子供におすすめの習い事29選!始めるベストタイミングや注意点とは?

初回公開日:2021年02月05日

更新日:2021年05月07日

記載されている内容は2021年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

子供に習い事をさせたいと考えているけど、何を習わせたらいいのかわからず悩んでいる保護者も多いのではないでしょうか。この記事では、子供におすすめの習い事や注意点についてご紹介していくので、ぜひ参考にしながらどの習い事にするか検討してみてください。

子供におすすめの習い事29選!始めるベストタイミングや注意点とは?

子供に習い事をさせるベストタイミングは?

子供に習い事をさせる場合、どのタイミングで始めるのがベストなのでしょうか。明確に何歳からといった決まりはありませんが、学校の先生とまともな会話のやり取りができるようになってからがベストだと言えます。

親以外の大人とも会話できるレベルでないと、適切に学べずに習い事に通う意味がなくなってしまうので、先生と会話ができるようになってからを目安としておくと良いでしょう。

子供に習い事をさせるメリット4つ

子供に習い事をさせる家庭が多い中、習い事をさせることに意味があるのか疑問に感じている保護者もいらっしゃることでしょう。

子供の習い事にどのような意味があるのか、習い事をすることによって得られるメリットを4つ紹介します。

1:好きな分野の知識が深まる

興味を持って継続できる習い事が見つかれば、習い事を続けるほどに、その分野の知識や理解を深めることができます。知識や理解が深まれば、より専門的な方向に進むこともできますし、さらに探求することもできます。

2:自信を持てるようになる

どんな習い事をしても、人の前で発表・披露したり、先生や他の生徒とのコミュニケーションをとったりする機会があるものです。そのために、努力をしたり、目標を達成したりすることを通して、自分に自信が持てるようになります。

3:努力してやり遂げる力がつく

どの習い事も、1日や短期間ですべてをマスターすることはできません。1つ1つ小さな目標やステップをクリアしながら上達していくものです。そのためには、努力をしなければなりません。ですから、どの習い事をするにしても、続けることで努力してやり遂げる力が身につくのです。

4:友達が増える

チームで行われる習い事も、個人で取り組む習い事も、興味や目的を共にする仲間に出会えることがあります。学校外で、こうした友達や仲間を増やすことができるのも、習い事をするメリットです。

子供に習わせてよかった!おすすめの習い事29選

どのような習い事をさせることが子供にとって良いのかわからないと悩んでいる人もいるでしょう。多くの保護者が子供に習わせてよかったと絶賛するおすすめの習い事を29個紹介していきます。どの習い事をさせるか迷っている人は、紹介する29個の習い事の中から選んでみましょう。

1:英会話

日本における英語学習が小学校でも必修科目になり、年々グローバル化が加速している傾向にあることから英語力を鍛えるために「英会話」を習い事にすることは、子供の将来のためにもおすすめです。

同時にコミュニケーション能力も磨かれるため、会話することが苦手な子供の克服方法として期待できるというメリットもあります。

2:塾や通信教育

子供の学力低下が問題視される中、塾や通信教育需要も高まっています。

塾や通信教育を習い事にすることで、授業の遅れを取り戻せるだけでなく、効率的且つ効果的な受験対策も期待できるため、カリキュラムをこなすだけで学力向上が見込めるというメリットがあります。

3:プログラミング

プログラミング教育は2020年度より小学校でも必修化されています。進化するテクノロジーやグローバル化に対応できる人材を増やすため、今大注目の習い事がプログラミングです。

子供向けのプログラミング教室は、プログラミングの基礎となる考え方や作り方をゲーム感覚で覚えることができるシステムで提供している教室が多いので、遊び感覚で楽しく始めることができます。

また、プログラミングは日本のみならず、世界規模でもプログラミングの大会が開催されていますので、目標を大きく持つことができる習い事でもあります。

4:そろばん

暗算や計算のスキルが身につくそろばんは、就学前の小さな頃から受け入れてくれる教室もあることから、子供に人気の習い事です。義務教育が始まる前や学校で習う前から、先取りして算数の勉強や算数についての理解を深めることができるのも、そろばんのメリットです。

また、数字ではなくそろばんを使って視覚的に算数を学ぶため、就学前や小学校低学年の子供でもスムーズに算数に慣れ親しむことができるのが、そろばんの良いところです。

5:サイエンス教室

自宅ではなかなかできない科学実験を通して、子供の想像力や好奇心を育み、総合的な教育を試みるのがサイエンス教室です。課題を通して実験をし、成功や失敗といった経験を積む流れの中で仮説を立てて検証したり、科学的な考え方も培ったりすることができます。

また、サイエンス教室での先生やクラスメイトとのやり取りや協力を通して、コミュニケーション能力や協調性を養うことも期待できます。

6:サッカー

サッカーは、チームプレーが重要なスポーツです。仲間と協力し、自分のポジションで果たすべき役割を理解し、チーム一丸となって戦略を立てるなど、これらの全てを同時に行う知能的なスポーツです。そのため、周囲を考察する力や、状況把握能力も身につけることが期待できます。

サッカーはゲーム中、常に動いているスポーツですから体力もつきます。また、コミュニケーション力も高めることができます。

サッカーを習うには、地域のサッカーチームやクラブチーム、サッカースクールなどの選択肢があります。遠征やユニフォーム代など、総合的に選ぶと良いでしょう。

7:野球

キャッチボールが楽しめるようになったら、野球を習い事にするのもおすすめです。チームスポーツである野球は、練習や試合を通してチームワークや協調性を学ぶことができます。また、挨拶や相手への敬意といった、礼儀も身につきます。

地域の少年野球チームなどから、指導方針やチームの雰囲気などが合うところを選びましょう。

また、試合のあるスポーツ全般にいえることですが、試合の多くは週末に行われます。スケジュールの管理や保護者の送迎などがあることも、念頭に入れておきましょう。

8:ラグビー

ラグビーは体のぶつかり合いのある激しいスポーツですが、子供のうちから取り組むことのできるチームワークが重要なスポーツです。小学校低学年頃までのラグビーでは、体格が小さいこともあって激しいぶつかり合いはありません。

将来的にもラグビーを続けていきたい、ラグビーの強豪校へ進学したいなどの目標がある場合は、早めにラグビーを習い始めた方が有利でしょう。

9:体操

体操教室では、マット運動や鉄棒など、体育の授業でも習うことを教えてくれます。逆上がりや跳び箱など、家庭内で教えるのが難しい場合は、体操教室もおすすめです。

体操教室での全身運動を通して、運動能力が向上し、柔軟性を養うことができます。体操を習うことは、他のスポーツ系の習い事をする上でも活かせる基礎的な内容が多いのでおすすめです。

10:スイミング

習い事全体を通して人気があるのがスイミングです。スイミングは、室内で通年できるスポーツであることから、天候や季節に左右されることなく続けられる点も魅力です。また、通う子供が多いことから、スクールバスを出しているスクールも多く通いやすいといえます。

スイミングは、他のスポーツに比べて接触がないため、怪我の少ないスポーツでもあります。また、水泳は一度身につくと、生涯を通して使えるスキルでもあります。また、心肺機能を向上させる効果や、体に負担をかけずに全身運動ができるのも人気のポイントです。

保護者と赤ちゃんが一緒にできるスイミングがあるほど年齢が低いうちから始めることができる習い事でもあります。小学生では水泳の授業もありますので、その予習として就学前から通い始める子供も多いのが特徴です。

11:ゴルフ

老若男女問わずできるスポーツの代表格がゴルフです。家族皆でラウンドを楽しむことができるのも魅力です。ゴルフの練習は、ゴルフ練習場でのレッスン、実際に本物のゴルフコースでのラウンドなど、室内や屋外で行われます。

ゴルフはマナーが重要視されるスポーツですので、他のプレイヤーや観客を気遣う気持ちが培われます。また、コースをよく読んで風やボールの動きを予想するといった、想像力や考察力も鍛えることができます。

12:テニス

世界4大大会や、最近では世界で活躍する日本人テニスプレイヤーが増えてきて、テニスに対する関心も高まっているのではないでしょうか。テニスは体の接触がないスポーツですので、比較的怪我も少なくなります。

テニスでは、持久力や反射神経が身につくといった体力面でのメリットの他に、集中力や判断力が高まるというメリットもあります。

それぞれのテニススクールでは、年齢や成長に合わせたプログラムが用意されています。

テニスは、未就学児から始めることができるスポーツですが、テニスに必要な体力がついてくる1年生頃に始めるのがおすすめです。まずは、テニスボールに親しむところから楽しく始めてみましょう。

13:卓球

一流の選手が小さい頃から習い始めている印象の強い卓球ですが、卓球はラケットさえ握れれば、小さい頃から始めることができるスポーツです。

スポーツの中ではそんなに場所を取らないスポーツですので、自宅で練習できる場合もあるでしょう。しかし、卓球を習い事にするメリットは、独自のやり方で変な癖をつけないといった側面も持ち合わせています。長く卓球を続ける場合は、やはりプロに習う方がおすすめです。

14:アイススケート

アイススケートは、氷の上でバランスを上手くとりながらスピード感あふれる動きをする全身運動です。アイススケートの中には、表現力や柔軟性が高められるフィギュアスケート、瞬発力が身につくスピードスケート、そして、チーム競技のアイスホッケーも含まれます。

子供の興味や性別、体格に合わせて、アイススケートのジャンルの中から気に入ったものを選びましょう。アイススケートを習える環境は、どこにでも整っているわけではありません。まずは通える範囲に習える場所があるか探してみましょう。

15:バレーボール

バレーボールは、地域の少年団やバレーボールクラブなどでできるスポーツ系の習い事です。地域の体育館でこういった小学生向けのバレーボールが習えるか調べてみましょう。

バレーボールは、チームスポーツであるため、協調性が身につきます。また、コーチや相手チームへの敬意や礼儀も学ぶことができます。また、比較的費用の掛からない習い事としても知られています。

16:バスケットボール

世界的に人気のスポーツであるバスケットボールですが、子供の体格や体力に合わせて作られた競技にミニバスケットボールがあります。リングの高さやボールのサイズやルールなどが、子供向けに調整されています。

ミニバスケットボールは、概ね小学1年生頃から始めることができます。チームスポーツ特有の協調性の他にも、俊敏さや反射神経も身につけることができ、性別問わずおすすめのスポーツです。地域のバスケットボールクラブなどを探してみましょう。

17:ソフトボール

チームスポーツであるソフトボールを通して、チームメイトとの絆や、共に支え合い一緒に戦う団結力が生まれます。こうした経験は、体の成長だけではなく、心の健全な成長も促します。

ソフトボールを習う際は、多くは地域のスポーツ少年団に入ることになります。一般的にスポーツ少年団は、費用負担が少ない分、保護者の送迎や炊き出しなどの活動が多い場合もありますので、家族の協力体制も確認しましょう。

18:陸上競技

今の子供は、走り回れるところが少ないので、昔に比べて運動の苦手な子が多いと言われます。小学生が運動会の前など、かけっこが上手になりたいと思ったタイミングで、練習場所の1つとして陸上教室へ通うという選択肢があります。

陸上教室では、正しい走り方のフォームを教えてもらえます。また、小学校中学年頃になると、走ることに加え、跳ぶ・投げるといった他の陸上競技の基礎となる練習にも取り組めるようになります。

19:ボルダリング

ボルダリングは、オリンピックの競技種目にもなったスポーツクライミングの中の1つの種目です。また、最低限の装備、体1つで自然の岸壁や岩、人工的に作られた壁を登るスポーツ全体のことをボルダリングともいいます。

ボルダリングは、自分の体重や体の揺れを利用して壁を登る全身運動です。また、登る際には自分で攻略方法を考えなければならず、知力も求められます。安全装備もしっかりした、屋内でのボルダリング教室も増えてきていますので、子供のうちから習う事ができます。

20:新体操

新体操はリボンやボールなどの手具を用いて、音楽に合わせて演技をして柔軟性や芸術性を競う競技です。

新体操では、表現力やリズム感、柔軟性などが身につきます。また、姿勢の良さがひと際目立つのも新体操の魅力です。教室によって受け入れ年齢は異なりますが、保護者同伴などの条件によっては、未就学児から受け入れている場所もあります。

21:ピアノ

子供の習う音楽系の習い事の定番といえば、ピアノです。練習を重ねることによって、上達が目に見える点も人気のポイントです。

ピアノは月会費や入会費の他に、発表会の費用などが掛かります。また、ピアノ本体が他の楽器に比べて大型で高額です。ピアノを始める際には、子供が長くピアノを続けていけるかを見極めて揃えましょう。

22:バレエ

柔軟性や表現力が培われるバレエは、鏡の前で自分のポーズを細かく確認しながら学ぶダンスです。ですから、客観的に自分を見る力も養われます。バレエは女性が多い印象ですが、男女ともに習えるダンスでもあります。

バレエに必要な柔軟性は、レッスン時のストレッチやウォームアップだけで得られるものではありません。毎日家でも開脚などのストレッチをすることが重要です。

23:ダンス

2012年から中学校教育でダンスが必修化された影響もあり、ダンス教室需要も急上昇し、気軽に習える環境が整ったことで人気の習い事となりました。基礎体力向上、リズム感や表現力など総合的な体の動きを身につけられるのがメリットです。

出典:武道・ダンス必修化|文部科学省
参照:mext.go.jp/a_menu/sports/jyujitsu/1330882.htm

24:料理

料理は、人間の基本的な活動である衣食住の1つである「食」を作り出す大切なスキルです。料理を習うことは1人暮らしをする際にも役立ちますし、子供のころから慣れ親しんでおくことで、食の大切さを知る食育にも繋がります。

料理教室の中には子供だけで定期的に通う以外にも、料理やテーマに合わせた回数に合わせて通う教室や、保護者と子供で参加できるプログラムなどもあります。子供の興味や年齢に合わせて選びましょう。

25:習字

硬筆と毛筆を正しく学べる習字は、字が綺麗に書けるようになるというメリットが大きいです。文字や文章全体のバランスが上手にとれるようになると、一生涯そのスキルは身につきます。また、集中力や姿勢の良さも、習字を習うことで身につくメリットです。

26:将棋

若い棋士とベテラン棋士が同じ場で勝負をする機会をニュースで目にするとこも多いのが将棋です。若い棋士の真摯な姿勢や立ち居振る舞いを見て、将棋に興味を持つ子供が増えています。

将棋教室では1からルールを教えてくれますので、ルール内容が理解できて話が聞ける年齢であれば、受け入れてもらえるでしょう。4、5才頃から始められる教室も多いようです。

27:キャンプ

キャンプ需要が高まった背景もあり、子供体験ツアーと称して子供達だけで自主的にキャンプを体験するツアーも流行しています。仲間と一緒に協力しながらキャンプすることで、協調性やチームワークの大切さを感覚的に学べるメリットがあります。

28:ボーイスカウト

ボーイスカウトとは、自然の中で野外活動を行う中で青少年の健全な成長を育む教育活動です。子供たちの自主性を大切にし、グループで活動する中で協調性や社会性、リーダーシップを培います。

ボーイスカウトは全世界に支部があり、世界中のボーイスカウトと交流ができる機会もあるのも魅了です。また、女の子だけで行われるガールスカウトもあります。

29:eスポーツ

eスポーツは新しい分野のスポーツです。主にコンピューターゲームやビデオゲーム上で対戦するスポーツです。eスポーツは世界的に躍進しており、国内や世界大会では、eスポーツのプロが活躍しています。eスポーツは1つの職業にもなるスポーツといえます。

子供向けのeスポーツ教室には、小学1年生頃から入会できることが多いようです。レッスンでは、子供の考える力や、目標達成のために創意工夫をする努力などを育てるプログラムが組まれています。

習い事を始める際の注意点

子供に習い事をさせる際、何も考えずに適当に習い事を決めることは意味がないだけでなく、子供の自信を奪ってしまう可能性もあり逆効果なので注意が必要です。

子供に習い事をさせる際の注意点について4つ紹介していくので、しっかりと目を通しておきましょう。

1:子供がやりたいと思うものを選ぶ

子供に習い事をさせる際の注意点の1つ目は、子供が興味を持ちやりたいと思うものを選ぶことです。また、親の趣味や理想を押し付けず、子供に選択肢を渡すことが大切です。

人には向き不向きがありますが、子供も例外ではありません。子供が本当にやりたいことをやらせてあげることによって、一生モノのスキルになる可能性もありますし、将来の仕事に繋がることもあり得ます。また、しっかり子供と向き合って選ぶようにしましょう。

2:続けられないことへの理解を持つ

子供がやってみたいと望んだ習い事であっても「続けられなかったらどうしよう」という不安は抱えているものです。

実際にやってみないと長く続くかどうかわからないため、続けられないこことを理解した上で、どの習い事をしてみるか子供と一緒に検討すると良いでしょう。

3:家計と費用のバランスに気を付ける

子供の習い事は、当然のことながら無料でやらせてもらえるわけではなく、必ず月額費用などがかかります。

各家庭で習い事にかけられる費用の大きさも異なりますし、習い事で無理をして家計が火だるま状態になるのは本末転倒ですので、家計とのバランスを見た上で検討しましょう。

4:保護者の協力体制を整える

子供の習い事には送迎やお弁当の用意など、保護者の協力体制が整っていることも大切です。

協力体制が整っていない状態で習い事をすると、子供も不安な気持ちを抱え、習い事に集中できずに悪循環が生じるリスクがあります。そのため、協力体制が整った状態で始めるように意識しましょう。

おすすめの習い事を参考に子供の好奇心を育てよう!

子供に習い事をさせるタイミングやメリットに加えて、おすすめの習い事、注意点についてご紹介しました。年々習い事の種類や数も増えているため、しっかり子供と向き合って何を習うか検討することが大切です。

まずは、ここで紹介したおすすめの習い事を参考に子供の好奇心を育むことができるような習い事を始めてみましょう。

RELATED
子供が習い事を嫌がる原因は何?対処法11選と保護者がやってはいけないこととは
勉強
2021年04月02日

子供が習い事を嫌がる原因は何?対処法11選と保護者がやってはいけないこととは

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い
勉強
2021年03月18日

モンテッソーリ教育に期待される8つの効果|年齢に応じた教育内容と海外との違い

反転授業が注目される理由4選|もたらす効果や注意点についても紹介!
勉強
2021年05月01日

反転授業が注目される理由4選|もたらす効果や注意点についても紹介!

小学生の英語の習い事におすすめの教室13選!習い事を始めさせる効果とは
勉強
2021年03月18日

小学生の英語の習い事におすすめの教室13選!習い事を始めさせる効果とは

高校生におすすめのノートパソコン19選|使用する上で注意させることも解説
勉強
2021年05月03日

高校生におすすめのノートパソコン19選|使用する上で注意させることも解説

子供の習い事に将棋を選ぶメリット14個|人気の理由や費用についても紹介
勉強
2021年03月18日

子供の習い事に将棋を選ぶメリット14個|人気の理由や費用についても紹介

無料で始められる!子供向けプログラミング学習ができるサイトやアプリ11選
勉強
2021年03月18日

無料で始められる!子供向けプログラミング学習ができるサイトやアプリ11選

子どもに絵の習い事をさせるメリット6つ|絵画教室を選ぶときのポイントとは?
勉強
2021年03月18日

子どもに絵の習い事をさせるメリット6つ|絵画教室を選ぶときのポイントとは?

子供の集中力を高める習い事5選!集中力を上げるための方法も解説
勉強
2021年03月18日

子供の集中力を高める習い事5選!集中力を上げるための方法も解説

そろばん教室を選ぶポイントとは?そろばんを習う効果12個紹介!
勉強
2021年03月18日

そろばん教室を選ぶポイントとは?そろばんを習う効果12個紹介!

日本の英語教育の現状とは?子供の時に勉強するメリット6選と英会話教室の選び方
勉強
2021年03月18日

日本の英語教育の現状とは?子供の時に勉強するメリット6選と英会話教室の選び方

習い事にオススメなスポーツ6つを紹介!メリットやデメリットも
勉強
2021年03月18日

習い事にオススメなスポーツ6つを紹介!メリットやデメリットも

小学生の子供を塾に通わせる際のポイント3つ|塾の選び方や塾代など
勉強
2021年03月18日

小学生の子供を塾に通わせる際のポイント3つ|塾の選び方や塾代など

費用の安い習い事17個|費用の安い習い事をやらせる時の留意点は?
勉強
2021年03月18日

費用の安い習い事17個|費用の安い習い事をやらせる時の留意点は?

小学生の子供に人気の習い事15選|習い事のメリット・デメリットや注意点も紹介
勉強
2021年03月18日

小学生の子供に人気の習い事15選|習い事のメリット・デメリットや注意点も紹介

子供向けプログラミングとは?スクラッチの7つのメリットを紹介!
勉強
2021年03月18日

子供向けプログラミングとは?スクラッチの7つのメリットを紹介!

サピックスの特徴とは|中学受験対策にサピックスを利用するメリット3つ
勉強
2021年03月18日

サピックスの特徴とは|中学受験対策にサピックスを利用するメリット3つ

小学生が通う冬期講習の4つの疑問|入塾させるときのポイントとは?
勉強
2021年03月18日

小学生が通う冬期講習の4つの疑問|入塾させるときのポイントとは?

子供が習い事を辞めたい理由10個|対処法3つや始める前に知っておくことも解説
勉強
2021年04月03日

子供が習い事を辞めたい理由10個|対処法3つや始める前に知っておくことも解説

これなら大丈夫!子供が習い事を辞める時の理由を述べる方法3つとマナー
勉強
2021年03月18日

これなら大丈夫!子供が習い事を辞める時の理由を述べる方法3つとマナー