通信制サポート校は通信制高校では無い?通信制高校との違い7つとは

初回公開日:2021年07月09日

更新日:2021年07月09日

記載されている内容は2021年07月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

通信制高校には通信制サポート校という仕組みがあります。調べ始めた方にとって2つの違いがわかりづらく困惑してしまうことでしょう。本記事では通信制高校と通信制サポート校の違い、学費はどの程度なのか、メリットとデメリットについて紹介します。

通信制サポート校は通信制高校では無い?通信制高校との違い7つとは

通信制サポート校とは?

通信制高校と通信制サポート校は名前はそっくりですが、仕組みや関連する法律が全く違う制度の学校です。本記事では通信制高校と通信制サポート校の違いから、メリットとデメリット、学費などについても紹介します。

また通信制サポート高校の実態や詳細についても合わせてお伝えしていくので一緒にみていきましょう。

通信制高校とは?

通信制高校の管轄は文部科学省です。学校教育法という法律によって立派な「高等学校」として定められています。そのため、月に指定されたレポートを提出したり、最低月に1度あるスクーリングに出席し、期末テストで一定の成績を修める必要があります。

上記の条件を満たしたうえで3年以上在籍していれば高校卒業資格の取得が可能です。

出典:参考資料4 定時制・通信制課程に係る主な関連法令等について|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/047/attach/1336362.htm

通信制サポート校は増加傾向にある

通信制サポート校は「高等学校」ではありません。通っても高校卒業資格を取得することはできないのです。

通信制サポート校は、通信制高校に通う生徒に勉強や精神的な支援を行う場所のため、予備校や塾に近いでしょう。大半のサポート校は通信制高校と連携をしているので、同時入学が可能です。

近年増加し通信制高校が359校に対し、サポート校は1204あります。

出典:広域通信制高等学校基礎資料1|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/125/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2016/08/05/1374601_6.pdf

通信制サポート校で初年度かかる学費の目安

通信制高校と通信制サポート校両方に通学する場合、学費の負担は格段に上がります。しかし、3年間で卒業できるように2校の専門家がサポートしてくれるので、計画的に学習できるか不安に感じている人におすすめです。

学費の目安としては入学金が5~20万円程度、授業料が30~70万円程度、施設費や行事運営費等5~10万円程度かかります。サポート校は私立であるため学校によって異なりますが、年間50~100万円程度が相場です。

通信制サポート校と通信制高校の違い3つ

通信制高校は法律によって認められている教育機関のため、公立と私立があります。通信制サポート校は法律によって認められていない教育施設のため、私立しかありません。傾向として、学習塾や予備校と併設されていることが多いです。

本章では通信制高校と通信制サポート高校の違いを3つ(運営機関、学費、サポート校では高校卒業資格が取れない)を紹介していきますので一緒にみていきましょう。

1:運営機関

通信制高校は、定時制高校や全日制高校と同じく、決められた単位を取得して高卒資格を得る学校です。文部科学省に認められた学校法人が運営しています。

サポート校とはその名の通りに通信制高校に通う生徒をサポートするために設けられた学習支援の教室です。個人で運営されていることもあれば、いくつも店舗がある民間法人が運営していることもあります。

2:学費

通信制高校は公立と私立があります。公立の学費は1単位200円程度、私立では1単位5,000円程度必要となります。世帯収入によっては学費が支給されるため経済的負担は低いといえます。

通信制サポート校の利用には、通信制高校の上記の金額にプラスしてサポート校の費用が必要です。稀に通信制高校にサポート校学費が含まれる場合もありますが、初年度納入金の合計50万円〜100万円程度と高額です。

3:サポート校では高校卒業資格が取れない

サポート校は学校教育法に定められていない民間法人の教育機関です。塾や予備校などをイメージして頂けるとわかりやすいでしょう。サポート校を通信制高校が設置していることもありますが、ほとんどは業務委託で運営されています。

上記の理由のため、サポート校のみの入学では高校卒業資格は得られません。業務提携している通信制高校に同時入学して、高校卒業資格取得を目指しましょう。

通信制サポート校に通うメリット

サポート校は、予備校や学習塾等と併設していることが多く、カウンセラーや講師陣に強みを持っている施設が多くあります。そのため、各サポート校独自のカリキュラムがあります。

費用の負担が増えるためサポート校利用に抵抗を覚える方もいるでしょうが、自習が基本となる通信制高校では独学により3年間で卒業できるのは一部の人です。高校卒業資格取得を目指すためにサポート校の支援を受けるのも1つの方法です。

1:自分のペースで通える

通信制高校とは、全日制高校や定時制高校と同じように所定の単位を取得して高校卒業資格を取得する学校です。大きな違いは自宅などで個別に課題に取り組み郵送やインターネットで提出し、月に数回行われる授業に出席し期末テストを受けて単位を取得します。

学年という感覚が鈍く自分のペースで学習できるため、個々の状況に応じて柔軟に学習できます。

2:個別授業をしてくれる

サポート校は、その子どものペースに合わせて個別指導を設けている施設が多いです。通学日数も週1日~週5回と個々の生活環境に応じて通うことができます。学習支援のための授業はもちろん、学習計画の相談も受け、日常生活の精神的なケアを行います。

通信制高校では学校に通う機会が少ないため、サポート校に通うことが友達づくりに繋がっていく可能性もあります。

3:通信制高校を3年で卒業できるようにサポートしてくれる

通信制高校では自分でレポートと呼ばれる課題を作成したり、スクーリングという全体授業に出席しなければなりません。一見簡単そうに見えますが、解けない問題を自分で調べたり、1日拘束されて授業を受けたりと、日常管理しながら計画的に進めなければいけません。

後回しになりやすく、継続するのは難しいため、入学から3年で卒業できる人は40%といわれています。サポート校では3年間で通信制高校を卒業できるよう相談に応じてくれます。

4:登校が難しい生徒にも対応してくれる

心の傷によって、家から出るのが大変な学生は通信制高校にもいます。一部のサポート校では、担当の先生が直接家へ出向き学習意欲はあるが家から出られない子どもに対し個別授業を行い、慣れてきたらキャンパスまで付き添ってくれる施設もあります。

ここまで手厚くは通信制高校ではできません。サポート校を利用しているからこそ実現できるシステムです。

5:専門科目に特化しているカリキュラムがある

サポート校は予備校や塾、専門学校が運営していることが多いため、学習以外でも専門技術を持った人が多い施設です。そのため自主勉強という形で様々なカリキュラムを設けている施設が多いです。

プログラミング等のIT関連、メイクやファッション等のビューティ関連、その他にも就職に繋がりそうなプログラムも多く存在しています。

通信制サポート校に通うデメリットは?

前章までで、サポート校に通うメリットについて紹介してきました。メリットがあるということは当然気になってくるのはデメリットです。

デメリットは様々ありますが、サポート校だけでは高校卒業資格は得られないこと、通信制高校の費用もかかるので生活の負担になること、通学が苦手なお子様には負担になる可能性があることの3点があげられるでしょう。

通信制サポート校のサポートを受けて高校卒業資格の取得を目指そう

本記事では通信制サポート高校について紹介してきました。サポート校は学費が高く、手を出しにくいでしょう。しかし、その金額と対価に得られる経験はとても大きなものです。

きめ細やかな個別指導で、子どもに寄り添った支援をしてくれるサポート校を見学して、高校卒業資格を目指していきましょう。

RELATED
高校の修学旅行の実施時期と実施学年|行き先との関係についても解説
高校
2021年07月09日

高校の修学旅行の実施時期と実施学年|行き先との関係についても解説

高校生の不登校を克服させるには?きっかけや保護者ができること
高校
2021年07月09日

高校生の不登校を克服させるには?きっかけや保護者ができること

通信制高校に通わせるメリット8つ!サポート体制や教科外活動も確認しよう
高校
2021年05月08日

通信制高校に通わせるメリット8つ!サポート体制や教科外活動も確認しよう

高校生の子供の通知表を見るときのポイントとは?成績を上げる対策5選
高校
2021年05月08日

高校生の子供の通知表を見るときのポイントとは?成績を上げる対策5選

女子高校生のお弁当箱の選び方4つ|種類とおすすめのメーカーもご紹介
高校
2021年05月08日

女子高校生のお弁当箱の選び方4つ|種類とおすすめのメーカーもご紹介

定時制高校とは?6つの詳細を知ろう!入試試験方法や勉強内容など
高校
2021年07月05日

定時制高校とは?6つの詳細を知ろう!入試試験方法や勉強内容など

センター試験の服装は制服?私服で受けた方が良い場合や注意点を解説!
高校
2021年07月02日

センター試験の服装は制服?私服で受けた方が良い場合や注意点を解説!

高校からスタートできる12のおすすめ部活|部活選びを成功させる6つのコツ
高校
2021年03月18日

高校からスタートできる12のおすすめ部活|部活選びを成功させる6つのコツ

私立高校の特待生制度とは?意味のある高校生活のために知りたいこと総合12個
高校
2021年03月18日

私立高校の特待生制度とは?意味のある高校生活のために知りたいこと総合12個

【3パターン別】高2の理想の勉強時間|基礎固めの受験勉強のやり方も解説
高校
2021年03月18日

【3パターン別】高2の理想の勉強時間|基礎固めの受験勉強のやり方も解説

高校生に習い事は必要?高校生におすすめな12の習い事とメリット
高校
2021年03月18日

高校生に習い事は必要?高校生におすすめな12の習い事とメリット

高校生のみでキャンプは可能?必要なアイテムやおすすめのキャンプ場も紹介
高校
2021年03月18日

高校生のみでキャンプは可能?必要なアイテムやおすすめのキャンプ場も紹介

高校の学費の主な内訳8つ|助成金・就学支度金・教育ローンで学費を抑えよう
高校
2021年03月18日

高校の学費の主な内訳8つ|助成金・就学支度金・教育ローンで学費を抑えよう

公立高校と私立高校の違い7つとそれぞれのメリットとデメリット
高校
2021年03月18日

公立高校と私立高校の違い7つとそれぞれのメリットとデメリット

【メーカー別】高校生におすすめの電子辞書総合9選|カシオ・シャープ
高校
2021年03月18日

【メーカー別】高校生におすすめの電子辞書総合9選|カシオ・シャープ

子供の大学受験におすすめの数学問題集16選|活用する方法もご紹介
高校
2021年03月18日

子供の大学受験におすすめの数学問題集16選|活用する方法もご紹介

通信制高校の6つの詳細を知っておこう!登校時間・学費・学習内容など
高校
2021年03月18日

通信制高校の6つの詳細を知っておこう!登校時間・学費・学習内容など