子供に人気の習い事15選|習い事のメリット・デメリットや注意点も紹介
勉強
2021年03月18日

小学生の子供に人気の習い事15選|習い事のメリット・デメリットや注意点も紹介

子供向けプログラミングとは?スクラッチの7つのメリットを紹介!
勉強
2021年03月18日

子供向けプログラミングとは?スクラッチの7つのメリットを紹介!

サピックスの特徴とは|中学受験対策にサピックスを利用するメリット3つ
勉強
2021年03月18日

サピックスの特徴とは|中学受験対策にサピックスを利用するメリット3つ

小学生が通う冬期講習の4つの疑問|入塾させるときのポイントとは?
勉強
2021年03月18日

小学生が通う冬期講習の4つの疑問|入塾させるときのポイントとは?

子供が習い事を辞めたい理由10個|対処法3つや始める前に知っておくことも解説
勉強
2021年04月03日

子供が習い事を辞めたい理由10個|対処法3つや始める前に知っておくことも解説

これなら大丈夫!子供が習い事を辞める時の理由を述べる方法3つとマナー
勉強
2021年03月18日

これなら大丈夫!子供が習い事を辞める時の理由を述べる方法3つとマナー