二重跳びがうまくできるようになる練習方法8つ|縄跳びの種類や選び方も紹介

初回公開日:2021年02月05日

更新日:2021年05月15日

記載されている内容は2021年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

子供が二重跳びを練習するにあたって、どのように指導すればよいのか悩んでいる人もいることでしょう。二重跳びがうまくできるようになるには、コツや縄の選び方が関係しています。正しい縄跳びの縄を選び、コツを知った上で練習をすれば、二重跳びが跳べるようになります。

二重跳びがうまくできるようになる練習方法8つ|縄跳びの種類や選び方も紹介

二重跳びがうまくいかない理由とは?

二重跳びは前跳びや後ろ跳びに比べると難易度の高い跳び方です。基本となる前跳びは普通にできるのに何回チャレンジしても二重跳びがうまくいかないときは、なぜ跳べないのか理由を考えてみましょう。

二重跳びがうまくいかない理由としてはタイミング、縄の長さ、気持ちの持ち方の3つが考えられます。二重跳びができない原因となる3つの理由を見ていきましょう。

1:跳ぶタイミングが合っていない

二重跳びは、跳ぶタイミングが合わなければひっかかってしまい成功しないでしょう。地面から足が離れている間に縄を2回、回すだけなので動作的にはそれほど難しくありませんが、二重跳びのリズムがつかめていないとタイミングが合いません。

タイミングがつかめないチャレンジしたての頃は、どうしても失敗が続くでしょう。時間内に2度回す分、高く飛ばなければならないのもうまくいかない原因と考えられます。

2:縄が適切ではない

縄跳びの長さも二重跳びの成功に影響します。子供にちょうどいい長さでなければ、縄を思うように回せません。適切な長さの縄で練習しなければいつまでも跳べない状態が続きます。

素早く回さなければならない二重跳びの縄は少し短めが良いとされていますが、いきなり短いもので跳んだのではひっかかってしまいます。長さを少しずつ短くし、慣らしていくのがポイントです。

3:自信を失ってしまっている

何度チャレンジしてもできず自信を失ってしまうと、練習しても上達しないのではないかと思えてきます。練習すれば跳べるようになると自信を持てれば、どんなに失敗してもチャレンジ精神を失わず目標達成までがんばれるでしょう。

過去に努力が実った経験をしていれば、同じようにできると思い自信を持って練習できます。二重跳びよりも簡単にできる跳び方へ挑戦し、練習すればできると自信をつけさせましょう。

縄跳びの種類5つ

縄跳びは、色々な種類があるため、どれを選んであげたらよいのか迷う人も多いようです。

縄跳びには、主にビニール製ロープ・布製ロープ・ワイヤーロープ・チューブロープ・ビーズロープの5種類があります。縄跳びは、目的に合わせるか、子供が使いやいすいものを選んであげると良いでしょう。ここからは、縄跳びの種類を5つ紹介していきます。

1:ビニール製ロープの縄跳び

ビニール製のロープの縄跳びには、細くて軽いという特徴があります。そのため、素早く回せてダイエットや有酸素運動にぴったりです。二重跳びもしやすいと人気があります。

ビニール製のロープの縄跳びは、小学生低学年の子供が回しやすい軽さで、手が疲れることも少ないため、伸縮性や耐久性を重視したい人におすすめです。

2:布製ロープの縄跳び

布製のロープの縄跳びは、重量があり、縄跳びを回している感覚がつかみやすいため、子供や初心者におすすめのです。重量があるため、ゆっくりと回せて、跳び損ねてロープが足に当たってもそれほど痛くないという特徴があります。

3:ワイヤーロープの縄跳び

スピード重視で素早く回せる縄跳びを探している方には、ワイヤーロープの縄跳びがおすすめです。ワイヤーロープの縄跳びは、大会などで世界記録を打ち出す人や、二重跳び連続10回~100回などのすごい業を競う人達が使う専用の縄跳びです。

ワイヤータイプの縄跳びは、スチールなどの金属を使用しているため、重さがあり跳びやすいというメリットがあります。競技用の縄跳びといってもいいでしょう。しかし、反対に、跳び損ねた場合、足にあたって痛いというデメリットがあります。

4:チューブロープの縄跳び

太くてずっしりしたチューブロープの縄跳びは、有酸素運動や腕・肩の筋トレに向いていると言われています。チューブロープの縄跳びは、ビニールロープの縄跳びよりも重さがあります。チューブロープの重さは色々と揃っているため、用途に合わせて選ぶことが可能です。

5:ビーズロープの縄跳び

ビーズロープの縄跳びとは、ロープにビーズを通した重みのある縄跳びのことです。ビーズロープの縄跳びは、ロープを回すと音が鳴るため、リズムがつかみやすく、音楽にあわせながら跳ぶこともできます。健康に気を配ってカロリー消費をしたい方にもおすすめです。

ビーズロープの縄跳びは、ビーズが固いと地面に接触下時に割れてしまうことがあるため注意しましょう。

二重跳びがしやすい縄跳びの選び方4つ

縄跳びはさまざまなタイプが販売されています。選ぶ決め手となるのは素材とグリップ部分です。二重跳びをするときには、よくチェックして適した縄跳びを選びましょう。

二重跳びで注目したいのは素早く回し音を立てながら軽快に跳べる素材とグリップの長さです。ただ跳べるようになりたいのか、連続して何回も跳びたいのかでも探し方は違ってきます。素材とグリップにわけて選ぶ際の注意点を細かく見ていきましょう。

1:縄の素材

二重跳びがしやすい縄跳びの縄を素材で選ぶ場合は、回すスピードが速い空気抵抗が少ないものを選ぶようにしましょう。ワイヤータイプやビニールタイプは、細くてもある程度の重さがるため、二重跳びに適しています。

2:縄の太さ

縄跳びの縄の太さは、空気抵抗に関係しているため、選ぶ際の重要なポイントとなります。

二重跳びがしやすい縄跳びを縄の太さで選ぶ時には、約1.5mm~2.0mmという細さで、空気抵抗を抑えて二重跳びがしやすいワイヤーロープの縄跳びを選ぶことがおすすめです。

小学生で縄跳びをする時には、ある程度太さと重さがある素材を選んであげると、楽しみながら無理なく二重跳びの練習ができます。

3:縄の長さ

縄跳びの縄の長さも重要です。二重跳びは、縄が長くても短くても、上手にできません。一般的に、二重跳びがしやすい縄跳びの縄の長さは、身長+55cmと言われています。適正な長さの縄跳びを選ぶと、正しいフォームで跳べるため、疲れにくく何度も跳べるようになります。

4:グリップの長さ

グリップの長さは、種類が多く、製品によって形や長さがさまざまです。選び方によって跳びやすさが変わるため、グリップも、素材と同様に縄跳び選びに大切であると言えるでしょう。

二重跳びの練習用を探す場合は、特に長さに重点を置いてください。短いグリップと長めのグリップとでは、力の伝わり方や安定感が違います。二重跳びを跳べるようになるまでの練習用か、二重跳び連続に使うのかによっても選び方は変わってきます。

長めのグリップが良い理由

二重跳びの練習には少し長めのグリップが向いています。程よく長いグリップを選ぶと効率よく力が加わり回す力が増します。

グリップが長ければその分だけ力の伝わり方も上がりますが、ふり幅が大きくなるにつれブレが出てくるでしょう。ブレてしまえば縄のコントロールは難しくなりうまく跳べません。

小学校一年生、二年生頃までは回し方自体がまだまだ不安定です。跳びやすいよう長すぎず握りやすいグリップを選びましょう。

二重跳びがうまくできるようになる練習方法8つ

二重跳びは、やりやすい方法で練習しても、思うように上達しません。成果を上げていきたいならば、練習方法を覚えて二重跳びのコツを押さえ、効果的に練習するようにしましょう。

二重跳びが上手くなる方法は、全部で8つあります。基本の前跳びから縄の回し方・跳び方・着地の方法までを一つひとつクリアしていきましょう。着実に練習を重ねていけば正しい姿勢でスムーズに跳べるようになっていきます。

1:制限時間を設けて前跳びをする

跳ぶ体制が整ったらいきなり二重跳びをせず、最初は前跳びします。制限時間を決め、時間内に何回前跳びができるか数えてみましょう。初めは制限時間を短く設定し、慣れてきたら少しずつ伸ばして1分程度続けてみてください。

途中で引っかかると止まってしまいますが、失敗は気にせずそのまま続けて跳んで回数を数えます。子供自身が数を数えながら跳ぶことによって、だんだんとリズム感が備わっていきます。

2:10秒間に25回前跳びができるようになる

次に前跳びを10秒間で25回以上できるよう手の回し方を練習します。かなり速いので最初は目指す回数を回せないでしょう。時間内に跳べる回数が徐々に増えると子供はやる気が湧き、目標達成に向けて夢中で取り組みます。

10秒間に25回という数字は、二重跳びを跳んだときと同様のスピードになるため、効率よく回すコツをつかめます。目標のスピードに達したかどうかは縄が空気を切る音で判断可能です。

3:腰の位置で縄を素早く回せるようになる

10秒間に25回、回す練習をするときは手の位置にも気をつけましょう。手の位置のズレも二重跳びを失敗させる原因になります。二重跳びする場合は手を腰の脇に置いて回しましょう。

二重跳びがうまく飛べない人はジャンプしたときに手の位置が一緒に動いてしまい安定していません。手の位置は低く腰のあたりで保つように意識し、回すスピードをアップさせましょう。

4:膝を曲げて高く跳べるようになる

膝を曲げた良い姿勢のまま高く跳ぶ練習も二重跳びには欠かせません。高く跳ぶよう意識してまっすぐ上に跳べば前のめりにならずきれいにジャンプできます。まずは縄なしで膝を曲げて高く跳び、滞空時間を伸ばしていきましょう。

回すことに集中してしまうと、くの字になる場合があります。滞空時、くの字のフォームになると腰や膝に負担がかかるので注意しましょう。

5:目線を固定して跳べるようになる

縄跳びはどんな技で跳んでいる場合も、目線を固定するのが基本です。目線は縄跳びを跳ぶ際に必要なバランスやジャンプの高さと関係しています。二重跳びの練習時も目線がまっすぐ前、もしくは斜め上になるよう気をつけましょう。

縄が地面に付く瞬間を気にして下を向いてしまうとバランスは崩れてしまいます。体の軸がブレないよう意識し目線は上げたまま固定しておきましょう。

6:空中で拍手を2回できるようになる

ジャンプして空中に浮いている時点で2回手を叩く練習をしましょう。縄を使わずに空中で拍手するとリズムに乗って回すトレーニングができます。初めから2回叩くのは難しいので、1回から始めればOKです。

2回叩けたら次は連続してジャンプしながら叩いてみましょう。連続のときは一定のリズムで拍手するよう心掛けてください。拍手が乱れたまま続けてもリズムをつかむ練習はできません。

7:着地はつま先からしないようにする

二重跳びをする場合はつま先で着地しないようにしましょう。つま先でのジャンプではなかなか高さが出ません。慣れない間はしゃがんでしまう場合もありますが、足の裏全体で着地しましょう。

二重跳びはある程度の助走が必要です。1回目のチャレンジは前跳び3回で勢いをつけて膝を曲げ高くジャンプして縄を回し、しっかり着地します。2回目を考えた着地を意識せず、1回目の二重跳びを確実にやり遂げましょう。

8:バランス感覚を鍛える練習をする

上手に二重跳びができるためには、バランス感覚や体幹が必要です。縄跳びがないエア縄跳び状態でバランスをとる練習をしましょう。片足バランスやつま先立ちなどを練習して、上手にジャンプができことを目指します。

二重跳びに欠かせない高いジャンプができるように、膝を曲げて空中で体を小さくするといったジャンプの練習も行うようにしましょう。

二重跳びを何度も跳べるようになるコツ3つ

1度二重跳びが成功したら、次は、何度も続けて二重跳びが飛べるように練習してみましょう。

二重跳びができる大人がお手本を見せる教えるか、Youtubeの二重跳びマスター動画などをテレビでスローで見せてあげると良いでしょう。無理な場合には、二重跳びを連続で飛べるコツを教えてあげましょう。

疲れない飛び方やたくさん跳ぶ二重跳びのコツをつかめば、早く楽しく二重跳びができるようになります。ここからは、二重跳びを何度も跳べるようになるコツを3つ紹介していきます。

1:できるだけ二重跳びと前跳びを続けて繰り返す

二重跳びが1回しかできない場合にたくさん跳ぶコツは、1回跳んだ後すぐに前跳びに移ることです。ドスンと腰を下ろして着地しても構わないため、二重跳びからすぐに前跳びに移ることが大切です。

すぐにできない場合でも、この練習を繰り返していくこと、で少しずつ着地に余裕が生まれ、二重跳びの平均回数が上がります。

2:姿勢を崩さないように注意する

連続して二重跳びをする時には、両腕が体より前に出ないようにしましょう。一生懸命縄を回すことに数中してしまうと、体がエビのようにくの字になってしまうことがあるため注意が必要です。

体がくの字になってしまうと、運動量が増えることで筋肉が疲れて体力が落ち、連続して何度も二重跳びをすることができなくなります。

二重跳びをする際には、目線をまっすぐ保ち、空中で足曲げることなく前跳びと同じ姿勢を崩さないように注意しましょう。

3:縄跳びの長さを短めにする

縄跳びの縄が長すぎると、いつまでも二重跳びは出来ません。縄は、両足で踏んだ時に腕が90度になる長さから始めましょう。

慣れてきたら、縄を少しずつ短くすることで、上手に二重跳びが連続してできるようになります。

後ろ二重跳びを練習する方法

前二重跳びができるようになったら、後ろ二重跳びにもチャレンジしてみましょう。何度も後ろ跳びを練習することから始めます。

後ろ跳びになれてきたら、早く後ろ跳びができるように練習し、手首を使って早くロープが回せるようにしましょう。この時には、少し高く跳ぶことを意識します。

このコツを覚えて何度も練習するようにすれば、後ろ二重跳びが上手く跳べるようになるでしょう。

三重跳びを練習する方法

二重跳びが出来なければ、三重跳びは出来ません。三重跳びをできるようにするには、二重跳びをひたすら上手に跳べるようになることから始めましょう。

三重跳びがしやすいように、できるだけ空気抵抗が少なくて飛びやすいビニールロープやワイヤーロープの縄跳びを選ぶこともポイントです。

まず、二重跳びを早く跳ぶ練習をし、三重跳びを1回やってみます。それができるようになれば、三重跳び1回と前跳び1回が繰り返してできるように練習しましょう。次に少しずつ三重跳びの回数を増やしていきます。

二重跳びは練習すればできるようになる

二重跳びは練習次第で跳べるようになります。最初に失敗の理由を考え、紹介した練習のやり方を見本にし、目標達成に向けて取り組んでみてください。トレーニング効果を出すには縄跳び選びも大事です。

練習によって二重跳びが跳べるようになると子供は自信を持って次に臨めます。連続二重跳び、はやぶさなどの高度な技へ挑戦する意欲が高まり記録も伸ばせるでしょう。

RELATED
PTAの必要性って何?役員や委員の主な活動内容や辛い点3つを解説
小学校
2021年06月05日

PTAの必要性って何?役員や委員の主な活動内容や辛い点3つを解説

謝恩会って何をする会?小学校から高校までのおすすめ出し物全9選
小学校
2021年06月05日

謝恩会って何をする会?小学校から高校までのおすすめ出し物全9選

不登校の原因となりうる要因12選|原因が分からないときの対応も解説
小学校
2021年06月05日

不登校の原因となりうる要因12選|原因が分からないときの対応も解説

自由研究工作におすすめできるスノードーム|作り方の基本4つと注意点も解説
小学校
2021年06月05日

自由研究工作におすすめできるスノードーム|作り方の基本4つと注意点も解説

運動会の場所取りの3つのコツ|最前列や日陰に位置取るメリット・デメリット
小学校
2021年06月05日

運動会の場所取りの3つのコツ|最前列や日陰に位置取るメリット・デメリット

おすすめの自由研究のテーマ10選紹介!提出書類の書き方をわかりやすく解説
小学校
2021年06月05日

おすすめの自由研究のテーマ10選紹介!提出書類の書き方をわかりやすく解説

いじめ対応での教育委員会の役割3つ|それでもあてにできないときにとれる対応
小学校
2021年06月05日

いじめ対応での教育委員会の役割3つ|それでもあてにできないときにとれる対応

星座をテーマにした自由研究アイデア8選|屋外での観察に必要なものも紹介
小学校
2021年06月05日

星座をテーマにした自由研究アイデア8選|屋外での観察に必要なものも紹介

小学生の進級祝いのおすすめ17選!目覚まし時計・鉛筆・自転車など
小学校
2021年06月05日

小学生の進級祝いのおすすめ17選!目覚まし時計・鉛筆・自転車など

氷の溶け方に関する自由研究方法8つ|溶け方の変化の様子を観察しよう
小学校
2021年06月05日

氷の溶け方に関する自由研究方法8つ|溶け方の変化の様子を観察しよう

PTA活動の内容とは?PTA活動のメリット5つとデメリット4つ
小学校
2021年06月05日

PTA活動の内容とは?PTA活動のメリット5つとデメリット4つ

小学校で読み聞かせをする時のコツ6つ|本の選び方や気をつけたいことについて
小学校
2021年06月05日

小学校で読み聞かせをする時のコツ6つ|本の選び方や気をつけたいことについて

保護者が知っておきたい図形の面積の公式一覧!年代別で面積の求め方を解説
小学校
2021年06月05日

保護者が知っておきたい図形の面積の公式一覧!年代別で面積の求め方を解説

小学生男子あるある10選をご紹介|対処法もわかりやすく解説!
小学校
2021年06月05日

小学生男子あるある10選をご紹介|対処法もわかりやすく解説!

小学生の音読の意味って?意外と知らない6つの効果や黙読との違いも!
小学校
2021年06月05日

小学生の音読の意味って?意外と知らない6つの効果や黙読との違いも!

ドライアイスを使った子供におすすめの自由研究総合10選!扱うときの注意点
小学校
2021年06月05日

ドライアイスを使った子供におすすめの自由研究総合10選!扱うときの注意点

アンプラグドプログラミングのメリット5つ|不安な点についても解説
小学校
2021年06月05日

アンプラグドプログラミングのメリット5つ|不安な点についても解説

プログラミング教育の目的5つとは|抱きやすい誤解についても解説
小学校
2021年06月05日

プログラミング教育の目的5つとは|抱きやすい誤解についても解説

集団行動が苦手な小学生の子をどうしたらよい?育てるコツ8つと注意点5つ
小学校
2021年03月31日

集団行動が苦手な小学生の子をどうしたらよい?育てるコツ8つと注意点5つ

入学式に必要な持ち物とは?あると便利なもの10選や荷物準備の注意点も紹介
小学校
2021年03月31日

入学式に必要な持ち物とは?あると便利なもの10選や荷物準備の注意点も紹介