保護者が先生に相談をするときのポイントとは?気を付けることも解説

初回公開日:2021年08月06日

更新日:2021年08月06日

記載されている内容は2021年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

この記事は先生と保護者の相談について紹介しています。先生に子供のことで相談したいけどなかなかできないという方や、先生と気軽に相談できるような関係になりたいと考えている保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方は、ぜひ参考にしてください。

保護者が先生に相談をするときのポイントとは?気を付けることも解説

子供と保護者の関係性とは

まず、子供と保護者の関係性について説明します。保護者とは子供を保護する義務のある人のことで、具体的には、未成年の子供に対し衣食住を提供する義務を負っている人のことです。

この場合、子供とは幼稚園や保育園から小学校・中学校・高校までが主に当てはまります。

つまり、保護者が子供を保護しなければならない関係性があるといえるでしょう。

そして子供の衣食住を提供する関係上、基本的に子供と共に過ごすことになります。そのため、保護者は子供と良い関係を築くことが必要になるといえるでしょう。

保護者が先生に相談したいこと

保護者が先生に相談したいこととして、主に自身の子供に関することが挙げられるでしょう。いくら保護者といっても学校では卒業まで先生に保護を任せているため、学校での様子は先生を通じてしか知ることができません。

なお、この話は塾での様子が気になる保護者もいると考えられるため、塾の場合でも当てはまるといえます。

相談の主な内容としては、授業についていけているか、先生の話を理解できているかなどの学習面、友達と仲良くできているかや意地悪をされていないかなどの友人面、学校に行きたがらない、机や道具箱の整理が苦手などの生活面の3種類が挙げられます。

生活面は学校・家庭双方に関わるため、3種類の中でも特に重要な相談であるといえます。

保護者が先生に相談をするときのポイント4つ

保護者が先生に相談をする際、もし忙しかったら申し訳ないという遠慮する気持ちや、先生の手を煩わせてしまうのではないかといったことが脳裏に浮かび、相談しにくいと感じる保護者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、先生たちの方は子供の成長のためという向いている方向は同じであり、できることなら初期対応が遅れないように早めに相談してほしいと考えているようです。

相談事がある場合、早い段階で相談した方が早期解決に繋がる可能性が高いといえるでしょう。

しかし、その際にも気を付けなければならないポイントがあります。ここでは、そうしたポイントについて4つ紹介していきます。

1:相談をする理由を明確にする

先生に相談するときに重要なポイントの1つとして、相談する理由を明確にすることが挙げられます。

相談することを伝えるにしても、電話の他に連絡帳か手紙を利用するという方法があります。その際に相談する理由を具体的に書いておくことで、先生も相談がどういった件なのかをある程度把握することができ、相談のときに説明する手間を省くことができます。

先生に相談する際には、相談したい理由をメッセージとして先生に伝えることが重要であるといえるでしょう。

2:譲り合う気持ちを持って相談をする

先生と対面して実際に相談をする際に、子供のことでつい感情的になってしまい本音をぶつけてしまったり結果クレームをつけるような言い方になってしまう場合もあるでしょう。

しかし、そうした話し方では先生の方も委縮してしまい、相談内容を解決できなくなってしまう場合があります。

よって、クレームをつけるような一方的に詰めるような相談ではなく、あくまで会話をするときのような譲り合いの気持ちで、それなりの距離を保ちつつ先生と保護者で解決に向かうといったスタンスで話し合いを進めることが重要といえます。

3:先生の忙しさを理解して相談をする

相談をするときには、相談相手である先生の時間の有無を確認することが重要です。

アポイントもなしにいきなり学校へ行っても、先生も授業及びその準備で忙しかったりして、十分な相談ができない場合があります。

相談をする際には先生が忙しいことを理解し、時間の都合を聞くなど事前にアポイントを取っておくことが必要といえます。

また、相談の約束を取りつけることができたときには、先生にお礼を伝えることも重要です。

4:先生に相談する機会が少ない場合

学校では基本的に教育相談や個人面談などの機会が設けられていますが、学校によってはその機会が少ない場合もあります。

そうしたときに相談がある場合には、電話・子供の連絡帳などで先生にコンタクトを取ることで相談の約束ができます。

相談の機会が少ない場合には、コンタクトを取るなどして自分から機会を作り出すことが必要になるといえるでしょう。

先生と保護者の関係を良くするために気を付けること3つ

先生と保護者が良い関係を築くことができれば、それは単に相談しやすくなるだけでなく子供にとっても良い環境を作り上げられます。

先生との信頼関係を築くには、まず先生と仲良くなることが不可欠でしょう。そのために行事やPTAに積極的に参加して接する機会を増やすのも方法の1つです。

そして相談をする段階になっても、今後より良い関係を築いていくために気を付けることがあります。ここでは、その気を付けることを3つ紹介していきます。

1:コミュニケーションを意識する

相談する段階になってから気をつけることの1つめとして、先生とのコミュニケーションを意識することがあります。

それは相手である先生に配慮した相談をすることであり、例えば電話をかけるときには先生の忙しい時間帯を考慮する、クレームなどを言うときのようなタメ口ではなく敬語でしっかりと話すことが挙げられます。

また、電話をかけた際には挨拶をしてから用件を伝えるなど、コミュニケーションを取る最低限の礼儀はわきまえておかなければなりません。

このように、先生に配慮したコミュニケーションを意識することが、先生との信頼関係の構築につながるでしょう。

2:認識を一致させる

気をつけることの2つめは、先生との相談内容についての認識を一致させることです。

そのためには、先生との相談で情報を共有することが必要不可欠だといえるでしょう。情報共有をすることで先生との認識を一致させることで先生との信頼関係を築き、解決にも繋げることができます。

よって、先生との関係を良くするためには情報を共有し、相談内容について認識を一致させておくことが重要であるといえます。

3:信頼関係を作る

気を付けることの3つめは、信頼関係を作ることです。先生との相談をしていく上で、信頼関係を築いていくことは非常に重要です。

直接会う機会が少なかったとしても、連絡帳などで文章をしっかり書くことによって信頼関係を構築することは可能です。

特に最近ではラインまではいかなくとも、連絡先を保護者に伝えてメールなどでやり取りをする場合もあるようですが、メールをする程にもなれば信頼関係は構築されているといってよいでしょう。

先生との信頼関係を構築することは後に相談がしやすくなるだけでなく、先生と子供の関係にも良い影響を与えます。

先生と保護者の関係について考えよう

学校及び先生たちにとって、特に頭を抱える問題は保護者との関係といえるでしょう。保護者の方にそんなつもりはなくても、子供を想う気持ちからつい先生に気持ちをぶつけてしまうといったことは起こります。

その他にも、職員室で電話が鳴るとクレームではないかと感じてしまう先生たちも少なくありません。

そうしたことを減らしていくためにも、相談を通じて先生との信頼関係を構築していくといったことが必要になります。信頼関係を築ければ、保護者も安心して相談を続けられますし、また先生も気軽に相談に乗ることができます。

相談をする際にはただ一方的に気持ちをぶつけるのではなく、相談を通じて先生との信頼関係の構築を意識することが重要でしょう。

RELATED
プログラミング教育の子供へのメリットは?必修化について知っておきたいこと
小学校
2021年10月05日

プログラミング教育の子供へのメリットは?必修化について知っておきたいこと

授業参観の目的とは?服装や見ておきたいポイントもあわせて紹介
小学校
2021年10月05日

授業参観の目的とは?服装や見ておきたいポイントもあわせて紹介

【学校行きたくない】夏休み明け6つの対策方法とは?休んだ日の過ごし方も紹介
小学校
2021年10月05日

【学校行きたくない】夏休み明け6つの対策方法とは?休んだ日の過ごし方も紹介

シルバーウィークに行きたい日帰り旅行先20選|秋の連休を満喫しよう
小学校
2021年10月05日

シルバーウィークに行きたい日帰り旅行先20選|秋の連休を満喫しよう

夏休みにおすすめの木工工作キット18選|DIYのアイデアもあわせて紹介
小学校
2021年10月05日

夏休みにおすすめの木工工作キット18選|DIYのアイデアもあわせて紹介

公立小学校のメリットとは?国立・私立との違いや学費もあわせて紹介!
小学校
2021年10月05日

公立小学校のメリットとは?国立・私立との違いや学費もあわせて紹介!

夏休みの宿題が終わらないときの対処法|原因やポイントをあわせて紹介
小学校
2021年10月05日

夏休みの宿題が終わらないときの対処法|原因やポイントをあわせて紹介

運動会におすすめのデザートレシピ16選!手軽に持っていける冷凍物も紹介
小学校
2021年09月06日

運動会におすすめのデザートレシピ16選!手軽に持っていける冷凍物も紹介

運動会におすすめのパラソル11選|選び方や使用する際の注意点も解説
小学校
2021年09月06日

運動会におすすめのパラソル11選|選び方や使用する際の注意点も解説

ママにおすすめの帽子を使った運動会コーデ総合23選!決める際のポイントは?
小学校
2021年09月06日

ママにおすすめの帽子を使った運動会コーデ総合23選!決める際のポイントは?

夏休みの絵日記として書きやすい出来事7選|書く目的とおすすめな書き方
小学校
2021年09月06日

夏休みの絵日記として書きやすい出来事7選|書く目的とおすすめな書き方

卒業する子供にふさわしい贈る言葉とは?参考例や偉人の言葉も紹介!
小学校
2021年09月06日

卒業する子供にふさわしい贈る言葉とは?参考例や偉人の言葉も紹介!

小学生がマイクラで遊ぶメリットとは?学ぶことができるプログラミング言語も紹介
小学校
2021年09月06日

小学生がマイクラで遊ぶメリットとは?学ぶことができるプログラミング言語も紹介

夏休みの自由研究のテーマはどう選ぶ?探し方とテーマ別アイデア7つ
小学校
2021年08月06日

夏休みの自由研究のテーマはどう選ぶ?探し方とテーマ別アイデア7つ

運動会で活躍するおすすめカメラ11選|初心者向けの選び方も紹介
小学校
2021年08月06日

運動会で活躍するおすすめカメラ11選|初心者向けの選び方も紹介

やることのない夏休みを有意義に変えよう!小学生から中学生向けの過ごし方12選
小学校
2021年08月06日

やることのない夏休みを有意義に変えよう!小学生から中学生向けの過ごし方12選

小学校の多くの運動会が5月になったのはなぜ?開催時期変化の4つの理由
小学校
2021年08月06日

小学校の多くの運動会が5月になったのはなぜ?開催時期変化の4つの理由

子どもが宿題がめんどくさいと感じる理由8つ|してはダメな行動も紹介
小学校
2021年08月06日

子どもが宿題がめんどくさいと感じる理由8つ|してはダメな行動も紹介

小学生が不登校になる原因10選|解決に向けて保護者ができる対策7選
小学校
2021年08月06日

小学生が不登校になる原因10選|解決に向けて保護者ができる対策7選

登校拒否と不登校の違いとは?それぞれの定義や対応についても解説
小学校
2021年08月06日

登校拒否と不登校の違いとは?それぞれの定義や対応についても解説