子供の性格は10個の気質で決まる!それぞれのタイプの特徴と対応法を紹介

人には生まれ持った「気質」があり、気質は子供たちの性格の基盤にもなります。気質を理解することで、子供の性格を受け入れられるだけでなく、適切な対応法がわかるでしょう。気質の種類と性格のタイプについて、特徴と対応法を紹介します。

子供の性格は10個の気質で決まる!それぞれのタイプの特徴と対応法を紹介

子供の性格は気質で決まる

どんな子供も、様々な「気質」を持ち合わせて生まれ、その気質は、親子、兄弟であっても異なるタイプを持っています。

気質とは、先天的な性格の特徴で、その子の持つ性格の基盤にもなっています。特に、子供が小さけば小さいほど、その子の行動に対して気質が与える影響は大きいです。

例えば、感情の起伏が激しかったり落ち着きがなかったり、こだわりが強かったりという性格はどれも生まれ持った気質からなる性格です。

気質は、その子の生まれつきの性格であるため、変えることはできません。しかし、どんな行動も「気質による行動」ということを理解した上で接し方や対応の仕方を工夫すると、保護者の気持ちも楽になることでしょう。

子供の性格を決める10個の気質とは?

子供が生まれ持つ気質には、いくつかの種類があります。

それぞれの気質が組み合わさることで、その子の性格の基盤ができます。まずは、子供の性格を決める気質にはどのようなものがあるのかご紹介します。加えて、気質による行動についても触れていますので、参考にしてください。

1:感情の激しさ

感情の激しさを指す気質とは、笑ったり泣いたりといった感情表現の強さのことを言います。よく見られるシチュエーションを例に挙げますと、面白いことがあると豪快に笑っていたり、嫌なことがあると手をつけられないほど大泣きをしたり、といった行動があります。

また単に感情表現の仕方がどれくらい強いのかだけでなく、自分の感情を表に出すことが苦手な子も、気質による一面が強いと言えるでしょう。

2:物事への集中力

集中力に関する気質とは、興味のある一つの物事に対して、没頭できる、反対に集中力が持続せず気が逸れやすかったり、飽きっぽかったりという性格のことを言います。

具体的な例をあげますと、宿題の最中、周りの音や視覚的な刺激に反応して集中ができなくなってしまうことも気質による行動です。

また、マイナスな場面以外にも、さっきまで機嫌が悪かったのに他のことを始めたら機嫌が良くなった、という切り替えが早いというポジティブなケースもあります。

3:諦めない粘り強さ

行動の可変性とも言われる粘り強さに関する気質とは、難しいことでも諦めずにどれだけ粘れるか、ということを指します。

すぐに成功しなくても挫けずにやり通したり、一度言い出したら聞く耳を持たなかったりという行動も気質による影響です。反対に、難しいと思うとすぐに諦めてしまう、という行動も気質による性格と言えるでしょう。

4:刺激への敏感さ

刺激への敏感さとは、目や耳、皮膚などと言った五感がどれだけ敏感なのか、ということを指す気質です。内部的な体の感覚と外的刺激の反応の強さについてのことを言います。

一つひとつの物事を気にしすぎる子、逆に何も気にしない子という側面も気質の影響が強く見られます。具体的な行動を例にあげますと、どんなに痛い思いをしても気にせず遊べる子、あるいは少しの擦り傷でも大泣きしてしまう、という側面です。

5:行動の規則正しさ

この気質は、睡眠や食事面、排泄などが規則的に行われているか、あるいは不規則なのかなど、身体的機能からなる行動について指しています。

同じ時間に目が覚めたり、眠くなったり、お腹が空いたりという側面もこの気質による行動といえます。この気質に関しては、その子の日頃の行動パターンを見てある程度、読み取れるでしょう。

6:変化への対応の速さ

変化への対応の速さとは、環境が変わったときに上手く適応できるか、あるいは上手く馴染めなかったり馴染むことに時間がかかってしまったりするか、ということを指します。

変化への対応の速さとは順応性とも言い、定期的に環境を変えることでその子にとって良い刺激になり、結果的に成長に繋がるのか、環境を変えることがその子にとってストレスになってしまうのか、と言うことも気質による違いと言えます。

7:新しいことや場所に対する反応

新しい人に出会ったり、新しい環境に行ったりしたときに、子供の反応がどうなのかを指します。

初めて経験することに不安を感じてしまったり、あるいは新しいことに対して自ら積極的にチャレンジしたりしていく姿にも気質による影響があります。また、人見知りや場所見知りがひどく、上手く馴染めない、という行動パターンも気質による反応であると考えられるでしょう。

8:ものごとに対しての活発度

物事に対しての活発度という気質は、その子自身の行動の活動レベルの目印とも言えます。具体的に言うと、行動力があって活動的、おとなしいなど、動きの激しさのことです。

さらに、常にテンションが高くて元気いっぱい、という側面のようなテンションの高さについても活発度による気質の関係から来ています。

9:こだわりの強さ

こだわりの強さやどれだけはっきりとした自己主張ができるのか、また自分のペースを大切にしたい、ということを指します。

癇癪の多い子供はこの気質が強い傾向にあると言えるでしょう。気持ちの切り替えが難しいといった一面も持っていますが、言い換えるとしっかりとした考えを持ち、はっきりと主張できる、という良さもあります。

10:ベースになる気性

ベースになる気質とは、その子が一日の大半をどんな気分で過ごしているかなど、一般的な傾向について指します。物事に関して、多くのことをプラス思考に捉えられるか、マイナス思考になってしまうのか、それぞれの気質によって異なります。

具体的な行動について例をあげると、小さなことを気にして次に進めなかったり、反対に嫌なことはすぐに忘れてしまったりという側面も気質による行動と言えるでしょう。

子供の性格から見る6つのタイプの特徴と対応法

ここまで、性格の基盤になる気質の種類についてご紹介しました。それぞれの気質の強・中・弱を組み合わせることで、子供のタイプが異なります。

子供のタイプによって良いところはもちろん、保護者が気になる子供の行動の特徴が分かれ、タイプ別で適切な対応法も変わってきます。

ここからは6つのタイプの特徴に加え、対応法もご紹介しますので子供の対応に悩む保護者の方は、ぜひ参考にしてください。

1:天真爛漫タイプ

天真爛漫タイプは、おっとり、のんびりとした性格で一つのことに集中できません。また言われたことに対して素直に謝りますが、すぐに忘れてしまう一面もあります。

対応法としては、自分自身で考えて行動する努力を積む習慣が必要です。「どうすれば良いのか?」など一緒に考えていくのも良いでしょう。

集中力に関しては、周りの環境を整えるだけでなく、「まずはプリント一枚からやってみよう」など目標設定を細かく区切ってみましょう。小さな努力の積み重ねで少しずつ改善されます。

2:感情タイプ

こだわりが強いとも言われる感情タイプの子供たちは、自分の感情のコントロールが苦手で思い通りにならないと感情的になってしまったり、すぐに怒ってしまったりすることが多いのが特徴です。

感情タイプの子供たちには、一度子供の感情を受け入れて安心させてあげることが大切です。言葉だけで難しい場合は、スキンシップを取りながら気持ちを落ち着かせてあげましょう。

集中力が高く努力家でもあるので、得意なことに目を向けてあげることで、子供の才能が開花するでしょう。

3:集中タイプ

全てのタイプの中でも、特に知性的な側面を持ちます。完璧主義者で、自分で物事を進めることが好きな子供たちが多いことが特徴です。

自ら学び進めていくことが好きなため、基本的には子供の意思に任せても問題ありません。何でもこなす器用なタイプなので、保護者の声かけが過度な期待に変わってしまい、それがプレッシャーになることも考えられるでしょう。

このタイプの子供たちは、好きなことに関して自由にさせることで力を発揮するでしょう。ただし、過度に失敗を恐れる結果主義者でもあるので、結果ではなく頑張った過程を褒めてあげることが大切です。

4:地道タイプ

地道タイプは、繊細がゆえにプレッシャーに弱く、傷つきやすいナイーブな性格が特徴です。

変化のあることを敏感にキャッチし、慣れるまで時間がかかってしまいます。保護者は、子供の不安な気持ちに寄り添い、温かく見守ってあげることが大切です。子供のペースでゆっくり慣れていくので、信じて待ってあげましょう。

どうしても気になる場合は、強い言葉ではなく、「あなたなら大丈夫」といった優しい声かけで背中を押してあげるのも効果的です。

5:マイペースタイプ

マイペースタイプの特徴は、周りは気にせず、我が道を行くタイプです。このタイプの子供たちは、楽しいことや興味のあることに対しては自分でやり遂げますが、苦手なことやあまり興味のないことに対しては自分の力では上手く物事が進みません。

対処法としては、保護者が積極的に関わって一緒に物事を進めていきましょう。具体的には、スケジュールを組んであげたり、上手くできるように促してあげたりすると良いでしょう。保護者がしっかりと関わってあげることで、ペースを掴んでくれる可能性もあります。

6:複合型タイプ

子供たちはそれぞれの気質の強・中・弱を組み合わせて生まれますが、人によってはそれぞれのタイプが同じくらい当てはまる子供もいます。この場合は、いくつかの気質が合わさっている、ということになります。

合わさったそれぞれの気質の特徴や、その子の行動パターンに合わせた対処法を実践すると良いでしょう。

子供の性格を知ってそれぞれのタイプにあった対応をしよう

子供の性格は持って生まれた気質による影響が強く、その気質を変えることは基本的にはできません。しかし、それぞれのタイプに合わせた接し方をすることで、悪い面をプラスに、良いところはさらにプラスに伸ばせます。

また、子供の性格に対して悩む保護者の方も、気質による影響と考えるだけで心も楽になることでしょう。

初回公開日:2021年08月06日

更新日:2021年08月06日

記載されている内容は2021年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
プレ幼稚園とは何をするところ?目的・内容とメリット・デメリット・注意点
幼稚園・保育園
2021年12月01日

プレ幼稚園とは何をするところ?目的・内容とメリット・デメリット・注意点

ベビーカーは何歳まで使う?卒業のタイミングやおすすめグッズも紹介
幼稚園・保育園
2021年12月01日

ベビーカーは何歳まで使う?卒業のタイミングやおすすめグッズも紹介

保育園の連絡帳には何を書くの?使える例文9選やポイントを多数紹介!
幼稚園・保育園
2021年11月26日

保育園の連絡帳には何を書くの?使える例文9選やポイントを多数紹介!

モンテッソーリ教育とシュタイナー教育の特徴|家庭での実践方法も紹介
幼稚園・保育園
2021年10月05日

モンテッソーリ教育とシュタイナー教育の特徴|家庭での実践方法も紹介

レッジョエミリア教育の理念と活動内容とは?|メリットやおすすめ本も紹介
幼稚園・保育園
2021年10月05日

レッジョエミリア教育の理念と活動内容とは?|メリットやおすすめ本も紹介

こども園に通わせるメリット4つ!幼稚園・保育園との違いとは?
幼稚園・保育園
2021年11月02日

こども園に通わせるメリット4つ!幼稚園・保育園との違いとは?

就学時検診の知能検査ってなに?知能検査の種類2つと当日の持ち物4つ
幼稚園・保育園
2021年03月18日

就学時検診の知能検査ってなに?知能検査の種類2つと当日の持ち物4つ