文節の分け方とは?間違えないためのコツと紛らわしい3つのケースも解説

国語を勉強するにあたり、文法、特に文節はとても大切になってきます。すっかり忘れてしまった文節のことや、文節の分け方について知りたい方も多いのではないでしょうか。この記事では、文節についてや文節の分け方についてご紹介します。気になる方はぜひ読んでみてください。

文節の分け方とは?間違えないためのコツと紛らわしい3つのケースも解説

文節とは?

文節とは、日本語文法において、文を区切った際に意味として不自然にならない最小の単位です。意味を成さない付属語まで区切る「単語」とは異なり、自立語のみ、もしくは自立語+付属語に区切ったものが文節になります。単語と文の中間の単位です。

文節は小学校で習い始め、国語を勉強していく上で、とても大切な基礎の部分となります。しかし、少し分かりにくいのが事実としてあり、特に文節分けが分からなくなることがあります。

また、中一での国語の文法、文節を理解することは英語を理解する上でも重要になってきます。

これから、文節の特徴や分かりにくい部分、注意点などを分かりやすく、丁寧に説明していきます。

文節の分け方

文節の分け方は主に2つあります。息を吸う場所で分けるものと、「ネ・サ・ヨ」を使って分けるものです。どちらも、文節を分ける際の説明としてよく使われ、多少の問題点はあるものの、簡単で分かりやすい分け方です。

息を吸う場所で分ける

ある文章を音読しようとした際に、息を吸う場所が文節の区切りになります。

例えば「僕は明日遠足に行く」という文章を音読しようとしたときに、「ぼく、はあし、たえ、んそく、に、いく」とは読まないでしょう。「ぼくは、あした、えんそくに、いく」と読めるでしょう。この読点「、」がついたところが文節の分かれ目です。

分からなくなってしまったら、一度文章に句読点をふってみましょう。

「ネ・サ・ヨ」を使って分ける

次は、「ネ・サ・ヨ」を使った文節の区切り方です。「ネ・サ・ヨ」とは、「僕はネ、明日ネ、遠足にネ、行くネ、」など、文章の中に「ネ・サ・ヨ」が入れられるところが文節の分かれ目、ということになります。ただ、この分け方には問題点があります。

「ネ・サ・ヨ」を使った区切り方の問題点

「ネ・サ・ヨ」を使った区切り方の問題点は、「感覚的であること」です。なんとなく、ここに「ネ」が入るだろうという、理論的な考えではないということです。

そのため「私は今朝寝坊をしてしまった」という文があったとき、「私はネ、今朝ネ、寝坊をネ、してしまったネ」と考える人と、「私はネ、今朝ネ、寝坊をネ、してネ、しまったネ」と考える人がいることになってしまいます。

文節が成り立つ条件

文節が成り立つ条件には2つあります。「自立語のみ」と「自立語と付属語」です。この条件が分かれば、文節の分け方が理解しやすくなります。自立語と付属語の説明も含め、詳しく説明していきましょう。

自立語のみ

まず、自立語とは何か、というところですが、それだけで意味が成り立つ言葉のことです。例えば、「僕は明日遠足に行く」という文の「僕は」「明日」「遠足に」「行く」の4つが自立語ということになります。

その中の「明日」「行く」には、自立語以外の他の言葉がくっついていないため、自立語のみで文節が作られているのが分かります。

自立語と付属語

次に付属語についてですが、自立語に付属して付く言葉、それだけでは意味を成さない言葉のことです。これも例えで見てみましょう。「僕は明日遠足に行く」の自立語以外のそれだけでは意味を成さない言葉、それは、「僕は」の「は」と、「遠足に」の「に」です。

これらが付属語ということですので、自立語と付属語で文節になっているものは、「僕は」と「遠足に」です。

自立語とは

自立語とは、先ほどの説明の通り、それだけで意味が成り立つ言葉のことです。具体的に挙げてみましょう。
・名詞(私、雨)
・動詞(笑う、走る)
・形容詞(美しい、清々しい)
・形容動詞(きれい おだやか)
・副詞(ゆっくり、ずっと)
・接続詞(だから、しかし)
・連体詞(この、あの)
・感動詞(はい、おはよう)
上記が自立語に該当します。

付属語とは

付属語とは、それだけでは意味の成り立たない言葉のことです。具体的に挙げてみましょう。
・助詞(て、に、を)
・助動詞
上記が付属語に該当します。

付属語だけでは文節を作ることはできず、1つの文節に付属語はなかったり、2つ以上あることもあります。

文節を分けるときの3つの決まり

それではどうしたら、うまく文節を分けられるのか、分けるときの決まりをご紹介します。「1つの文節に自立語は1つ」「複合語は文節を分けない」「補助の関係では文節を分ける」の3つです。

この決まりを理解することで、テストでのひっかけ問題などの難しい問題にも対応できるようになります。

1:1つの文節には自立語は1つ

1つの文節に自立語は1つまで、というルールがあります。例えば、「このお菓子はとてもおいしかった」の「このお菓子」の部分は、「このお菓子」で1つの文節ではなく、「この」「お菓子」と分けるということです。

「この」などのいわゆる「こそあど言葉」についての文節の分け方のコツは、後ほど説明します。

2:複合語は分けない

複合語とは、2つ以上の単語が結びついて1つの単語となったもののことです。例えば、「近寄る」や「心細い」「走り回る」などは文節としては自立語とみなし、分けることはありません。

3:補助の関係では文節を分ける

補助の関係とは、後の文節が、すぐ前の文節に補助的な意味を付け加えている関係のことです。

補助の関係を分かりやすく説明すると、例えば「彼が家にいる」と「彼が見ている」では、前者は「家に/彼が/いる」と並び替えることができるのに対し、後者は「見て/彼が/いる」と並び替えると意味が成り立たなくなってしまいます。

「見て」と「いる」というそれぞれの単語は文の中で切り離すことができません。「見て」と「いる」は、「いる」が「見る」を補助する関係にあるということです。

補助の関係では文節は分けるため、「見ている」は「見て/いる」と文節を分けますが、「家にいる」は複合語のため、分けません。

紛らわしい文節の3つの分け方

文節の分け方が分かってきたところですが、まだ間違えやすいところがあります。文章の中に、「この、あの」や「ない」「もの、こと、とき、ほう」が入っているときの分け方です。詳しく説明していきましょう。

1:この・あの

「この、あの」と何かを指し示す言葉のことを指示語といいます。指示語の前は文節を分けます。いわゆる「こそあど言葉」です。

例えば、「あの赤い花は昨日から咲いている」は「あの赤い/花は/昨日から/咲いている」ではなく、「あの/赤い/花は/昨日から/咲いている」と、分けることができるということです。

2:ない

「ない」という言葉は、直前の言葉によって、自立語にも付属語にもなるため注意が必要です。具体的にいうと、「助動詞」になるのか、「形容詞」になるのかです。助動詞は直前に動詞がくるのに対し、形容詞の直前には動詞がくることはありません。

例えば、「食べない」の「ない」の直前には「食べる」という動詞があります。そのため、この「ない」は助動詞になります。また、「美しくない」の「ない」の直前には動詞がありません。そのため、この「ない」は形容詞だということになります。

助動詞は付属語、形容詞は自立語なので、前者の「食べない」は「食べ/ない」とはならず、後者の「美しくない」は「美しく/ない」と分けられることが分かります。

3:もの・こと・とき・ほう

「もの」「こと」「とき」「ほう」これらは、名詞(形式名詞)です。名詞は自立語でした。そのため「これは私のものです」は「これは/私のものです」ではなく、「これは/私の/ものです」と分けます。

文節を理解させて国語の成績をあげよう

日本語の文法、文節は、国語の勉強をするにあたって、とても大切になってきます。

小中学校で文節をきちんと理解しておくことで、高校や大学受験にも役立つ可能性があります。また、冒頭でもお話ししたように、日本語の文法、文節がきちんと理解できていることで、英語の文法も理解しやすくなる、という利点もあります。

ぜひ、この記事を読んだことをきっかけに、今一度文節の大切さをご理解いただき、文節の勉強に力を入れることで、国語の成績をあげること、そして、これから進む道においての基礎を固めていきましょう。

初回公開日:2021年10月05日

更新日:2021年10月15日

記載されている内容は2021年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
数と文字式の因数の例|見つけ方と素数との違いなどについて紹介
中学校
2021年10月05日

数と文字式の因数の例|見つけ方と素数との違いなどについて紹介

露点では湿度100%|飽和水蒸気量のグラフ・霜点温度なども紹介
中学校
2021年10月05日

露点では湿度100%|飽和水蒸気量のグラフ・霜点温度なども紹介

次数とは?特定または複数の文字に着目した場合の4つの具体例を紹介
中学校
2021年10月05日

次数とは?特定または複数の文字に着目した場合の4つの具体例を紹介

中学校のプログラミング教育について知っておきたいこと5つ|小学校との違い
中学校
2021年10月05日

中学校のプログラミング教育について知っておきたいこと5つ|小学校との違い

体育祭の時期はいつ?春から秋に変わった理由とメリットを解説!
中学校
2021年10月05日

体育祭の時期はいつ?春から秋に変わった理由とメリットを解説!

絶対数とはなに?分かりやすい例えや問題を解くコツなど多数説明
中学校
2021年10月05日

絶対数とはなに?分かりやすい例えや問題を解くコツなど多数説明

教育委員会とはどのような組織なのか?構成と担っている業務3つ
中学校
2021年10月05日

教育委員会とはどのような組織なのか?構成と担っている業務3つ

一般動詞の種類や例文|中学生の英語の動詞について使い方のコツ
中学校
2021年10月05日

一般動詞の種類や例文|中学生の英語の動詞について使い方のコツ

復習ノートの基本的な作り方やまとめ方7つ!暗記と演習それぞれの作り方も解説
中学校
2021年10月05日

復習ノートの基本的な作り方やまとめ方7つ!暗記と演習それぞれの作り方も解説

そもそも内申とは何か?記載される内容と上げるためのポイントを紹介
中学校
2021年08月06日

そもそも内申とは何か?記載される内容と上げるためのポイントを紹介

中学生の読書感想文はどう書く?書き方の4つのコツと本選びについて
中学校
2021年08月06日

中学生の読書感想文はどう書く?書き方の4つのコツと本選びについて

中学生の運動会は見に行く?保護者が見学する方法や服装についても紹介
中学校
2021年07月09日

中学生の運動会は見に行く?保護者が見学する方法や服装についても紹介

部活動における問題点5つ|生徒側・教員側・学校側の悩みなども解説
中学校
2021年11月05日

部活動における問題点5つ|生徒側・教員側・学校側の悩みなども解説

中学校の卒業文集におすすめのテーマ12|構成例や例文についても紹介
中学校
2021年11月05日

中学校の卒業文集におすすめのテーマ12|構成例や例文についても紹介

不登校の中学生も卒業はできる?できるだけ学校と関わりを持つ方法4つ
中学校
2021年06月05日

不登校の中学生も卒業はできる?できるだけ学校と関わりを持つ方法4つ

長文読解に強くさせるおすすめの勉強方法と対策13|間違った勉強方法とは
中学校
2021年06月05日

長文読解に強くさせるおすすめの勉強方法と対策13|間違った勉強方法とは

中学生の宿題に関する悩みやコツとは?宿題がない場合の学力アップ法4つも紹介
中学校
2021年10月25日

中学生の宿題に関する悩みやコツとは?宿題がない場合の学力アップ法4つも紹介

中学校の部活における心配事とは?部活に入っている子供に保護者ができること6つ
中学校
2021年10月25日

中学校の部活における心配事とは?部活に入っている子供に保護者ができること6つ

過去形と過去完了形の違いとは?過去完了形を使うケース3つを解説
中学校
2021年10月25日

過去形と過去完了形の違いとは?過去完了形を使うケース3つを解説

中等教育学校と中学校の違いとは?中高一貫校の3タイプと中等教育学校のメリット
中学校
2021年10月25日

中等教育学校と中学校の違いとは?中高一貫校の3タイプと中等教育学校のメリット