登校拒否と不登校の違いとは?それぞれの定義や対応についても解説

初回公開日:2021年08月06日

更新日:2021年08月06日

記載されている内容は2021年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

この記事では、不登校と登校拒否についてわかりやすく解説していきます。登校拒否と不登校の定義や、それぞれの違い、対応方法なども紹介しています。子供が不登校や登校拒否になった場合の対策方法などが気になるという方はぜひ読んでください。

登校拒否と不登校の違いとは?それぞれの定義や対応についても解説

実は異なる登校拒否と不登校の定義

登校拒否と不登校は同じようなものだと考えている人もいることでしょう。しかし、登校拒否と不登校の定義は全く異なります。

ここでは2つの定義が、どのように違うのかをご紹介します。

登校拒否とは

登校拒否とは、身体が健康で登校できる状態にもかかわらず、気分が乗らない、行きたくないという理由で登校しないことを指します。

また、登校拒否という名称は、以前は学校恐怖症とも言われていました。

不登校とは

不登校とは、登校の意思はあっても、いじめなど何かしらの理由があって、年間30日以上登校できずに欠席になってしまったことを指します。

そのため、辛くて学校には行けないという欠席はここに含まれますが、頭痛などの体調不良によるものや経済的な理由での欠席は含まれません。

出典:不登校の現状に関する認識|文部科学省
参照:https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/futoukou/03070701/002.pdf

登校拒否と不登校の違い

登校拒否はサボりや非行であり、不登校はちゃんとした理由があると言われていますが、登校拒否だから怠けていると一括りに決めつけることは避けましょう。

サボりや非行の背景には、精神的な不安定さや学校の授業についていけないなどの理由が隠れていることがあります。そういった背景を見過ごすと、子供との距離ができてしまう可能性があるため注意が必要です。

登校拒否と不登校の原因に違いはある?

登校拒否と不登校の原因の違いは、明確にはありません。

先述したように、登校拒否の原因には、単に行きたくないだけではなく学業不振の悩みなどといった理由がある可能性もあります。一方、不登校の原因は、学校生活や家庭内での人間関係などが挙げられています。

そのため、登校拒否と不登校の原因には大きな違いはないとされています。

保護者がしてあげられる登校拒否や不登校への対応4選

子供が学校に行かなくなったことで、保護者は不安になり、心配に思うことでしょう。

しかし、子供の登校拒否や不登校は、心が疲れて体が動かなくなった状態の表れとして起こっている可能性もあります。

そのため、これから紹介する4つの対応策で子供が気持ちよく学校に行きたいと思えるようにしてあげましょう。

1:学校へ行くことを急かさない

子供が体調的・精神的に不安定な場合は、無理に学校へ行かせないようにしましょう。急かしてしまうことで、子供は自分の状態を言葉にするのが困難になってしまう可能性があります。

今の状態をゆっくり聞いて、子供の気持ちが「登校できる」ようになってから、学校に行かせるようにしましょう。

どんな子供にでも起こりうることだと理解しておくことも大切

不登校や登校拒否は、どんな子供であっても起こる可能性があります。

そのため、不登校や登校拒否になったからといって子供を責めずに、家庭環境を居心地の良いものにしてあげましょう。そうすることで、不登校や登校拒否が改善する可能性があります。

2:カウンセリングを受けさせる

不登校や登校拒否は、簡単に治るものではありません。治るまでの長い時間、保護者だけで子供の精神的な問題などに対処するのは限界があります。また、子供の状態によっては、不登校の原因を保護者には話せないという可能性もあります。

カウンセリングを受けられるようにして、子供の心を保護者以外の人にも軽くしてもらう環境を整え、保護者まで疲弊しきってしまわないようにしましょう。

3:フリースクールや教育支援センターへ行かせる

フリースクールなどの支援施設や、教育支援センターなどを利用することも検討してみましょう。

特にフリースクールは、不登校の子供の心のケアや学習支援を行っているため、不登校や登校拒否の早期改善につながる可能性があります。

4:家庭で抱え込まずに関係各所の手を借りる

本人の状態や家庭の状況によっては、関係各所の手を借りることが、不登校や登校拒否の早期解決につながるとされています。また、第三者の手を借りることによって、不登校の繰り返しや長期に渡る不登校を防ぐとも言われています。

不登校が悪いことだと、自分や子供を責めてしまわないように、人の手を借りましょう。

登校拒否や不登校には根強く対応しよう

登校拒否や不登校になってしまった子供に、プレッシャーを与えてしまわないように注意しましょう。先述したように、登校拒否や不登校の改善には長い時間がかかります。

根気強く子供に優しく接し、関係各所の手も借りながら不登校や登校拒否の原因を突き止め、子供が孤立してしまわないようにしましょう。

RELATED
プログラミング教育の子供へのメリットは?必修化について知っておきたいこと
小学校
2021年10月05日

プログラミング教育の子供へのメリットは?必修化について知っておきたいこと

授業参観の目的とは?服装や見ておきたいポイントもあわせて紹介
小学校
2021年10月05日

授業参観の目的とは?服装や見ておきたいポイントもあわせて紹介

【学校行きたくない】夏休み明け6つの対策方法とは?休んだ日の過ごし方も紹介
小学校
2021年10月05日

【学校行きたくない】夏休み明け6つの対策方法とは?休んだ日の過ごし方も紹介

シルバーウィークに行きたい日帰り旅行先20選|秋の連休を満喫しよう
小学校
2021年10月05日

シルバーウィークに行きたい日帰り旅行先20選|秋の連休を満喫しよう

夏休みにおすすめの木工工作キット18選|DIYのアイデアもあわせて紹介
小学校
2021年10月05日

夏休みにおすすめの木工工作キット18選|DIYのアイデアもあわせて紹介

公立小学校のメリットとは?国立・私立との違いや学費もあわせて紹介!
小学校
2021年10月05日

公立小学校のメリットとは?国立・私立との違いや学費もあわせて紹介!

夏休みの宿題が終わらないときの対処法|原因やポイントをあわせて紹介
小学校
2021年10月05日

夏休みの宿題が終わらないときの対処法|原因やポイントをあわせて紹介

運動会におすすめのデザートレシピ16選!手軽に持っていける冷凍物も紹介
小学校
2021年09月06日

運動会におすすめのデザートレシピ16選!手軽に持っていける冷凍物も紹介

運動会におすすめのパラソル11選|選び方や使用する際の注意点も解説
小学校
2021年09月06日

運動会におすすめのパラソル11選|選び方や使用する際の注意点も解説

ママにおすすめの帽子を使った運動会コーデ総合23選!決める際のポイントは?
小学校
2021年09月06日

ママにおすすめの帽子を使った運動会コーデ総合23選!決める際のポイントは?

夏休みの絵日記として書きやすい出来事7選|書く目的とおすすめな書き方
小学校
2021年09月06日

夏休みの絵日記として書きやすい出来事7選|書く目的とおすすめな書き方

卒業する子供にふさわしい贈る言葉とは?参考例や偉人の言葉も紹介!
小学校
2021年09月06日

卒業する子供にふさわしい贈る言葉とは?参考例や偉人の言葉も紹介!

小学生がマイクラで遊ぶメリットとは?学ぶことができるプログラミング言語も紹介
小学校
2021年09月06日

小学生がマイクラで遊ぶメリットとは?学ぶことができるプログラミング言語も紹介

夏休みの自由研究のテーマはどう選ぶ?探し方とテーマ別アイデア7つ
小学校
2021年08月06日

夏休みの自由研究のテーマはどう選ぶ?探し方とテーマ別アイデア7つ

運動会で活躍するおすすめカメラ11選|初心者向けの選び方も紹介
小学校
2021年08月06日

運動会で活躍するおすすめカメラ11選|初心者向けの選び方も紹介

やることのない夏休みを有意義に変えよう!小学生から中学生向けの過ごし方12選
小学校
2021年08月06日

やることのない夏休みを有意義に変えよう!小学生から中学生向けの過ごし方12選

小学校の多くの運動会が5月になったのはなぜ?開催時期変化の4つの理由
小学校
2021年08月06日

小学校の多くの運動会が5月になったのはなぜ?開催時期変化の4つの理由

子どもが宿題がめんどくさいと感じる理由8つ|してはダメな行動も紹介
小学校
2021年08月06日

子どもが宿題がめんどくさいと感じる理由8つ|してはダメな行動も紹介

小学生が不登校になる原因10選|解決に向けて保護者ができる対策7選
小学校
2021年08月06日

小学生が不登校になる原因10選|解決に向けて保護者ができる対策7選

保護者が先生に相談をするときのポイントとは?気を付けることも解説
小学校
2021年08月06日

保護者が先生に相談をするときのポイントとは?気を付けることも解説