子どもに絵の習い事をさせるメリット6つ|絵画教室を選ぶときのポイントとは?

初回公開日:2021年01月04日

更新日:2021年03月18日

記載されている内容は2021年01月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

本記事では、子どもに絵の習い事をさせるメリットとデメリット、絵画教室を選ぶときのポイントについてなど紹介していきます。絵は遊び感覚で始められるため、子どもにとって楽しめる習い事になるでしょう。子どもに絵の習い事を検討している方は参考にしてみてください。

子どもに絵の習い事をさせるメリット6つ|絵画教室を選ぶときのポイントとは?

子どもの習い事にはどんなものがある?

子どもの習い事には、水泳・ピアノ・学習塾・そろばん・絵画教室・英会話・バレエ・サッカー・プログラミングスクールなど、さまざまなものがあります。その中でも、子どもに絵を習わせたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、子どもに絵の習い事をさせるメリット6つと、絵画教室を選ぶときのポイントについて紹介していきます。子どもの習い事として絵画教室を検討している方は参考にしてみてください。

子どもの絵画教室の特徴

多くの子どもの絵画教室は、クレヨンや色鉛筆、パステル、水彩絵の具など、幅広い画材を使いながら子どもの表現力を伸ばし、純粋に楽しみながら絵をかける環境が特徴でしょう。

もちろん教室によっても差はありますが、落ち着いた雰囲気で集中して描写力を身につけたり、期間を区切って作品を作り、作品の発表に力を入れていたりする教室もあります。

子どもに絵の習い事をさせるメリット6つ

次は、子どもに絵の習い事をさせるメリット6つについてご紹介します。絵画教室を検討している場合は、メリットについてしっかり確認しておきましょう。

子どもに絵の習い事をさせるメリットには、長く続けられる趣味ができる、表現力が身につく、想像力が豊かになりやすい、絵のスキルが身につく、目標を持って取り組む力が身につく、手軽に始められることなどがあります。

子どもに絵の習い事をさせるメリット1:長く続けられる趣味ができる

子どもに絵の習い事をさせるメリットは、長く続けられる趣味ができることです。

絵は何歳になっても楽しめる趣味でしょう。道具もこだわらなければ、ペンと紙があれば描けます。身体を動かすスポーツとは違い、体力があまり必要ないため、長い間付き合っていける趣味になります。

子どもに絵の習い事をさせるメリット2:表現力が身につく

子どもに絵の習い事をさせるメリットは、表現力が身につくことです。

絵を習い描きたいものを絵として形にしていくことで、表現力を磨いていくことが可能です。自分の内側にあるものを外に出していく技術になるため、上達すればするほど表現力が身につくでしょう。

また、絵がうまくなることで感性も育っていきます。専門知識を持った人から指導を受けることで、元々のセンスに磨きがかかるでしょう。

子どもに絵の習い事をさせるメリット3:想像力が豊かになりやすい

子どもに絵の習い事をさせるメリットは、想像力が豊かになりやすいことです。

絵を描くときは「どんな絵を描こうかな」「この色、この形にしたらどうだろう」など考えるため、さまざまな情報を整理して想像する機会が増えていきます。

ただ、それなりに描く回数を重ね、作品を完成させていく経過の中で得る能力なので、「通わせて成果がすぐに出て欲しい」と考える保護者の場合は、絵の習い事は合っていない可能性があります。

子どもに絵の習い事をさせるメリット4:絵のスキルが身につく

子どもに絵の習い事をさせるメリットは、絵のスキルが身につくことです。

絵のスキルとは、絵を描くことで必要なスキル、例えば綺麗に線を引く力や狙ったところに線を書く力、物の形を捉えるデッサン力、色彩感覚、光と影を見る力、イメージする力などがあります。

本格的に習うことで、自由に絵を描いていたときには気づけなかった点が見えてくるため、絵のスキルが上達していくでしょう。

子どもに絵の習い事をさせるメリット5:目標を持って取り組む力が身につく

子どもに絵の習い事をさせるメリットは、目標を持って取り組む力が身につくことです。

絵画教室の場合、展覧会やコンクールなどイベントがあります。日程と課題が決まっているため、その期間で作品として仕上げなければいけません。プレッシャーになるものの、目標に向かって完成まで力を尽くす力が養われます。

「どうすれば時間内に仕上げられるか」は、どんな分野でも大人になって計画通りに物事を進めるときに身になる部分でしょう。

子どもに絵の習い事をさせるメリット6:手軽に始められる

子どもに絵の習い事をさせるメリットは、手軽に始められることです。

楽器系の習い事の場合は楽器や譜面、スポーツ系の場合はユニフォームなどが必要になります。しかし、絵の習い事は、教室で画材を貸し出してくれる場合は特に用意するものはありません。

画材を揃える必要があっても、学校で図工の授業があるため併用することも可能です。一度購入しておくと長い間使用できます。

子どもに絵の習い事をさせるデメリット2つ

次は、子どもに絵の習い事をさせるデメリット2つについてご紹介します。子どもに絵の習い事をさせるかどうか検討する際には、デメリットも把握しておきましょう。

費用がかかる

子どもに絵の習い事をさせるデメリットは、費用がかかることです。画材を貸し出してしない教室であれば一式そろえる必要があり、貸し出しがあっても家での練習用などが必要な場合もあるでしょう。

また画材は、100円ショップでも売られていますが、物によっては質が問われるものがあります。本格的なものを使って絵を描く経験は、高い表現力が身につくこともありますが、あまり凝らずに絵を描くだけであれば、紙と鉛筆があれば自宅でもできるでしょう。

教育費の一環と考えられると良いですが、「自宅でもできるのでは」と感じれば費用の高さが目につきます。

成果が出るまでに時間がかかる

子どもに絵の習い事をさせるデメリットは、成果が出るまでに時間がかかることです。

成長は個人差がありますが、基本的に絵の上達には時間がかかります。一つの作品を仕上げるにも、課題に対してのアイディアをまとめ、下絵を描き、色を塗り、細部を描いていく過程があるため、それなりの制作時間がかかるでしょう。

いくつも作品を作り、失敗や壁にぶつかることで技術は徐々に磨かれていくため、すぐに成果が見たい場合は選ばないほうが無難な習い事でしょう。

子どもの絵画教室を選ぶときのポイント5つ

子どもの絵画教室を選ぶときのポイント5つについてご紹介します。一言に絵画教室といっても、教室によって特徴があり、自分の子どもに合っているかという点は大切です。

子どもの絵画教室を選ぶときのポイントには、教室の雰囲気を事前に把握する、子どもと先生の相性を確認する、送迎の有無や時間帯を確認する、予算をあらかじめ決めておく、習い事の目的を明確にすることなどがあります。

子どもの絵画教室を選ぶときのポイント1:教室の雰囲気を事前に把握する

子どもの絵画教室を選ぶときのポイントは、教室の雰囲気を事前に把握することです。

安易に教室を決めると、入った後に合わなくてすぐにやめたり、教室が嫌だったことで絵自体を嫌いになるケースがあります。

和気あいあいと遊ばせる形で絵を描かせる教室もあれば、静かな環境で課題を与えて絵を描かせる教室もあります。教室の雰囲気を事前に把握し、保護者が子どもの性格に合った教室を見極めましょう。

子どもの絵画教室を選ぶときのポイント2:子どもと先生の相性を確認する

子どもの絵画教室を選ぶときのポイントは、子どもと先生の相性を確認することです。

先生も人間なので、色々なタイプの方がいます。子どもを楽しませるのがうまい先生もいれば、楽しませる方向よりも技術力をアップさせる点を重視する先生もいます。

子どもが小さいうちは「先生に会いたい」という気持ちが、習い事のモチベーションを左右するでしょう。先生によって、同じ習い事も好きにも嫌いにもなるため、相性は大切です。

子どもの絵画教室を選ぶときのポイント3:送迎の有無や時間帯を確認する

子どもの絵画教室を選ぶときのポイントは、送迎の有無や時間帯を確認することです。

子どもの習い事は、子どもの年齢や距離によって保護者の送迎が必要になるでしょう。年齢が低い場合はもちろん、距離が遠ければ車やバスなどを使っての移動になります。

保護者のスケジュール調整も必要になるため、送迎の有無や時間帯は必ずチェックしましょう。ある程度継続するには通いやすさは重要です。

子どもの絵画教室を選ぶときのポイント4:予算をあらかじめ決めておく

子どもの絵画教室を選ぶときのポイントは、予算をあらかじめ決めておくことです。

月謝は1時間から1時間半で5,000円~10,000円が相場といわれています。教室にいる間は教室の画材を自由に使っていい教室もありますが、画材を別途購入する可能性もあるので注意が必要です。また、展覧会やコンクールに出品するときに費用がかかるケースもあるでしょう。

子どもの絵画教室を選ぶときのポイント5:習い事の目的を明確にする

子どもの絵画教室を選ぶときのポイントは、習い事の目的を明確にすることです。

純粋に子どもが絵を描くのが好きで、子どもの情操教育のために絵を習わせる場合は自宅から通いやすい教室を選ぶのがいいでしょう。友達が習っていてやりたくなったという場合は、友達と同じ教室に通わせてあげましょう。

絵の上達を期待する場合は、先生の作品を見て判断する必要もあります。目的を明確にしてから、絵画教室を選びましょう。

習い事をさせるうえで保護者ができること3つ

最後に、習い事をさせるうえで保護者ができること3つについて紹介していきます。習い事をさせるうえで保護者ができることには、作品を褒める、練習に付き合う、環境を整えることなどがあります。

子どもに習い事をさせる場合、何よりも本人のやる気が重要になりますが、保護者としてもサポートできる部分はあるでしょう。

習い事のために保護者ができること1:作品を褒める

習い事のために保護者ができることは、作品を褒めることです。

作品を褒めることによって、自分が誰かに認められる意識が芽生えます。他者に認められることで、自己肯定感が備わり、習い事へのモチベーションをアップさせることが可能です。

失敗したときも頑張った過程を褒めましょう。指摘する場合も、「でもここは良かったね」と褒める形でまとめると、子どもは前向きな気持ちを持ちやすいでしょう。

習い事のために保護者ができること2:練習に付き合う

習い事のために保護者ができることは、練習に付き合うことです。

絵画教室の場合は、基本的に教室で描くスタイルが一般的ですが、もっとはやくうまくなりたいと考える子や、純粋に絵を描くことが好きな場合は家でも絵を描く子どもは多いでしょう。

このとき、保護者が一緒に練習に付き合うと、自分を見てくれているという安心感や満足感から子どものやる気はアップします。描く機会が増えることで絵の上達がはやくなるでしょう。

習い事のために保護者ができること3:環境を整える

習い事のために保護者ができることは、環境を整えることです。

子どもは好奇心が旺盛で、注意が散漫になりがちです。集中力が切れやすいところがあるため、環境が整っていないと一つのことに集中できない場合があります。

例えば、部屋の室温を暑すぎず寒すぎないよう整えたり、子どもが絵を描くときはテレビをつけないようにしたりと、環境を整えることで、子どもは集中力を切らさずに絵と向き合えるでしょう。

絵の習い事を検討しよう

子どもに絵の習い事をさせるメリットとデメリット、絵画教室を選ぶときのポイントについて紹介しました。

絵は、内側の部分を表に出す表現方法の一つであり、幼いころから芸術に触れることで子どもの情緒を育むことが可能です。感性を養うにもぴったりな習い事でしょう。

費用がかかる点や成果が出るまでに時間がかかる点がありますが、大人になっても継続できる趣味にもなるため、絵の習い事を検討してみてはいかがでしょうか。

RELATED
子供が習い事を嫌がる原因は何?対処法11選と保護者がやってはいけないこととは
勉強
2021年04月02日

子供が習い事を嫌がる原因は何?対処法11選と保護者がやってはいけないこととは

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い
勉強
2021年03月18日

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い

反転授業が注目される理由4選|もたらす効果や注意点についても紹介!
勉強
2021年05月01日

反転授業が注目される理由4選|もたらす効果や注意点についても紹介!

小学生の英語の習い事におすすめの教室13選!習い事を始めさせる効果とは
勉強
2021年03月18日

小学生の英語の習い事におすすめの教室13選!習い事を始めさせる効果とは

子供におすすめの習い事29選!始めるベストタイミングや注意点とは?
勉強
2021年05月07日

子供におすすめの習い事29選!始めるベストタイミングや注意点とは?

高校生におすすめのノートパソコン19選|使用する上で注意させることも解説
勉強
2021年05月03日

高校生におすすめのノートパソコン19選|使用する上で注意させることも解説

子供の習い事に将棋を選ぶメリット14個|人気の理由や費用についても紹介
勉強
2021年03月18日

子供の習い事に将棋を選ぶメリット14個|人気の理由や費用についても紹介

無料で始められる!子供向けプログラミング学習ができるサイトやアプリ11選
勉強
2021年03月18日

無料で始められる!子供向けプログラミング学習ができるサイトやアプリ11選

子供の集中力を高める習い事5選!集中力を上げるための方法も解説
勉強
2021年03月18日

子供の集中力を高める習い事5選!集中力を上げるための方法も解説

そろばん教室を選ぶポイントとは?そろばんを習う効果12個紹介!
勉強
2021年03月18日

そろばん教室を選ぶポイントとは?そろばんを習う効果12個紹介!

日本の英語教育の現状とは?子供の時に勉強するメリット6選と英会話教室の選び方
勉強
2021年03月18日

日本の英語教育の現状とは?子供の時に勉強するメリット6選と英会話教室の選び方

習い事にオススメなスポーツ6つを紹介!メリットやデメリットも
勉強
2021年03月18日

習い事にオススメなスポーツ6つを紹介!メリットやデメリットも

小学生の子供を塾に通わせる際のポイント3つ|塾の選び方や塾代など
勉強
2021年03月18日

小学生の子供を塾に通わせる際のポイント3つ|塾の選び方や塾代など

費用の安い習い事17個|費用の安い習い事をやらせる時の留意点は?
勉強
2021年03月18日

費用の安い習い事17個|費用の安い習い事をやらせる時の留意点は?

小学生の子供に人気の習い事15選|習い事のメリット・デメリットや注意点も紹介
勉強
2021年03月18日

小学生の子供に人気の習い事15選|習い事のメリット・デメリットや注意点も紹介

子供向けプログラミングとは?スクラッチの7つのメリットを紹介!
勉強
2021年03月18日

子供向けプログラミングとは?スクラッチの7つのメリットを紹介!

サピックスの特徴とは|中学受験対策にサピックスを利用するメリット3つ
勉強
2021年03月18日

サピックスの特徴とは|中学受験対策にサピックスを利用するメリット3つ

小学生が通う冬期講習の4つの疑問|入塾させるときのポイントとは?
勉強
2021年03月18日

小学生が通う冬期講習の4つの疑問|入塾させるときのポイントとは?

子供が習い事を辞めたい理由10個|対処法3つや始める前に知っておくことも解説
勉強
2021年04月03日

子供が習い事を辞めたい理由10個|対処法3つや始める前に知っておくことも解説

これなら大丈夫!子供が習い事を辞める時の理由を述べる方法3つとマナー
勉強
2021年03月18日

これなら大丈夫!子供が習い事を辞める時の理由を述べる方法3つとマナー