モンテッソーリ教育とシュタイナー教育の特徴|家庭での実践方法も紹介

子供の教育法について考えるのは育児では避けて通れない道です。よく耳にするモンテッソーリ教育とシュタイナー教育とはどういうものなのでしょうか。どういう教育法でどのような効果があるのか、また家庭でも実践できることも含めて紹介します。

モンテッソーリ教育とシュタイナー教育の特徴|家庭での実践方法も紹介

モンテッソーリ教育とシュタイナー教育とは?

子供の入る幼稚園選びをする頃に、どういう教育をしていくかお迷いの方は多いのではないでしょうか。また、その中でもよく耳にするモンテッソーリ教育とシュタイナー教育をお考えの方もおられるのではないでしょうか。

モンテッソーリ教育は自発的な「おしごと」を通して自分で自分を育てる理念があります。シュタイナー教育は「からだ」と「こころ」と「あたま」を調和させることに重きを置き、教育自体が芸術行為だという理念の教育です。

この記事ではモンテッソーリ教育とシュタイナー教育についての詳しい説明と違い、家庭での実践法などを紹介します。この二つの教育について理解を深めてみましょう。

モンテッソーリ教育とシュタイナー教育の共通点

モンテッソーリ教育とシュタイナー教育の共通点は、子供を尊重し、学力向上よりも人間としての成長に重きを置いている点にあります。

日本の義務教育のように全員で同じことをさせるということはなく、子供の意思が尊重されます。子供の意思を尊重することで個人の能力を引き出して活かすことが狙いです。

モンテッソーリ教育とシュタイナー教育の創始者と歴史

近年の教育の世界では、日本の従来の教育法である教師から一方方向で全員に同じ内容を教える教育ではなく、子供主体の教育法が重要であると提言され、注目されるようになってきました。

数ある子供主体の教育法の中で、モンテッソーリ教育とシュタイナー教育は世界2大教育法と呼ばれており、世界でも受け入れられています。

ここではモンテッソーリ教育とシュタイナー教育がどのような人によって作られ、どういう歴史があるのかを紹介していきます。

マリア・モンテッソーリとモンテッソーリ教育の歴史

モンテッソーリ教育の生みの親、マリア・モンテッソーリ(1870-1952)はイタリア初の女性医学博士号を取得した人物としても知られています。大学卒業後は障がい児の教育に関り、実験心理学や教育学も研究するようになりました。

1907年にローマ不動産協会が低所得者向け住宅に保育施設「子どもの家」を作り、その監督と指導担当としてマリア・モンテッソーリが就任しました。

「こどもの家」で障がい児に用いて成果があった教育を健常児に応用したことがモンテッソーリ教育の始まりです。

この教育法の普及と教師の育成に取り組みながら多くの著作を残し、晩年は平和と子供の命の尊重のための活動でノーベル平和賞にノミネートされました。

出典:マリア・モンテッソーリについて|日本モンテッソーリ教育綜合研究所
参照:https://sainou.or.jp/montessori/about-montessori/about.php

ドルフ・シュタイナーとシュタイナー教育の歴史

ドイツを中心に活躍したルドルフ・シュタイナー(1861-1925)は、教育とは感情や意志に働きかける総合芸術という考えのシュタイナー教育の提唱者として知られています。

ロストック大学で哲学の博士号を取得し「真理と科学」「自由と哲学」などの著作を出版しました。

第一次世界大戦中、健全な社会のためには自由な精神の育成が必要だとして、社会改革の中核に教育を位置付けています。

1919年、エミール・モルトの依頼で労働者の子供のために設立した、自由ヴァルドルフ学校の創設アドバイザーに就任したところからシュタイナー教育は始まります。

自由ヴァルドルフ学校は誰にでも開かれた学校とし、子供だけでなく教師の自由も尊重するべく校長を置きませんでした。

教育を人間的な営みになるように改革して、子供の能力を引き出す教育法は世界に受け入れられていき、1000校以上設立されています。

出典:シュタイナー教育の概要|日本シュタイナー学校協会
参照:https://waldorf.jp/education/

モンテッソーリ教育の特徴7つ

モンテッソーリ教育の自分で自分を育てる教育とは具体的にはどういう教育法なのでしょうか。

「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことを目標に掲げているモンテッソーリ教育の特徴を7つ紹介していきます。

1:敏感期を重視する

敏感期とは、発達段階にあらわれる自己成長に必要なことに対して敏感になり、置かれている環境から自分で選んだものに関心を持って熱心に取り組み、吸収していく時期を指します。

モンテッソーリ教育ではこの敏感期を重視しており、その時期を見逃さずに自分で選んだものに取り組めるようにしています。

2:子供の力を引き出す環境を用意する

モンテッソーリ教育では自分で自分を育てる自己教育力が備わっているという考えですが、育てる方法を知り、その力を使える整った環境を用意して、自発的な活動を促します。

子供たちは大人や教師の価値観の押し付けではなく、自分から興味を持って自分で選んだことに実際に取り組める環境の中で様々な能力を獲得していきます。

整えられた環境には6つの以下の原則があります。

・好奇心を持ってどんな活動するか選べる「自由」
・宇宙における「構造と秩序」
・リラックスできる「美しさ」
・木やガラスなどの天然素材を使う「自然さと迫真性」
・子供同士が交流できる「社会的環境」
・上記5つの条件を満たされている「知的環境」

3:用具や教具を使う

モンテッソーリ教育では教具と呼ばれる、身体を使って学び、興味を追求するための道具を使う特徴があります。

教具は日常生活の練習、感覚教育、言語教育、算数教育、文化教育の5つの分野に合わせて開発されているものです。教具は子供の知的好奇心を引き出し、効果の高い学びへとつなげていくことが期待できます。

4:子供の集中を邪魔しない

モンテッソーリ教育では子供が「おしごと」に集中している時は、自分で終わらせるまで邪魔しないという考えがあります。なぜなら大人が声をかけてしまったり、手を出すことで気がそれて途中でやめてしまうことがあるからです。

「まだするの?」「これもあるよ」と大人は声をかけたくなることもありますが、子供の集中を妨げないことは人的環境を整えることにもなるでしょう。

5:大人は子供がひとりでできるように手伝う

モンテッソーリ教育では子供「おしごと」の最中に邪魔をしないことは大切ですが、達成できるように手伝うことを推奨されています。大人が手を出して手伝ったりするのではなく、大人が忍耐強く丁寧にやって見せることがポイントです。

大人や教師は押し付けることなくあくまでも見守るというスタンスが大切です。自主性を大切にしながら見守り、子供達が選び、行い、学ぶことをサポートしていくことが大人や教師の役割であり、モンテッソーリ教育の特徴の一つです。

6:縦割りクラス

モンテッソーリ教育では縦割りクラス編成を採用して、年少の子供は年長の子供のすることを見て学び、また、年長の子供は年少の子供の世話や手伝いをして学び合える環境を推奨しています。

縦割りのクラス編成は思いやりの心や協調性を自ら学びながら育て、クラスは小さな社会として機能していきます。

7:知能を伸ばす

モンテッソーリ教育は大人や教師の適切な見守りとサポートのもとで、自分で選んだ教具を使って自発的に取り組むことにより知能を伸ばすという考えがあります。

0歳から3歳までは高い吸収力で社会に適応していきます。3歳から6歳は無意識に吸収していたことを意識的に整理して秩序を立てていきます。

6歳から9歳は文化の敏感期と呼ばれていて、言葉や数字以外の歴史や地理、地学、動物、植物などを学び、知能を伸ばしていくとされています。

シュタイナー教育の特徴7つ

芸術的な幼児教育であるシュタイナー教育は具体的にはどういう教育法なのでしょうか。

「からだ」「こころ」「あたま」の調和を重視して個性を尊重し、能力を引き出す教育であるシュタイナー教育の特徴を7つ紹介していきます。

1:成長の周期を重視する

シュタイナー教育は7年を成長の1周期と考え、21歳までを3分割してその段階に合わせた教育を提唱しています。

7歳までは体を動かして意思を育む期間、14歳までは心と感情を育む期間、21歳までは自我が発達し、思考や知力、判断力を育む期間としています。

2:自然との関りから学ぶ

シュタイナー教育では屋外で植物や昆虫、野菜、果物などに触れながら遊ぶことを大切にしています。農作業や植物の世話などをしながら生命についても学ぶためです。また、自然と触れ合う体験から自然の営みを体系的に理解することが期待できます。

四季を感じながら野菜や果樹を育てることで、自分の周りの環境を整えることも学べます。生命と自然の理解だけでなく、仲間と行うことで協調性も育まれます。

3:自然素材のおもちゃを使う

感覚を重要視しているシュタイナー教育では、おもちゃも自然素材で作られたシンプルなものを推奨しています。素材は木、綿、羊毛、シルクなどで作られているものが多く見受けられます。

自然素材のおもちゃで遊ぶことで感覚器官に働きかけて豊かな想像力や感性を育てることが期待できます。

4:12年間一貫教育

シュタイナー教育は、同じ敷地や同じ学校で12年間学ぶ一貫教育を採用しています。受験に合格して高校に進学するなどはなく、小学1年生から始まり12年生まで続くので、期間としては小中高一貫教育と同じ期間です。

クラスは少人数で、シュタイナー教育独自のカリキュラムで12年生まで段階に合わせた学びを深めていきます。

5:同じ担任が長期間担当する

シュタイナー教育では担任持ち上がり制を採用していて、同じ担任が長期間担当します。これは同じ担任が子供達の成長を長いスパンで見守り、深く観察し、その時必要な学習や速度を調整することが可能であるからです。

また、子供達は同じクラスの仲間と長期間共に過ごして、節目を乗り越えていきます。心身共に大きな変化を迎える時期を一貫して見守ることは、子供達の感情を育てることにもつながります。

6:縦割りクラス

シュタイナー教育では縦割りクラスが採用されており、年齢差のある子供たちと同じクラスで学びを深めていきます。

クラスは大きな家族のような役割もあり、教えられることなく学校生活を通して社会性や、相手を思いやる心を育てていきます。

7:感性を伸ばす

シュタイナー教育で幼児期は主な人格形成が行われるという考えから、早期教育は行わずに子供の心を育み、感性を伸ばすことを重要視しています。

様々なものに興味を持って触れ、感覚器官を通して世界に出会っていくのがシュタイナー教育の考えです。また、クレヨンなどを使った色彩ある手仕事で芸術体験も行い、のびのびとした感性を育んでいくことを重要視しています。

モンテッソーリ教育やシュタイナー教育を家庭で実践するおすすめの方法

モンテッソーリ教育やシュタイナー教育を受けさせたいと考えていても近くに幼稚園や学校がないこともあります。

ここでは、モンテッソーリ教育やシュタイナー教育を家庭で無理なく実践できるおすすめの方法を紹介します。

モンテッソーリ教育を家庭で実践する方法

モンテッソーリ教育の目的は自立を目指すところにあるので、家庭で実践するのに向いてる教育法といえます。

具体的な方法としては、子供を自立した人間とみなして片付けや着替えなど、間違っていても親が口や手を出さずにやらせてみることです。他には着る服や、何を食べるか、どうやって行うかなどの選択を親が決めずに選択させてみます。

失敗や効率の悪いことも多いですが、結果がどうなるのかを考えるようになり、自立心が芽生えることが期待できます。

シュタイナー教育を家庭で実践する方法

感性を伸ばすことを重要視しているシュタイナー教育を自宅で行うのは難しいと感じるかもしれませんが、具体的にどのように実践していけば良いのでしょうか。

シュタイナー教育が大切にしている教育に活かせるポイントの中から家庭で行えることを参考にすると良いでしょう。

まずは安心できる環境づくりとして家の中を整え、自然素材を使って静かな空間を作ります。次に早寝早起きを含むリズムのある生活や、テレビやスマホを使わず、クレヨンで絵を描いたり工作して遊ぶなど、家庭でも無理なく実践できることはあります。

モンテッソーリ教育やシュタイナー教育を取り入れた幼稚園の選び方

モンテッソーリ教育やシュタイナー教育を取り入れている幼稚園があっても、すぐに決めず、その園がどこまで取り入れているか確認するための見学をおすすめします。

教室の環境づくりや雰囲気、教具やおもちゃ、実際に使っているところ、先生の子供に対する対応を見ておくと安心です。そして何より子供がその園でのびのびと過ごせるかどうかもよく見ておきましょう。

モンテッソーリ教育とシュタイナー教育について理解しよう

モンテッソーリ教育とシュタイナー教育について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。どちらもただ学力を伸ばすのではなく、子供を尊重して人間として豊かな成長を重要視していることがわかります。

家庭で実践できることもあるので、両方の教育法のいいとこ取りをするのも考えの一つです。大切なのは、自分の子供を尊重して能力を伸ばしていくことです。

両方の教育法を理解して、子供がのびのびと育つ教育や暮らしが送れる環境を整えてあげましょう。

初回公開日:2021年10月05日

更新日:2021年10月05日

記載されている内容は2021年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

RELATED
プレ幼稚園とは何をするところ?目的・内容とメリット・デメリット・注意点
幼稚園・保育園
2021年12月01日

プレ幼稚園とは何をするところ?目的・内容とメリット・デメリット・注意点

ベビーカーは何歳まで使う?卒業のタイミングやおすすめグッズも紹介
幼稚園・保育園
2021年12月01日

ベビーカーは何歳まで使う?卒業のタイミングやおすすめグッズも紹介

保育園の連絡帳には何を書くの?使える例文9選やポイントを多数紹介!
幼稚園・保育園
2021年11月26日

保育園の連絡帳には何を書くの?使える例文9選やポイントを多数紹介!

レッジョエミリア教育の理念と活動内容とは?|メリットやおすすめ本も紹介
幼稚園・保育園
2021年10月05日

レッジョエミリア教育の理念と活動内容とは?|メリットやおすすめ本も紹介

子供の性格は10個の気質で決まる!それぞれのタイプの特徴と対応法を紹介
幼稚園・保育園
2021年08月06日

子供の性格は10個の気質で決まる!それぞれのタイプの特徴と対応法を紹介

こども園に通わせるメリット4つ!幼稚園・保育園との違いとは?
幼稚園・保育園
2021年11月02日

こども園に通わせるメリット4つ!幼稚園・保育園との違いとは?

就学時検診の知能検査ってなに?知能検査の種類2つと当日の持ち物4つ
幼稚園・保育園
2021年03月18日

就学時検診の知能検査ってなに?知能検査の種類2つと当日の持ち物4つ