高校の修学旅行の実施時期と実施学年|行き先との関係についても解説

初回公開日:2021年07月09日

更新日:2021年07月09日

記載されている内容は2021年07月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

高校で実施される修学旅行について、事前に知っておきたいという保護者の方もいらっしゃるでしょう。この記事では、高校の修学旅行の実施時期や実施学年についてご紹介します。高校の修学旅行について知りたい方は、この記事を参考にしてください。

高校の修学旅行の実施時期と実施学年|行き先との関係についても解説

高校の修学旅行の実施時期

高校の修学旅行の実施時期は、高校ごとに異なりますが集中する時期が存在します。

日本修学旅行協会が2018年度に実施した高校の修学旅行の調査によると、10〜12月に実施する学校が全体の59.5%を占めています。特に国公立校では10〜12月に集中しており、私立校では10〜12月と2月、3月に分散しています。

これは、4月のクラス替え以降、落ち着いてくる時期を考えての結果でしょう。

出典:2018年度実施の国内修学旅行の実態とまとめ(高等学校)<抜粋>|公益財団法人日本修学旅行協会
参照:https://jstb.or.jp/files/libs/1829/202002191437292033.pdf

高校の修学旅行の実施学年

ベネッセが調査した高校の修学旅行の実施学年では、2年生が圧倒的に多く、全体の90%以上という結果でした。

1年生は入学したばかりで、3年生は大学受験を控える子が多いと考えると当然と思われる結果でしょう。

参照:9割以上が2年生のうちに実施 行き先は九州/沖縄が多い傾向|株式会社ベネッセホールディングス
出典:https://benesse.jp/kyouiku/201409/20140911-1.html

高校の修学旅行の実施時期3選

10〜12月を修学旅行の実施が集中する時期として述べましたが、高校の考え方や行き先によっては一概にこの時期に限ったものとは言えません。

ではそれぞれの時期を選ぶメリットは、どういったところにあるのでしょうか。比較的修学旅行の実施が多い時期として、夏休みの後・春休みの前・夏休みの前に分けて見ていきましょう。

1:夏休みの後

実施高校が多い理由として考えられるのが、まず気候でしょう。どこへ行くにも、暑すぎず寒すぎず過ごしやすい気温に加え、梅雨や台風などの時期でもなく、比較的晴れる日も多い、まさに修学旅行に適したシーズンと言えるでしょう。

また、学年が変わり、クラス替えをして半年経過しているため、クラスとしても落ち着いてくる時期であることも、理由の1つとして挙げられるでしょう。

2:春休みの前

夏休みの後に続き、春休みの前が修学旅行の実施が多い時期です。夏休みの後と同じく、世間的にも旅行シーズンで、過ごしやすい気候ということが、人気の大きな理由として挙げられます。

また、その学年、そのクラスで過ごす時間も残りわずかとなり、比較的落ち着いている時期であるだけでなく、最後の思い出づくりとしても適した時期と言えます。

そして、前述の通り高校の修学旅行は、全体の多くが夏休みの後に集中しているため、混雑の緩和や学校同士のバッティング回避といった意味で、次点の旅行シーズンを選ぶ高校もあるでしょう。

3:夏休みの前

最後は、夏休みの前です。梅雨と被るので、少し雨が心配な時期ではありますが、体育祭や文化祭などの学校行事が少なく、予定が組みやすいので、この時期に実施する学校も比較的多いです。

暑さ寒さが厳しいスポットが行き先である場合は、費用も考慮したうえで、この時期にするところもあります。

高校の修学旅行の行き先と実施時期の関係6つ

ここまで、修学旅行の実施時期はいつが多いかをご紹介しましたが、それは行き先によっても左右されます。同じ日本国内でも、行き先が違えば気候も異なり、旅行に適したシーズンも異なります。

ここからは、行き先別に修学旅行の実施が考えられる時期を見ていきましょう。

1:北海道へ行く場合に考えられる時期

北海道は冬の寒さが厳しいため、その寒さを避けて行く学校が多いです。なぜなら、飛行機や現地到着後の移動手段が、なくなってしまうこともあるためです。

北海道は梅雨がないので、5〜6月が修学旅行生の多い時期と言われています。また、まだ本格的な寒さが始まっていない10月あたりも比較的多いです。しかし、スキーを目的として組む学校もあり、あえて1〜2月にする場合もあります。

2:東京へ行く場合に考えられる時期

東京は、適した時期というものがないため、オールシーズン考えられます。

自然や気候を楽しむことを目的とされていない場合がほとんどで、首都の観光・学習が大きな目的として考えられています。よって、行き先が東京の場合、その時期を予測するのは非常に困難です。

3:関西へ行く場合に考えられる時期

関西は夏の暑さ、冬の寒さ、共に厳しいスポットなので、真夏・真冬は避け、5〜7月もしくは9〜11月が修学旅行生のシーズンとなっています。

中でも、9〜11月は梅雨を避けることができ、かつ紅葉を堪能することができるため集中すると考えられます。

4:九州へ行く場合に考えられる時期

九州の夏は、暑さが厳しいことと、頻繁に台風が来ることから、夏は避けられる傾向にあります。そのため九州は、その気候から9〜12月が修学旅行生の多い時期と言われています。

5:沖縄へ行く場合に考えられる時期

沖縄は、4〜6月もしくは10〜12月が、修学旅行生が多い時期です。

沖縄は台風の影響を受けることが非常に多いため、台風シーズンである7〜9月はほとんど修学旅行生の姿は見られません。しかし、行き先としてとても人気があるため、台風シーズン以外は多くの修学旅行生の姿が見られるでしょう。

6:テーマパークへ行く場合に考えられる時期

テーマパークはベストシーズンがあるわけではないので、オールシーズン考えられます。しかし、その中でも特に修学旅行生が多いと言われているのが、5〜6月と9〜10月です。

やはり過ごしやすい気候という点で、この時期に集中しやすいのでしょう。

小学校と中学校の修学旅行の実施学年と実施時期

ここまで、高校の修学旅行に着目し、時期や行き先について詳細に見てきました。

では、小学校や中学校では実施学年は何年生が多く、その実施時期は高校と違いがあるのでしょうか。
小学校、中学校の修学旅行について詳しく見ていきましょう。

小学校の修学旅行

ではまず、小学校の修学旅行について見ていきましょう。小学校は初めての修学旅行ということもあり、友達と宿泊つきで出かけることがほとんどない子ども達にとっては、とても楽しみな行事ではないでしょうか。

小学校の修学旅行は、その年齢を考慮して、「近場に、短期間で」というものが多いようです。

実施学年

小学校の修学旅行は、ベネッセの調査によると、98.6%が6年生の時に実施したという結果でした。修学旅行は学習の場ということもあり、最終学年で実施することを選択する学校がほとんどのようです。

また、修学旅行を小学校で初めての宿泊旅行とならないように、5年生で林間学校を行うという学校も多いです。

出典:96.9%が「楽しんだ」小学生の修学旅行 行き先は近隣エリアが多い傾向|株式会社ベネッセホールディングス
参照:https://benesse.jp/kyouiku/201409/20140925-1.html

実施時期

実施時期に関しては、10月が最も多く、5月、6月、11月と続きます。この4ヶ月で約80%の小学校が実施しており、高校と比べて、修学旅行シーズンがより顕著に現れる結果となっています。

対象が小学生ですので、インフルエンザが流行するシーズンが外されていることも、時期が偏る大きな理由と言えるでしょう。

出典:全国小学校国内修学旅行の調査報告(抜粋)|公益財団法人日本修学旅行協会
参照:https://jstb.or.jp/files/libs/13/201301291658118167.pdf

中学校の修学旅行

小学校と比べ、行き先も少し足を伸ばし、旅行日数も増える傾向にあります。とはいえ、高校の修学旅行と比べると、本州が人気だったり日数も比較的短かったりと、行き先・日数は年齢と比例していくことがわかります。

実施学年

中学校の修学旅行の実施学年は、3年生が最も多く81.6%、残りは2年生という結果です。小学校、中学校に比べて、少し学校による学年のばらつきがあると言えるでしょう。

出典:心配は人間関係!? 中学校の修学旅行|株式会社ベネッセホールディングス
参照:https://benesse.jp/kyouiku/201409/20140918-1.html

実施時期

実施時期は、4〜6月が圧倒的に多く、この時期にほとんどの中学校が集中しています。中でも5月が非常に多いです。

これは、実施学年との関連性が高く、受験を控えている子が多い最終学年のため、期初に実施しているのでしょう。その証拠に、割合で見ると、国公立校の75%が4〜6月に実施している一方、受験を控えていない子が多い私立校は9〜11月の実施が最も多く、40%ほどを占めています。

出典:2018年度実施の国内修学旅行の実態とまとめ(中学校)<抜粋>|公益財団法人日本修学旅行協会
参照:https://jstb.or.jp/files/libs/1831/202002210954486554.pdf

高校の修学旅行が行われる時期や学年について知ろう

学校ごとで独自に決めることができる修学旅行ですが、このように学校の行事や行き先の気候、受験などの兼ね合いで、修学旅行の行われる時期や学年が変わってきます。「修学旅行シーズン」なるものが存在するのもこのためです。

また、小学校や中学校の修学旅行の傾向とは異なるため、高校の修学旅行について子どもと一緒に押さえておきましょう。

RELATED
通信制サポート校は通信制高校では無い?通信制高校との違い7つとは
高校
2021年07月09日

通信制サポート校は通信制高校では無い?通信制高校との違い7つとは

高校生の不登校を克服させるには?きっかけや保護者ができること
高校
2021年07月09日

高校生の不登校を克服させるには?きっかけや保護者ができること

通信制高校に通わせるメリット8つ!サポート体制や教科外活動も確認しよう
高校
2021年05月08日

通信制高校に通わせるメリット8つ!サポート体制や教科外活動も確認しよう

高校生の子供の通知表を見るときのポイントとは?成績を上げる対策5選
高校
2021年05月08日

高校生の子供の通知表を見るときのポイントとは?成績を上げる対策5選

女子高校生のお弁当箱の選び方4つ|種類とおすすめのメーカーもご紹介
高校
2021年05月08日

女子高校生のお弁当箱の選び方4つ|種類とおすすめのメーカーもご紹介

定時制高校とは?6つの詳細を知ろう!入試試験方法や勉強内容など
高校
2021年07月05日

定時制高校とは?6つの詳細を知ろう!入試試験方法や勉強内容など

センター試験の服装は制服?私服で受けた方が良い場合や注意点を解説!
高校
2021年07月02日

センター試験の服装は制服?私服で受けた方が良い場合や注意点を解説!

高校からスタートできる12のおすすめ部活|部活選びを成功させる6つのコツ
高校
2021年03月18日

高校からスタートできる12のおすすめ部活|部活選びを成功させる6つのコツ

私立高校の特待生制度とは?意味のある高校生活のために知りたいこと総合12個
高校
2021年03月18日

私立高校の特待生制度とは?意味のある高校生活のために知りたいこと総合12個

【3パターン別】高2の理想の勉強時間|基礎固めの受験勉強のやり方も解説
高校
2021年03月18日

【3パターン別】高2の理想の勉強時間|基礎固めの受験勉強のやり方も解説

高校生に習い事は必要?高校生におすすめな12の習い事とメリット
高校
2021年03月18日

高校生に習い事は必要?高校生におすすめな12の習い事とメリット

高校生のみでキャンプは可能?必要なアイテムやおすすめのキャンプ場も紹介
高校
2021年03月18日

高校生のみでキャンプは可能?必要なアイテムやおすすめのキャンプ場も紹介

高校の学費の主な内訳8つ|助成金・就学支度金・教育ローンで学費を抑えよう
高校
2021年03月18日

高校の学費の主な内訳8つ|助成金・就学支度金・教育ローンで学費を抑えよう

公立高校と私立高校の違い7つとそれぞれのメリットとデメリット
高校
2021年03月18日

公立高校と私立高校の違い7つとそれぞれのメリットとデメリット

【メーカー別】高校生におすすめの電子辞書総合9選|カシオ・シャープ
高校
2021年03月18日

【メーカー別】高校生におすすめの電子辞書総合9選|カシオ・シャープ

子供の大学受験におすすめの数学問題集16選|活用する方法もご紹介
高校
2021年03月18日

子供の大学受験におすすめの数学問題集16選|活用する方法もご紹介

通信制高校の6つの詳細を知っておこう!登校時間・学費・学習内容など
高校
2021年03月18日

通信制高校の6つの詳細を知っておこう!登校時間・学費・学習内容など